童謡の歴史


 平成16年5月5日夜、NHKの「その時歴史は動いた」で、「かなりや」という童謡が生まれるまでのいきさつが放映された。それに刺激されて、今月の「想い出の音楽」では早速「かなりや」を取り上げたが、その際に2〜3の資料から童謡の歴史を調べて見た。
 
 鈴木三重吉は、自分の子供の誕生を機に、文部省制定の文語的・教化的な唱歌ではなく、口語的・芸術的な歌を作りたいと考え、「童話と童謡を創作する最初の文学活動」と呼びかけて、雑誌「赤い鳥」を大正7年に創刊した。北原白秋、西条八十らがこの「赤い鳥」から新作の童謡を発表した。この創刊号には泉鏡花も童謡を発表していた。

 その翌年には「子供雑誌」が創刊され、三木露風がこの雑誌に童謡を発表している。さらにその翌年には「金の船」が創刊され、野口雨情や若山牧水がこの雑誌に拠って童謡を創作した。

 ところで「童謡」という言葉はいつごろ誰によって創られたのだろうか。それまでは「子守歌」「わらべ歌」と呼ばれていた子供向けの歌を「童謡」と名付けたのは、夏目漱石が明治38年「ホトトギス」1月号に「童謡」という詩を発表したのがどうやら最初らしい。

 余談だが「童話」という言葉も三重吉の活動とともに使われ出したようで、大正9年には雑誌「童話」が創刊され、この雑誌に拠って藤森秀夫が童謡を創作した。

 創刊の年である大正7年、「赤い鳥」に掲載された白秋および八十の童謡、およびそれぞれの童謡に対する作曲年は次の通りである。


                      (作詞年)            (作曲年)
     北原白秋  栗鼠、栗鼠、小栗鼠  T7.7    成田為三    T8.10
     北原白秋  山のあなたを     T7.8    成田為三    T8.10
     西条八十  薔薇         T7.9     −
     北原白秋  雨          T7.9    弘田竜太郎   T10.8
     北原白秋  お祭り        T7.10   弘田竜太郎   T11.7
     北原白秋  赤い鳥小鳥      T7.10   成田為三    T9.9
     西条八十  かなりや        T7.11    成田為三    T8.5


 北原白秋は、鈴木三重吉が主唱した童謡の創作活動に積極的に参加したが、最初の間、自分の童謡に曲をつけることにあまり乗り気でなかったらしい。そこで三重吉は西条八十に作曲することを前提として童謡の作詞を要請し、童謡「かなりや」が生まれたのだそうだ。
 このような経緯で西条八十の「かなりや」は、歌われる童謡の第1号となったのだが、本来なら白秋の「栗鼠、栗鼠、小栗鼠」が童謡第1号となっても不思議ではなかった。

 作詞面から見た童謡活動の文学史的分析は、岩波文庫「日本童謡集」巻末の与田準一による「解説」が簡にして要を得ており、このページの作成に当たり参考にさせて頂いた。関心のある方の「岩波文庫・日本童謡集」およびその解説の一読を是非おすすめする。

 ただ、童謡作曲者に関する音楽史的解説を目にすることがないのが残念である。手元に十分な資料がなく、私にその力もないので、童謡音楽の歴史的・音楽的解説のまねごともできない。

 そこで、童謡の草創期に活躍した作曲家名とその作品名を2曲ずつ紹介して、その労にいささかでも報いたい。私たち昭和初期世代は、親の歌うこれら童謡にあやされ育ってきたのだから。



             本居長世  (1882〜1945)
                      十五夜お月さん   (野口雨情)
                      めえめえ小山羊   (藤森秀夫)

             山田耕筰  (1886〜1965)
                      あわて床屋     (北原白秋)
                      この道       (北原白秋)

             中山晋平  (1887〜1952)
                      あの町この町    (野口雨情)
                      背くらべ      (海野 厚)

             弘田竜太郎 (1892〜1952)
                      くつが鳴る      (清水かつら)
                      春よ来い       (相馬御風)

             成田為三  (1893〜1948)
                      かなりや      (西条八十)
                      赤い鳥小鳥     (北原白秋)

             草川 信  (1893〜1948)
                      夕焼け小焼け    (中村雨紅)
                      どこかで春が    (百田宗治)
                                           [ 2004.6記 ]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。