日本近代詩の発生と展開

比較文学としての分析(1)

 明治・大正期の日本近代詩の発生と展開について色々と資料を集め自分なりに細々と分析を進めているが日本の近代詩がイギリス、ドイツ及びフランス等の西詩から影響を受けていること、それも特に「新体詩抄」、「於母影」、「海潮音」、及び「珊瑚集」という翻訳詩集からの影響を強く受けたことがおぼろげながら分かってきた。

 しかしその影響の内容を詳細に知りたいと思っても、市井に住む人間にとってはそのための資料の収集もままならない。

 半ば諦めていたところ、自宅近くの古書店で、比較文学的に見た日本近代詩の研究書を、格安な値段で手に入れることができた。なぜこのような本が大阪府下の小都市の古書店にあるのか、奇跡としかいいようがない。大阪市へ出かけて古書店を何軒も回ったのだが、日本近代詩の研究書などは、買う客もないせいか、どこの店頭でも見かけることはなかった。

 以下、これらの本の中から、次の論文集を簡単に紹介することとする。



 日本近代詩の成立と展開 〜 海外詩の影響を中心に  (254ページ)

       監  修 : 中島健蔵・矢野峰人 (日本比較文学会会員)
       発行所 : 有精堂  (昭和44年初版発行)


 この本は、井上哲次郎、外山正一、矢田部良吉(いずれも東大教授)によって明治15年に発行された「新体 詩抄」、森鴎外を中心とする新声社により明治22年に発行された「於母影」、上田敏によって明治38年に発行された「海潮音」、並びに永井荷風が大正2年に発行した「珊瑚集」(いずれも翻訳詩集)について、下記の観点から、16人の研究者の研究論文を体系的に編集・整理したものである。

      ・それぞれの翻訳詩集の概要と文学史的意義
      ・原詩と訳詞の比較分析
      ・他の詩人・詩作への影響分析

 この本は、西詩が日本の近代詩にどのような影響を与えたかではなく、西詩の翻訳詩が日本近代詩の成立と展開にどのような影響を与えたかの比較文学的分析である。それぞれの翻訳集に対する評価は、概要次の通りである。


 「新体詩抄」については、3人の著者が「明治の新しい意識を、明治の新しい日本語で歌うこと、それには伝統的な詩歌は表現力を持たないから新しい形式を工夫すべきこととして、新体詩を提案した」のであり、発表された新体詩(翻訳詩11篇、創作詩5篇)は当時の進歩的青年に広く受け入れられた。七五調・連という 詩形に思想性を持ち込む試みは当時の詩壇にとって画期的なことであったが、個々の詩自体は文学的に見て優れていたとは言えなかった。
 その影響が日本近代詩に及ぼした影響は、この後15年を過ぎてようやく形となったのである。

 「於母影」は森鴎外を中心とする新声社の同人が、新しい詩の音数律・韻律、文体についていくつかの実験を試み、当時の詩壇への寄与を狙ったものと思われるが、その具体的な影響は、これまた10数年後のことであった。ただ、掲載された詩の文学的価値は「新体詩抄」に比してはるかに優れたものであった。

  上田敏が著した「海潮音」はそれまで島崎藤村らによって開拓・確立された抒情一筋の日本近代詩に対してフランス象徴翻訳詩を投ずることによって、日本の詩壇に急速な変化・革新を促すことになった。薄田泣菫、ことに蒲原有明はその最も影響を受けた詩人たちの一人である。
 「海潮音」がこれほどまでに当時の詩壇に対して深甚な影響を与えることとなった理由には、ここに取り上げられた西詩が名詩であったこと、そしてその翻訳もまた名詩であったことが挙げられる。更に当時の日本詩壇が抒情詩の流れの発展の極致にあり、何らかの新しいものを求めている時期であったことも他の一つの理由であったろう。
 上田敏は西詩の翻訳を通して国文学の改善向上をはかりもって一世の文芸を指導しようとの抱負を抱いて、単に内容の移転に止まらず、詩形の研究、繊細な用語の使用をもって、原詩の意を正しく伝えようとした。ただあまりのも古語・雅言を用いたため、一部の教養ある読者にのみ味わい深い詩となったことも事実で、詩の理解という点から普遍性を欠いたことも事実であろう。
 このことに絡んで、詩の口語体化や自由詩形の問題が起こってくるのは必定であったといえる。

 永井荷風の訳詩集珊瑚集」は、ボードレール、ベルレーヌ、レニエエなどの仏詩39篇と散文9篇からなりその功績はフランス近代詩を創作の形と心において紹介した点にあるとしている。特に矢野峰人は「珊瑚集」の成功は作家・作品の選択によろしきを得たことと、それらが新鮮な感覚で訳出されていることにある」としている。
 荷風の翻訳詩の文体は、上田敏の「海潮音」の王朝風・典雅な詩風と異なり、一種独特な調べの中に、ボードレールの悲痛、ベルレーヌの哀婉、レニエエの典雅などを伝えて、間然するところのない名訳詩集をなしているという。
 「珊瑚集」の影響を最も受けた詩人は三木露風であったが、そのほかにも直接間接に宇野浩二、生田春月、柳沢健、更に佐藤春夫や堀口大学にも影響を及ぼしていると。

 この本のまとめとして、中島健蔵は次のように述べている。

   外国文学の移入と理解には、超えること困難な言葉の壁、風俗習慣の違いの壁がある。散文に
   比べて、詩は、もっと移し入れにくいものである。移入が不可能だというわけではないが、訳
   詞は一種の変造である。
   原詩と訳詩の比較は困難な仕事である。訳詩家は骨身を削って、できるだけ原詩の味を生のま
   ま伝えようと努力したはずである。
   それにも関わらず、明治以来の詩運動を見、特に海外詩の日本訳を点検していくと、明治維新
   を境とするそれまでの詩歌と新体詩の段落は思ったよりも曖昧であったことに気づく。
   比較文学の観点から日本近代詩を見るとき、先ず訳詩と創作詩との間に見られる違いがどのよ
   うな性質であったかを見直すことが、日本近代詩の成立と展開を更に分析する上で必要なこと
   ではないだろうか。
   新体詩運動の中にあった新しさだけを問題にしないで、その中に残っていた古い要素に改めて
   目を向けることも、この分野の研究に必要になってきたように思う。



 以上の分析は、西詩の翻訳詩が日本の詩壇に与えた影響を分析した論文であった。しかし、日本の詩壇では、詩人が直接的に西詩に触れ、そこから影響を受けた人も少なくない。
 
 西詩から直接に影響を受けた詩人、創作詩の比較文学的な研究書を、私は2冊入手することができた。これについても、追々取り上げてみたいと考えている。
                                          [ 2005.2月記 ]


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。