Windows7 を搭載しました。

 ●早々とWindows7を搭載したのはなぜ?

 9月に「アマゾン」へWindows7 ホームプレミアム の早期予約をした。なぜアマゾンへ?それはアマゾンの販売価格がもっともやすく、わざわざ店頭へ出向かなくても、発売日の10月22日に宅配してくれるからだ。

 私は今年で満79歳、いわゆる「傘寿」をむかえた「ご老体」だ。その「ご老体」が日常的にパソコン使っての仕事とは
      ・メ-ルの受発信
      ・老人クラブ関係の文書作成
      ・パソコン教室のためのテキスト作成
      ・「フォトショップ エレメント」を使用しての画像処理
      ・「シンガーソングライター」を使用しての編曲と、楽曲のインターネット掲載
      ・「サウンドイット」を使用してのレコード音楽からの雑音除去とCD作成

などが主なところで、実のところ、これらの作業はパソコンにとってそれほど大きな負荷とはなっていないはずだ。それのも関わらず、なぜ、早々と Windows7 を導入したのか。

 私はあるグループでパソコンのリーダーをしている。このグループでは画像処理の演習とともに、パソコン技術の新動向を少しずつ勉強しているのだ。私はそこで新しい情報を会員に紹介する立場にあるのだが、このWindows7 はその意味で格好の題材。

 今回は少々性能の低いWindowsXPで動いているパソコンに Windows7 を載せて、その結果を皆に報告するということで、22日昼過ぎに Windows7 を受け取り、27日にはインストールを完了した。
 

 ◆インストールは簡単だった。

 私が Windows 7 を搭載したパソコンは「Gateway GT5058j」という、3年ほど前のモデルで、その性能は次の通り。

    CPU : Intel Core 2 Duo "E6300" 1.86GHZ
    RAM : SD RAM 512MB x 2
    HD  : 275GB
    Chipset : Intel G965
    Windows Experience Index : 3.2

 インストールに先立ち、Windows7 Upgrade Advisor でチェックしたところ、基本的に上記の構成でOKとの結論であったが、RAM を2GB にするようにとのことであったので、早速「アマゾン」に DDR2 SDRAM
1GBx2 を購入し、その入荷をまって、直ちにWindows7 のインストールを開始した。
 (なぜ「アマゾン」で購入したのか?それはアマゾンは結構値段が安く、しかもタイミングがよいと発注の翌日に入手できるから。往復の電車賃に1000円以上かけるより、この方が実質的に安くて便利だ。)

 WindowsXP 機に Windows7 を搭載するので、インストールの種類は「新規インストール」となる。この場合にはOSを搭載しているパーティションの内容はすべて消えてしまう。私はデータ類はすべてOSとは別のパーティションに保存しているので、「新規インストール」でもデータ類は消えないと思ったのだが、そのことを明示的に記載している解説書はなかったので、念のために外付けHDにバックアップをとっておいた。

 さてインストールだが、これはあまりにも簡単で、多少時間がかかることをのぞけば、「ユーザー名」と「パスワード」の入力、および「プロダクトキー」の入力以外は何もすることはない。私のような「ご老体」にも、Windows7 の新規インストールは、全く楽々と完了できた。

 後になって気がついたのだが、パスワードの入力は、個人使用の場合には不必要であるばかりか、後々、起動の都度パスワード入力を要求される。それが面倒で、結局パスワードは削除してしまった。こんな点も、解説書は特に触れていないのが残念であった。

 Windows7 のインストール先をデータパティションとは別のパーティションを指定したことは正解で、データには何らの影響もなかった。バックアップしたデータは、今も外付けHDの中で安らかに眠っている次第。


 ◆Windows7 の性能は?

 このようにしてインストールした Windows7 の性能改善の効果は、実のところ、よくわからない。気のついた点だけを羅列してみる。

・OSの起動時間は、ウィルスソフトのチェック時間が重なるので、一概に速いとか遅いとかはいえないのだろうが、同時に使用しているVista機に比べるとやや速いだろうか。現用機をXPで使用していた頃に比べても何とはなく速いような気がする。終了時間は、確かにVista 機に比べると速いように思う。

・「スタートメニュー」に関しては、クラシック画面がなくなったことに不満が残る。Vista機までは、クラシック画面上で、自分がしばしば使うアプリケーションをフォルダーでグループごとにまとめて管理していた。Windows7ではそのような機能を「スタートメニュー」に設定することはできない。しかも「クィックランチャー」機能もなくなったので、スタートメニューに表示される以外のアプリケーションはタスクバーに並べて配列することになるが、アイコンをやたらにだらだらと並べるわけにもゆかない。
 結局,デスクトップ画面に機能別のフォルダーを設定し、そこにアプリケーションのショートカットを入れて使っているが、何かしら不満が残る。

・処理速度に関して、私は動画編集やフォーマット変換を行うわけでもなく、まして三次元ゲームで遊ぶわけでもないので、入力に対する機器の反応や画面表示に関して、低性能機へのWindows7 の搭載に何の不満もない。エアロ表示に問題があればグラフィックボードを搭載するつもりであったが、その必要も特に感じていないので、これで約1万円の出費を抑えることができたと喜んでいる。

・背景画面については大満足である。1ヶ月ほど前、それまでのCRTディスプレーに換えてI-Oデータ社の「16:9イド液晶ディスプレーLCD-AD221LB」をアマゾンで購入し、解像度を「1920-1080」のハイビジョン仕様で使っている。Windows7で提供される背景画面はこの解像度にぴったりで提供され、しかも背景はテーマごとに3~5画面がスライドショーで表示されるのでなかなかよろしい。テーマがいろいろあってそれを切り替えて使用できるので、これには最高点を提供できる。

・アプリケーションの適合性だが、今のところVista機で搭載していたプログラムでWindows7に搭載できないのは「筆王Zero」だけである。一部プログラムでは Windows7 にインストーラーを無償で提供してくれているので、アプリケーションの新規搭載はほぼ問題なくすんだ。「筆王Zero 」は Windows7バージョンの有償購入が必要とのことで、使用をやめた。これを便乗商法というのであろう。
 各種の周辺機器ドライバーも Windows7 用に無償提供されており、ほぼ問題なく切り替えができた。

・Windows7の「ドキュメント」の仕組みは、それまでの「マイドキュメント」あるいはVistaの「ドキュメント」と大きく変わった。これまでの「ドキュメント」はそのフォルダの中にファイルを直接保存しているが、Windows7 では、複数のハードディスクドライブに点在する様々なドライブを仮想的なドライブとして、このドキュメントの中に管理する方式に変わった。
 簡単に言えば「Windows7 のドキュメント」は各ドライブにある「ドキュメントフォルダー」の目次みたいな機能を持っことになった。従って、これまでのように「ドキュメント」をCドライブからDドライブに移動する必要はなくなったので、どこにでも自由にドキュメントフォルダーをおいて、それを「ドキュメント」に登録すればよいのだ。


 ◆Windows7 使ってみて

 家庭用のデスクトップ機として考えてみると、OSはWindowsXP、あるいはWindows Vista の性能で十分であり、特に私のような「ご老体」には、わざわざ Windows7 にバージョンアップする必要はないであろう。事実、Windows7 の能力を使いこなすような機会が私に訪れるとはとても思われない。

 Windows7 の発表によって、いよいよ64ビットアーキテクチャ時代の幕開けが始まったと思われる。そのような高性能機が本当に必要なのかと思いつつ、だが、高性能機を使ってみたいという誘惑に駆られて、「ご老体」である私は、体力・気力が許す限り今後も高性能機を追い続けることになると思う。
 悲しい私の性(さが)である。
                                       [2009.11.2 記]
                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。