ウィンドウズ・ビスタは

MIDI音楽が嫌いなのか ?
!

MIDI形式の音楽は、ウィンドウズXPまでは相互の相性がよかった。

ウインドウズ95の初期、ウィンドウズにブラウザはついていなかった。インターネット・エクスプローラ V1.0を入手するには別途に料金を払う必要があったのだが、その性能はネットスケープに比べると遙かに劣り、しかも音楽を再生できなかった。一方のネットスケープはもちろん有料ソフトではあったが、プラグインというソフトを付け足すことでMIDI形式の音楽を再生することができた。ヤマハの「MIDIPLUG」というソフトは、この頃に開発された、MIDI専用の優れものであったのだ。
  
 ウィンドウズ98になると、インターネット・エクスプローラはウィンドウズ98の一部として無料で提供されるようになった。これによりネットスケープは一挙に市場から消えてゆく。インターネット・エクスプローラではプラグイン・ソフトなしで音楽を再生できるようになり、性能的にもネットスケープを追い越した。

 ウィンドウズXPのコントロールパネルから「サウンドとオーディオデバイス」を起動し、さらに「オーディオ」タブを開くと「MIDI音楽の再生」という項目があり、初期設定では「Microsoft GS Wabetable Synth」が指定されている。これはMIDI形式のために電子楽器メーカーが標準として定めた「楽器(インストルメント)マップ」に準拠して、マイクロソフト社が提供するソフト音源である。従って、MIDIファイルがこの標準に従って作成されている限り、約100種類ほどの異なる音色が再現されるのだ。
 さらにウィンドウズXPまでのバージョンでは、マイクロソフトが提供するソフト音源以外の他のソフト音源やハード音源を「規定のデバイス」として設定できる。従って、詳細を省略するが、特定のハード音源で作成したMIDI音楽を、インターネット・エクスプローラではその音源が受信側にあればそのハード音源の音色で再生できるのだ。「私の音楽ノート」には一曲ごとに使用音源を書き添えているが、それはそのハード音源の音色で再生する場合の便宜のために記入しているのだ。
 ウィンドウズXPまでは、このようにMIDI形式の音楽とはきわめて相性がよかった。


ウィンドウズ・ビスタはMIDI形式の音楽再生を放棄したのか。

 ウィンドウズ・ビスタを導入し、自分のウェブサイトにあるMIDI 形式の音楽を再生して、私は愕然とした。何と一部の音色が再生されないのである。簡単に言うと、伴奏は聞こえるが肝心のメロディが聞こえないのだ。この「音抜け」に、私はすっかり参ってしまった。マイクロソフト社の有料技術サービスに電話をかけ障害を連絡すると、マイクロソフト社はその障害を承知しているという。だがその障害をいつ解決できるか約束できないとのこと。そのおかげで、この電話サービスは無料となったが、私のサイトの音楽をビスタで訪問される人は、音抜け音楽しか聞こえないことになる。
 あわててコントロールパネルから「MIDI形式の再生」欄を開こうとしたが、ビスタにはこの項目が削除されているのだ。この障害現象から推察すると、ウィンドウズ・ビスタに搭載されているMIDI形式用のソフトは、業界標準である「GS」形式を無視して、自社の独自規格で作成されているように思われる。だから、ある種の音色が再生できないのだろう。もしそうであるとすれば、マイクロソフト社は何という傲慢な会社になったのかと思う。EUでマイクロソフト社が独占排除のために高額のペナルティを課せられたのも、何となく分かる気がする。


MIDI形式からMP3形式へ移行

 この事で、おそらく多くの音楽サイトは大変な影響を被り、困っていることと思う。私も、最初は途方に暮れた。だがじっとしていても解決できない。そこで自分が掲載している音楽をすべてMIDI形式からMP3形式に移行する事に決めた。

 だが、これには二つの大きな問題を解決しなければならない。一つは、MIDI形式の音をいったん録音してWAV形式に変換し、それからさらにMP3形式に変換することだ。これには大変な労力が必要で、100曲以上の曲の変換に約2ヶ月を必要とした。
 二つ目はファイルのサイズが10倍以上大きくなることだ。MIDI形式とは簡単にいえば楽譜形式である。これに対してMP3は音情報の固まりである。私の100を超える曲をMP3形式にすると、それだけで1GB以上の情報量となるが、NIFTYの通常のホームページ・サイトは最大で300MBしかスペースの割り当てがない。思案の末、NIFTYに相談したところ、「Lacoocan」というサービスがあり、月額500円程度で最大2GBのスペースを利用できるとのこと。喜び勇んで、現在このサービスを利用するべく準備を進めているところである。


私設音楽サイトとしての課題

 MIDI形式で音楽ファイルをアップロードしている場合、受信側の音質を左右する重要要素はPCに搭載されているソフト音源の性能に依存しているので、送り出し側から見た場合、ファイルの音楽性についてはそれほど気を使う必要はなかった。
 ところがMP3になると、作成したMP3ファイルは音楽情報そのもので、受信側の音源性能には関係がなくなる。換言すれば、送り出し側における音源の音質および音楽表現がそのまま受信側に送られるのである。これは送り出し側としては大変なことで、こちらの音楽性がそのまま評価されるのであるから、今まで以上にシーケンサへの打ち込みが慎重にならざるを得ない。
 私はハード音源を4機種持っているが、それぞれによって楽器の音色が異なる。これからは曲によって音源を選ばなければならなくなった。音声や弦楽器の場合には、重要な音の波形を今まで以上に慎重に描く必要が出てきた。大げさに言えば、演奏者の立場からの音楽作りが必要となるのであろう。

 80歳に近い後期高齢者が運営する音楽サイトに課せられた課題は大きい。いつまで続くか分からないが、まだしばらく頑張って、少しでもよい音楽をアップロードしてゆくつもりだ。
                                           [2008.3.10]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。