ビクトリア・デ・ロサンヘレスを偲ぶ。

 私は今、20数年前に主にオーストラリアで購入したクラシック・レコードを、ぼつぼつとCDに録音しなおしている。その中には、日本で入手困難なレコードがかなり含まれている。

 日本のクラシック音楽産業は、なぜか特定の有名な曲、作曲家、演奏者、歌手のレコードしか発売しないし、評論家もこれまでは無難な曲や演奏家だけを取り上げて、世界的に名声はあるのになぜか日本では殆ど取り
 上げられない曲や作曲家、演奏家があるのだ。

 例えば、ベートーベンのフルート曲は日本で発売されているだろうか。ベートーベンの弦楽三重奏曲は,なぜ日本では話題にもならないのだろうか。

 あるいはベルカント歌唱法の復活者といってもよい、欧米では高名なジョーン・サザランドは日本ではあまり評価されなかった。彼女によってドニゼッティのオペラがレコードで数多く発売されたが、それらのレコードが日本でプレスされた事はなかったと思う。

 そのような歌手の一人として、日本では事実上無視されたソプラノ歌手にビクトリア・デ・ロサンヘレスがいる。どれほど日本で彼女が無視されてきたか一例を挙げると、インターネット上で彼女を日本語で検索すると、グーグルですら僅か16件しかヒットしないのである。その同じグーグルで [Victoria de Los Angeles] として検索すると、世界中で246万件もヒットするのである。
 これを見ても、日本のクラシック音楽産業がいかに世界の流れから離れているか、よく分かるというものだ。

 ビクトリア・デ・ロサンヘレス(本名ゴメス・シーマ)は1923年にスペイン・バルセロナで生まれた。15歳でバルセロナにあるリセオ音楽院に入学し、通常6年かかるコースを僅か3年で、優秀な成績で卒業した。1944年にバルセロナにあるリセオ大劇場でモーツァルトの「フィガロの結婚」の伯爵夫人役でオペラに初出演した。1949年にパリ・オペラ座で出演した後は、イギリスのコベント・ガーデン劇場、イタリアのラ・スカラ座、アメリカのメトロポリタン劇場等々に出演し、リリコ・ソプラノのオペラ歌手として世界的な名声を博した。

 デ・ロサンヘレスのオペラ・レパートリーとしては、フィガロの結婚、ラ・ボエーム、ナクソスのアリアドネ、ファウスト、ローエングリン、マノン、蝶々夫人、パリアッチ、カバレリア・ルスチカーナ、ドン・ジョバンニ、カルメン、セビリァの理髪師、ペリアスとメリザンド、マイスタージンガー、椿姫、シモン・ボッカネグラ等々と、枚挙にいとまがない。特に1961年には、バイロイト音楽祭の開幕を飾る「タンホイザー」の出演に招待されたほど、広範なオペラの分野でその実力を高く評価され、世界各地のオペラ公演に参加していた。

 彼女と協演したオペラ指揮者としては、トーマス・ビーチャム、ジョン・バルビローリ、ヘルベルト・フォン・カラヤン・ゲオルグ・ショルティ、ピエール・モントゥー、シャルル・ミュンシュ、ビクトール・デ・サバタ、テュリオ・セラフィン、カルロ・マリア・ジュリーニ、オイゲン・ヨッフム、イシュトバン・ケルテス、ズービン・メータ、アンドレ・クリュイタンス、ジョルジュ・プレートルなど、いずれも錚々たる顔ぶればかりである。

 1961年以降、彼女のオペラ出演は次第に減ったが、世界各地でドイツ及びフランス歌曲、並びのスペイン歌曲のコンサートが盛んに開催され、好評を博した。

 デ・ロサンヘレスは、ほぼ30年にわたって、イギリスの「EMI」レーベルと専属契約を結んでいた。彼女のレコードは21セットのオペラ全曲録音レコード、並びに25枚の独奏レコードが発売されたと記録されている。

 しかし、今日彼女のレコードやCDを日本で入手することは殆ど不可能である。それというのも、デ・ロサンヘレスのオペラ歌手としての絶頂期には、かの有名な「マリア・カラス」がEMIレーベルに所属していたので、おそらく営業上の理由からであろうが、常にカラスのレコードが優先的にプレスされ発売されていたようだ。

 私は1970年代後半にオーストラリアに駐在していたので、現地でデ・ロサンヘレスのレコードを探したが、全く入手できず、いよいよ日本に帰国する直前の1981年に、EMIが彼女のために編集プレスした記念アルバム「ビクトリア・デ・ロサンヘレスの芸術」(3枚セット)をようやく購入することができた。

 このアルバムは、1947年から1967年までに録音された彼女のレコードから抜粋したものであり、彼女の抒情性あふれる澄み切ったソプラノ、何よりも歌詞を明瞭に聴き取れる発声には、我知らず聴き惚れてしまう。

 ただ残念なことに、モノ録音の曲が少なくなく、録音状態が必ずしもよくない。1960年以降も彼女は折に触れオペラ出演していたのであるから、EMIは彼女に敬意を表する意味からも、その録音レコードを発売してくれたらとよかったのにと、つくずく思う。

 デ・ロサンヘレスの公式出演は、1992年、スペインのバルセロナで開催されたオリンピックの閉幕式での独唱が最後となったとのことだ。

 今年、2005年1月15日、ビクトリア・デ・ロサンヘレスは故郷のバルセロナで81歳の生涯の幕を閉じた。

  彼女の芸術を憶い、彼女の死を悼んで、多くのバルセロナ市民が彼女の葬儀に参加したとのことである。


     因みに、私はデ・ロサンヘレスの記念版レコードから針雑音を殆ど手作業で取り除いて録音した
     自家版CDの清澄な音質を聴きながら、彼女を偲んでいる。
                                        [2005.3.10]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。