どのようにして「ねこふんじゃった」は

日本に伝わってきたのか??


 本日は4月1日。ソファーにもたれて本を読んでいる内に、眠りに入ってしまった。その眠りの中で見た夢を以下に紹介する。


 ≪くれぐれも申し上げるが、本日は4月1日。以下の文章に、私は全く責任を負わない。≫


 私が「ねこふんじゃった」を初めて知ったのは昭和16年、この頃、この曲は既に日本中に広がっていた。おそらく、オルガンが家庭に普及したのにともなって、この歌も日本中に広がったのであろう。楽譜もなく、音楽の先生からはこの曲を弾くと叱られたこともあったのに、これほど子供にポピュラーなピアノ曲は他に類例がない。この曲はどのようにして日本に広まったのだろうか。

 我々は、当時この曲を知っている両親や祖父母、あるいは音楽教師に、「いつ頃から ”ねこふんじゃった” を知っていたの」と尋ねておくべきだったのだが、今となっては手遅れ、確認の方法もない。

 「ねこふんじゃった」に関する議論は、もっぱらこの曲の作曲者と原題の追求に情熱が注がれている。真偽は兎も角、作曲者は次の音楽家の中の誰かではないかと言われている。

  フェルディナント・フロー   (ドイツ) 1869〜1927 (明治2〜昭和2年)
  アントン・ルビンシュテイン  (ロシア) 1829〜1894 (文政12〜明治27年)
  ニコライ・ルビンシュテイン  (ロシア) 1835〜1881 (天保6〜明治14年)

 この3人に共通していることは、明治初期にともに活躍しておられたことで、従ってこの「ねこふんじゃった」のメロディーは明治初期に作曲されたのではないかと、私は密かに考えるのである。

 だがこのメロディーはどのような経路を辿って日本にたどり着いたのであろうか。

 時は明治31年、少壮気鋭の音楽家「滝廉太郎」は文部省からドイツのライプチッヒ音楽院に派遣され、日本おける西洋音楽教育のための猛勉強を行っていた。彼は、ふとした機会に、当時ドイツ (あるいはヨーロッパ) で流行しだした題名のないあるメロディーに興味を惹かれた。「これは面白い。楽譜が無くても、誰でも音楽好きならピアノで弾ける」と考えてこのメロディーを覚えたのである。

 やがて日本に戻った滝廉太郎は、自分の弟子達への教育の合間に「ドイツではこんなメロディーが流行っているよ」と弾いて聞かせたところ、簡単に覚えられ演奏できることを知った弟子達が、家のピアノやオルガンでこの曲を楽譜もないまま弾き始め、自分たちの弟子にも紹介した。それがやがて全国に広がったのだろう。

 滝廉太郎がもたらした題名のないメロディーこそが、現在日本で「ねこふんじゃった」と呼ばれる曲だったのだ。

 私達世代の親は、大体明治20年から明治40年頃に生まれている。滝廉太郎がドイツから帰ってきて音楽教育を始めた時期と合致する。この頃、明治政府は日本における音楽教育充実のために、各小学校にリードオルガンを設置した。このオルガンの設置も、「ねこふんじゃった」の普及に拍車をかけたに違いない。私達の親が休憩時間のたびに、学校の音楽室にあるオルガンで題名のない曲を弾いて遊ぶので、しまいに先生はオルガンが傷むことを心配して、「その曲を弾いてはいけません」と叱ったのであろう。
 今でもこの曲を弾くと音楽の先生が怒るのは、この頃の叱り癖が何となく今まで続いているのかもしれない。

 「ねこふんじゃった」の旋律は、現在70〜80才の我々世代の親のいたずらによって、日本中に広まったのだ。

 だが、一体何故、題名のないメロディーに「ねこふんじゃった」という題が付いたのだろうか。家庭内にいる動物でピアノやオルガンの上に上がることを黙認されるのは「猫」しかいない。猫は家庭内のすべての調度品に遠慮なく上がる。その猫がピアノ鍵盤に跳び登ったところ音が出たので、猫は驚いてニャーとなく。その有様を見た子供が面白がって喜ぶ。

 明治末期から大正初期、着物を着たオカッパ姿の少女が、ピアノやオルガンの鍵盤の上で音を鳴らす猫を見て 「ねこふんじゃった」 とキャッキャと喜ぶ姿を想像すると、思わず楽しくなる。そのオカッパ姿の少女こそが、実は、70〜80年前の我々の母親たちだったのだ。

「ねこふんじゃった」の題名は、この頃のいたずら少女の間から自然に発生した
のかもしれない。

 つまり 「(人が) 猫 (を) ふんじゃった」 のではなく
      「猫 (がピアノを) ふんじゃった」 のである。
 こどもの直感的・短縮的な表現が、とても面白いではないか。
  
     しかし:−−−

 ひょっとすると、猫好きの竹久夢二が「ねこふんじゃった」との曲名を付けたのかもしれない。彼には猫を描いた作品が数点残っているから。
竹久夢二の存命期間は1884〜1934(明治17〜昭和9)で、我々の親の親か兄に相当する世代だ。
 
            ・・・・・・・・・・  *****  ・・・・・・・・・・

 竹久夢二が「ねこふんじゃった」の題名の作者である事を発見した、と思った瞬間に、荒唐無稽な夢から目が 覚めてしまった。

 この論旨こそは、日本音楽史に燦然として残るべき一大発見だったのに !!
                                         [ 2007.4.1記 ]

   私の 「ねこふんじゃった」ページへ  どうぞ

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。