古書店礼賛

 2003年1月、近くに大型古書店ができた。毎週、色々な価格で古書の入れ替えがある。この古書店のおかげで、私の年来の夢が二つかなえられた。

 その一は、日本近代詩に関する文学史的な研究書が手に入ったことである。
 昭和初期、北原白秋は「明治・大正詩史概観」という本を発行した。その後日夏耿之助が「明治・大正詩史」上下2巻を発行した。これらの本は、現在ではよほど大きな図書館か大学図書館にでも行かない限り、見ることはできないだろう。

 明治・大正期のいわゆる日本近代詩は、昭和50年以降、中央公論社から出版された「日本の詩歌全集」を最後に、ごく断片的に出版されているにとどまる。その文学史的研究書は、今日、どの出版社からも発行されていないと思っていた。
 ところが昭和36年に成城大学教授野田宇太郎氏が、青蛙房という出版社から「日本近代詩事典」という本をご自分の大学講義用に出版された。
 その本の古書を手に入れたのだが、新品同様、学生さんの書き込みの全くない布装丁の素晴らしいもので、わずか「350円」で購入したのだ。書店からの帰途はスキップしたい思いで、天にも昇る心地がするとはまさにこのことである。

 また清泉女子大学教授高木市之助氏が武蔵野書院から出版された「日本文学の歴史」は、一部に書き込みがあるものの、5世紀以降昭和初頭に至るまでの日本文学史資料について、実に精細に網羅されている。云うまでもなく、日本近代詩についても広くカバーされており、この古書がわずか300円で手にはいるとは信じられぬ思いである。私が購入した本は第39版であったからよほど評価の高い本なのだろう。

 私はこのホームページ上で40人を超える日本近代詩人の詩を取り上げているが、これらの本を勉強して、なお一層、自分のホームページを充実したいと思っている。


 その二は、英文学史と英詩の研究書を、これまた格安に、しかも種々購入できたことである。よほどの大書店に行っても、英文学史や英詩の研究書籍は売られていない。ところが大学の英文科学生は卒業に際してこれらの教科書を古書店に売却するようだ。(自分にも経験がある。)
 英文学史、英詩、さらには日本近代詩と英詩の比較研究などの書籍を、いずれも150円から350円程度の価格でしこたま手に入れることができた。 (学生さんの書き込みがあるのが玉に瑕)

 明治20−40年代の日本詩人は、今ほど素晴らしい英和事典にも恵まれない環境の中で、英詩を勉強し、日本の新体詩形成に努力してきたのだそうだが、彼らの努力の跡を、よくもまあこれほどまでにと驚くほど、大阪芸術大学佐藤勇雄氏は、北星道堂書店から出版された「英詩と日本詩人」という本の中で比較研究し、発表しておられる。日本近代詩研究にも大いに参考になると思う。新品同様の本がわずか500円だった。  

 かくして、この1年間に私の日本近代詩及び英文学史・英詩に関する蔵書は、1冊500円以下の投資で急速に充実された。これから私のロス・タイムの間にどの程度まで勉強できるか、我ながら見物だと思っている。                                            [2003.12.31]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。