旧制富山高等学校のオーケストラ活動

         

          昭和23年10月の富山高等学校音楽部のオーケストラ演奏写真。
       戦前・戦後を通じ、旧制高等学校で唯一の本格的なオーケストラ活動であった。
             天井から下がっている裸電球が唯一の舞台照明。
       前列最左端のバイオリン演奏者は、わら草履を履いて舞台に上がっているようだ。

 ●草創期の音楽部活動

 旧制富山高等学校の音楽部は、大正14年の学校創立当初から熱心に活躍していた。とはいうものの、初期はハーモニカ部と邦楽部の2部が活動していただけである。その後昭和3年には富山高校音楽隊が設立され、 トランペット、トロンボーン、クラリネットならびに小太鼓・大太鼓の編成であった。この音楽隊は、当時言うところの「ジンタ」であろうか。
 昭和5年にはコーラス部が設立され、引き続いてマンドリン演奏、管楽重奏などの活動が始まったと、創立10周年記念誌に書かれているが、今日的基準から見れば高水準の音楽活動とは言えないだろう。
 昭和14年に音楽部担当教官として植木忠夫教授が担当された。植木教授はご自身が学生時代にコーラスや楽器に触れておられたので、熱心に学生の音楽部活動を指導された。その時期と軌を一にして、音楽に才能のある学生が入部したこともあって、バイオリン・チェロ・ギター・マンドリンなどの弦楽合奏による演奏会が開催された。

 植木教授は音楽部の活動を更に高めるために、富山に本社のある不二越鋼業(株)の社長の子息が富山高校を卒業して東京工大に入学されたのを祝う意味で、井村荒喜社長から楽器一式の購入費として3千円を寄付していただいた。この寄付により、コントラバスを含む弦楽器・管楽器17点を購入できた。昭和16年の事である。

 楽器は揃った。音楽部員は熱心に楽器の練習を始めた。学校にはバイオリンを指導できる音楽教官もおられた。問題は楽譜である。それもオーケストラ用の楽譜である。昭和16年には今と違って、交響曲用のスコア等は簡単に入手できない。例え手に入っても、楽器編成が不十分な状態では、楽器編成の実情に合わせた編曲が必要となる。このとき、驚くべき音楽部員が出現した。

 ●レコードからオーケストラ譜を採譜

 その部員とはK.H.(16回理甲)先輩で、年齢は19歳、富山高校音楽部オーケストラ活動の開祖である。先輩は正規の音楽教育も受けていないのに、音楽部員の演奏能力や楽器編成に合わせて、レコードを聴きながらパート譜を採譜し編曲した。音楽部員の中にはギターやアコーディオンを得意とする者もいたので、ギターをハープの代わりに、アコーディオンをホルンの代わりにと、色々苦労しながら編曲し、演奏会を開催したとの事である。
 このように苦労して楽器を購入し、楽譜を編曲してオーケストラ活動は曲がりなりにもスタートしたのであるが、昭和18年12月の太平洋戦争の勃発ととともに音楽部活動は困難となり、翌年には学生の工場動員が始まったので音楽部活動は停止せざるをえなかった。
 更に昭和20年の敗戦後、音楽部の楽器が弦楽器を中心に盗難にあって、一時、音楽部活動の再開は絶望視された。

 ●戦後の廃墟の中から音楽部活動の再開と、学制変更に伴う無念な活動停止

 敗戦翌年の昭和21年、音楽好きの学生が自分で楽器を入手し、音楽部活動を再開した。その年の秋に開催された創立記念祭には、詳細は不明だが室内合奏団的な演奏会が昼夜2回公演で開かれた。

 本格的なオーケストラ活動が開催されたのは昭和22年からである。このときの中心人物は卒業生である K.S.(18回文乙)先輩で、富山高等学校音楽部オーケストラ活動のの中興の祖とでも言うべき人であった。ご自身はバイオリニストであるが、演奏曲目のオーケストラ譜を隅から隅まで読んで諳んじ、へたくそな音楽部員を叱咤激励してとにかくオーケストラとしてまとめ上げたのである。

 演奏曲目は、昭和22年春の文化祭ではロザムンデ間奏曲(シューベルト)とくるみ割り人形(チャイコフスキー)の一部、昭和22年秋の記念祭は未完成交響曲(シューベルト)、昭和23年春の文化祭はモーツアルト交響曲40番第3楽章とベートーベンのロマンス2番、同年秋の記念祭では再び未完成交響曲と管弦楽組曲組曲第2番サラバンド(バッハ)などであった。

 冒頭に掲げた写真は、富山高校音楽部の最後の演奏会となった昭和23年秋記念祭における演奏会写真であるが、極端な楽器不足の中で20歳前後の学生を中心によくもこれだけの楽器を集めたと今でも思う。この中でないのはオーボエとティンパニで、ファゴットは楽器と奏者を客演として招聘した。

 昭和23年、占領軍の命令により旧制高等学校制度は廃止されることとなり、その翌年には最後の学生1学年だけが高校生として授業を受け卒業した。富山高等学校音楽部全体としての活動も、残念ながら昭和23年を最後として涙を呑んで停止した。

 しかし、戦前戦後を通じて、旧制高等学校学生の手によってオーケストラやバイオリン協奏曲がほぼフル編成で演奏されたのは、富山高等学校を措いてはない。

 われわれはそのことを誇りに思い、かつての音楽部員はそれぞれの立場において今なお音楽活動を続けているものが多い。
                                           [2005.10.30]


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。