日本近代詩の発生と展開
比較文学としての分析(2)


 
 日本における詩 ≪近代詩≫ は、井上哲次郎、外山正一、矢田部良吉(いずれも東大教授)によって明治15年に発行された「新体詩抄」に始まり、そのご何人かの人が習作的な詩集を発行した後、明治30年に島崎藤村が「若菜集」を発表したことをもって日本近代詩がその本格的な第一歩を踏み出したとするのが定説のようである。

 しかし、日本近代詩が無人の荒野に突然出現したわけではなく、先人達が欧米の詩を翻訳し、その翻訳詩を範として新しい 日本の詩を作り出したのである。この経緯についてはこのウェブサイトの
          日本近代詩の発生と展開---比較文学としての分析(1)
において触れているので、詳細はそちらをご覧頂きたいが、要旨としては下記の翻訳詩集が日本における近代詩の形成に大きな影響を及ぼしたという。

  新体詩抄    明治15年   井上哲次郎、外山正一、矢田部良吉   主に英詩を翻訳
  於母影     明治22年   森鴎外を中心とする「新声社」     主に英・独詩を翻訳
  海潮音     明治38年   上田敏                主にフランス詩を翻訳
  珊瑚集     大正2年    永井荷風               主にフランス詩を翻訳

 ここで中島健蔵は、比較文学論の立場から、日本近代詩の成立について次のように述べている。

   明治以来の詩運動を見、特に海外詩の日本訳を点検していくと、明治維新を境とするそれまでの
   詩歌と新体詩の段落は思ったよりも曖昧であったことに気づく。
   比較文学の観点から日本近代詩を見るとき、先ず訳詩と創作詩との間に見られる違いがどのよう
   な性質であったかを見直すことが、日本近代詩の成立と展開を更に分析する上で必要なことでは
   ないだろうか。


 中島健蔵の上記のような問題提起に対して、これに応える研究文書はないかと古書店を探していたところ、次のような本を購入できた。

    新版「英詩と日本詩人」  佐藤勇夫 著   北星堂 昭和58年 発行   503頁

 著者 「佐藤勇夫氏」 は本書において 「日本の詩と対比させながら英米の詩を、あるいは英米の詩と対比させながら日本の詩をというふうに、詩を閉じ込められた狭い領域から解放して鑑賞する」ために、比較文学を根底詩想において、編集を進めている。


 著者は34名の英詩人と聖書及び伝承童話(マザーグース)の66篇の詩を取り上げ、それぞれの詩の韻律を調べ、要点に関しては解説と注釈を加えるとともに、これらの英詩の翻訳及びその詩の影響の下に作られたと思われる44名の日本詩人の詩を上げて比較文学的な解説を行っている。

 一例として、Robert Burns と 国木田独歩 の比較研究を、独歩の 「山林に自由存す」 を事例として取り上げてみる。比較対象となる Burns の詩は ”My Heart's in the Highland" である。

     My Herart's in the Highland              我が心は高地にあり

 Farewell to the Highlands, farewell to the North,   いざさらば 高地、 いざさらば 北国、
 The birth-place of Valour, the country of Worth;   勇者の生まれし土地、 賢者の国よ、
 Wherever I wander, wherever I rove,         いずこを回遊(めぐ)りても、いずこを逍遙
                                      (あゆみ)ても、
 The hills of Highlands for ever I love.         高地の丘を 永久に 我は愛す

 My heart's in the Highlands, my heart is is not here, 我が心は高地にあり、我が心はここにあらず、
 My herat's in the Highlands, a-chasing the deer,    我が心は高地にあり、 鹿を追いつつ、
 A-chasing the wild-deer, and following the roe,    野鹿を追いつつ  子鹿を求めつつ、
 My heart's in the Highlands wherever I go.      我が心は高地にあり、 いずこへ我行くとも。

 Farewell to the mountains, high-cvoer'd with snow,  さらば 雪に覆われし 山々、
 Farewell to the straths and green valleys below;    さらば 下の方なる谷 緑の沢よ、
 Farewell to the forests and wild-hanging wood,    さらば 森 はた 茂みの木々、
 Farewell to the torrents and loud-pouring floods.   さらば ほとばしる流れ 轟きわたる淵よ。

 My heart's in the Highlands, my heart is is not here, 我が心は高地にあり、我が心はここにあらず、
 My herat's in the Highlands, a-chasing the deer,    我が心は高地にあり、 鹿を追いつつ、
 A-chasing the wild-deer, and following the roe,    野鹿を追いつつ  子鹿を求めつつ、
 My heart's in the Highlands wherever I go.      我が心は高地にあり、いずこへ 我行くとも。
                                       [ Tad 翻案 ]


 本書によれば、国木田独歩は明治20年に上京し、その後10年間の東京生活が独歩の詩 「山林に自由存す」 の背景となるという。また独歩は「バーンズを思えばそのとき 『我が心は丘上にあり』 の詩を思う」(欺かざるの記)と述べているという。
 さらに本書によれば、明治34年に刊行された「武蔵野」に収録されている独歩の散文詩 「星」 は、バーンズの詩を次のように引用している。

  男星と女星とが郊外に住む若い詩人の寝室に天降り、枕辺に開かれた一冊の西洋詩集を発見する。
  それはバーンズの詩集でこの詩の頁が開かれ、独歩の描写に拠れば「『いざさらば雪を戴く高峰
 (たかね)』 なる一句に赤線引かれぬ」 とある。翌朝目覚めた詩人は「声を張り上げて『我が心高
  原にあり』をうたい、『いざさらば雪を戴く高峰』 の句にいたりて、その声ひときわ高く、その
  眼は遠く遠山の方を見やりて恋うるがごとく、・・・彼が姿はさながら自由の化身とも見えにき。」
  と描写して、散文詩「星」は終わっている。

 著者は、作品中の詩人は独歩自身の投影で、以下に記す独歩の詩「山林に自由存す」はこの詩の影響詩であると説いている。  ( 佐藤勇夫著 『英詩と日本詩人』 36-38頁 より引用 )


                   山林に自由存す

               山林に自由存す
               われ此句を吟じて血のわくを覚る
               嗚呼山林に自由存す
               いかなればわれ山林を見すてし

               あくがれて虚栄の途にのぼりしより
               十年(ととせ)の月日塵のうちに過ぎぬ
               ふりさけ見れば自由の里は
               すでに雪山千里の外にある心地す

               眥(まなじり)を決して天外を望めば
               をちかたの高峰(たかね)の雪の朝日影
               嗚呼山林に自由存す
               われ此句を吟じて血のわくを覚る

               なつかしきわが故郷(ふるさと)は何処なりや
               彼処(かしこ)に我は山林の児なりき
               顧みれば千里江山
               自由の郷(さと)は雲底に没せんとす

 このようにして、本書の著者 「佐藤勇夫」 は66篇の英詩について、原詩についての詳細な分析の後に、日本詩人と原詩との係りあい、翻訳詩及び影響詩を取り上げている。日本近代詩の英詩との比較文学的研究としては、その広範な研究範囲、詳細な分析、そして何よりも詩に対する著者の深い鑑賞眼の点で、他に類例を見ない労作であろうと評価する。

 本書は昭和58年(1983年)に出版されたものだが、私はこれを上述のように古書として入手した。現在では絶版になっているのだろうか。
                                       [ 2008年11月 記

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。