再び、パソコンを自作しました。

 2004年4月に自作したパソコンが、2007年6月のある日、突然動かなくなってしまった。これには驚いた。動かないパソコンに直面して症状を分析しながら考えると、どうもマザーボードが壊れたらしい。マザーボードの保証期間は3年であるから、3年を数ヶ月経過しているので無償交換というわけにはゆかない。

 そこで考えた。この際、デュアル・コアのCPUを入れ、ウィンドウズXPとビスタのデュアル・ブートにしてやろうと。パソコン本体を「ツクモ電機」に送り、念のために故障診断をお願いしたら、やはりマザーボードが壊れているとのことだった。幸い、「ツクモ電機」で古いCPUとメモリを引き取っていただけたので、今回は新しい構想でパソコンの設計を考えた。

  CPU:インテル Core2 6420(2.13GHZ) これで前のPCの1.3倍の処理速度が稼げる。
  メモリ:2GB   HD:シリアルATA 300GB 2台
  マザーボード:INTEL DG965 このマザーボードには RAID機能が内蔵されている
  グラフィックボード:ビスタのアエロに対応するためにMSI製品を搭載

 今回、組み立ては「ツクモ電機」にお願いした。年齢77歳ともなると、目はかすみ手は震えるので(誇張していますぞ)、若い人の腕にお任せした。購入翌日に組み立ては完了、翌々日には自宅に新しいパソコンが届いた。ただしケースと電源は古いパソコンのものをそのまま使用している。  
 
 新しいパソコンの特徴は、フロントにハードディスク用のラックを組み込み、前面からハードディスクを取り替えることでOSの切り替えがいとも簡単で手早くできることである。この方式は、ソフトによるデュアルブート方式と異なり、XPとビスタが完全に分離独立していることで、しかもペリフェリーの機器はドライバーをそれぞれのOSに組み込めば完全に共用できる。

 早速にOSをインストールし、ドライバーをインストールし、各種ソフトも積み込んで稼働を開始したが、誠に快調に動きだし、一人でにこにことほくそ笑んでいる次第。欠点は、ハードディスクがフロントにあるのでその動作音 が結構うるさく、新しいPCにはせっかく静音型の冷却ファンを搭載したのにすっかり台無しとなってしまった。

 ビスタを使用して気がついたことだが、MIDI音楽入力用の音源機器のドライバーでビスタ非対応のものがある事が分かり、XP搭載のパソコンは当分捨てられないことになる。「もったいない」の精神で頑張るか。

 ビスタに搭載されている 「ウィンドウズメディアプレイアー11」 でMIDI音楽を再生してみるとかなりの音色が再生されないことが分かった。マイクロソフト社のホームページをみても、OSのトラブル報告を受け付ける窓口がない。やむを得ず、有料サービスを申し込んでトラブル症状を連絡したところ、すでにヤマハ社から同じトラブル症状の連絡があり、現在、マイクロソフトとして対処しているので、近々、アップデートで対応したいとのことだった。そのようなわけで、今回の有料サービスについては無料にしますとのこと。
 そのような次第で、ビスタで私のホームページを開きMIDI音楽を再生すると音が抜けている曲がいくつもあるが、これはビスタのバグによるものだから、あしからず。XPあるいはMEでMIDIを聴けば全く問題なくすべての音が再生できる。

 今回のマザーボードトラブルで気がついたことだが、パソコンの性能は1年ごとに性能が一世代向上しているようで、3年前のパソコン仕様は今では陳腐化しているのだそうだ。パソコンマニアは毎年マザーボードとCPUを取り替えているのだそうだ。

 我ら老年パソコン自作愛好者も、年金からせっせと貯金をして、せめて2年に1回はパソコンをアップデートしよう。

  何でそんなに高性能なパソコンを追求するのかだって?
       私の友人で、つい最近に日産フェアレディを購入した人がいる。何故かな?
                                           [2007.6.30]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。