わがデジカメ論
  
 最近、NIKON社の ”COOLPIX 5700” というデジカメを購入した。

 もともとデジカメのレンズは短焦点であるので焦点深度が深く、接写した場合のぼけ味が銀塩カメラに較べて良くない。しかしレンズ交換ができるデジカメはたいへん高価なので、購入をためらっていた。

 しかしこの COOLPIX はなかなか評判がよいので、思い切って購入した。

 その結果はぼけ味は今ひとつであるが色再現性に優れしかも500万画素であるから解像度のよい写真が撮れる。フィルムカメラとは違い、何よりもスキャナーによる取り込みが不要であるので、すっかり気に入ってしまい、MINOLTA と CANNON のフィルムカメラは目下休眠状態になってしまった。

 ところが、これを購入してからしばらくして、レンズ交換のできる10万円台のデジカメが CANON から発売された。いささか悔しい気持ちもするが、しばらくはこの COOLPIX5700 で写真を撮影しよう。

 一眼レフ型デジカメを買えない私としての申し開きを一言・二言。

 背景のぼかしも、Photoshop Elements を使用すれば見事に実行できる。背景の修正も、実施した本人が後でどこを修正したか判らなくなるほど素晴らしい。
 Photoshop Element を使えば、グループ写真を撮影した後で撮影者を埋め込むことなどは、いとも手軽にできる。なにか Photoshop の宣伝をしているみたいだが、それほど今の画像処理ソフトは安くて高機能である。

 今回アップロードした「春の花」の写真はこのカメラによるものである。
                                           [2003.4.10]



                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。