シューベルトとギター


 ●75年前のシューベルトの映画

 私が旧制高等学校生徒であった今から60年以上前の事、オーストリア映画で「未完成交響曲」というシューベルトの音楽映画が上映された。この映画はもともと1933年に制作されたものであるが、それが敗戦後すぐに再上映されたのである。映画以外に娯楽のほとんど無い当時のことで、私はたぶん2〜3度は映画館に通ったと思う。今となれば、この映画は75年前の作品ということだ。


 この映画は、「未完成交響曲」というシューベルトの交響曲が、なぜ、通常の4楽章ではなく、未完成のまま2楽章で終わったのかという筋立てであるが、私にとっては劇中に流れるシューベルトの曲を聴く事がとても楽しみであったし、「ハンス・ヤーライ」が演ずるシューベルトが「マルタ・エッガート」演ずる貴族令嬢との恋に破れ、その悲しみの余りに彼が自作の「未完成交響曲」の楽譜に記した
    Wie meine Liebe nie zu Ende gehen wird, so soll auch diese Musik nie zu Ende gehen.
         " 我が恋の遂に成らざるが如く、この音楽も亦完成することなし。”
の一節はとても感銘深く、未だに私の記憶に留まっている。


シューベルト、ギター、そして質屋の娘

 この映画「未完成交響曲」は、シューベルトが自分のギターを質入れする場面から始まる。質屋の窓口で、質屋の娘から80クロイツアーしか貸せないといわれ、「家賃もたまっているのに」とぼやいたシューベルトに対して、その娘はシューベルトに対する好意から質屋の父親に内緒で1グルデンも余計に貸した。後でシューベルトはその娘の好意に対して礼をいうのであるが、この部分は映画の序の口の挿入話である。ただ私には、この質屋の娘役を演じた「ルイーゼ・ウルリッヒ」の方が主役の貴族令嬢役を演じた「マルタ・エッガート」とよりも遙かに美しく感じられた。
  
             
        窓口でギターを質草に交渉        質屋の娘に礼をいうシューベルト


 ◆シューベルトのギター曲はあるのか?

 映画「未完成交響曲」でシューベルトがギターを質草に出したということで、彼は果たしてギター曲を作曲したのであろうか。彼のセレナーデ(Ständchen)の伴奏はギターの演奏法を摸したものとは聴いていたが、シューベルトがギターの曲を作曲しているとは、永らく聞いたこともなかった。

 ところが1960年代に私がオーストラリアのシドニーに業務上で駐在していたときのこと、レコード店の店頭で「ターンアバウト(VOX)」盤の「Guitar Music in Vienna」というレコードに目がとまり、よくよく見るとシューベルト、ウェーバー、ハイドンのギター曲の名が見えた。このレコードは早速私の音楽ライブラリの1枚となったのだが、このレコードはそのうちに私の念頭から消え去っていた。

 最近になり、このレコードを取り出してCD化するとともに、シューベルトのギター曲の有無を調べたところ、「クラシック音楽作品名辞典・三省堂刊」の中に「四重奏曲・ノットゥルノ」というタイトルで、フルート、ギター、ビオラ、チェロの組み合わせで作曲されたものと表記されていた。(但しこの曲はもともとマティークカのノットゥルノをシューベルトが編曲したものだ。)映画の冒頭にシューベルトがギターを質草にした程であるから、他にもシューベルトのギター曲があるかとずいぶん目をこらして探したのだが、これ以外にはシューベルトのギター曲は1曲も見あたらなかった。猛烈な多作家であるシューベルトの曲名リストにギター曲が1曲しか見あたらないことから、シューベルトにとってギターは特に関心のある楽器では無かったのであろう。

 ただシューベルトは新しいもの好きのようで、18世紀に作られた6弦のフレットをもったチェロのような楽器(アルペッジョーネ)のためにソナタ曲を作曲している。この曲は、今日ではチェロで演奏されるのが普通となっているが、私はアルペッジオーネで演奏されたこの曲のレコード(Telefunken盤)も持っているのだ。


 ◆ハイドンとウェーバーのギター曲


 このレコードに録音されているハイドンのギター曲名は「ギター、バイオリン、チェロのためのカッサシオン・ハ長調」である。この曲名は「クラシック音楽作品名辞典」に見あたらない。レコードの解説に拠れば、この曲はハイドン自身によって「弦楽四重奏・ハ長調、Op.1,No.1」を編曲したものであろうとのことだ。他には彼の手によるギター曲は見あたらなかった。
 ウェーバーは上記「クラシック音楽作品名辞典」によれば「たいへん易しいディヴェルティメント」というギターとピアノのための曲があるが、このレコードに録音されている「ギター、フルート、ビオラのためのメヌエットとトリオ」はこの辞典に見あたらなかった。レコードの解説にもこの曲は出所不明(unstated provance)と記されている。恐らく、ウェーバー自身が彼の「フルート、チェロ、ピアノのためのトリオ」から編曲された曲であろうかとのことだ。

 かくの如く、18世紀から19世紀にかけて、クラシック音楽会においてギターは、あたかも夜空をまれに流れる流星のように、美しい光芒を輝かせながらやがて消えて行く挿入歌のような存在であったようだ。
 たまに聞くこのレコードは、美しい調べをを響かせるのだ。
                                         [2009.8.21 記]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。