イギリス文学史の教科書

 平成15年2月、家の付近に天牛堺書店という古書店が開店した。この店は各地に支店があり、その支店の間で4−5日に一回、古書を巡回展示しているらしい。そこで私は巡回サイクルに合わせてこの店を訪れ、めぼしい古書を探すのが散歩コースのスケジュールになっている。何よりもこの店は格安で古書を販売しているのが有り難い。

 この書店が開店した直後のこと、私は店頭で「吉田三雄著 英米文学史概要」に目を奪われた。吉田三雄という方は、今から50年以前、私が旧制富山高等学校の1年生時代に英語を教えていただいた教官である。先生は旧制高校が進駐軍の命令によって廃校になった後名古屋大学に転ぜられ、そこで教授として英文学を講じておられた。

 私は懐かしさの余りすぐに購入した。価格は500円足らずであったろうか。

 その後英文学史の本を更に4−5冊購入した。購入した本はそのほとんどが大学のテキストとして使用されたのである。それらを読み比べながら、私は何となく大学における英文学史講義の昔と今を見た思いがしたので、浅学を顧みず、感想を述べてみたい。
 
 比較対象とする本は次の4冊である。




1.成田成寿編著 「イギリス文学史入門」  (初版1978年) 1990年第1版第11刷 
             創元社発行  本文 144ページ  年表・参考文献・索引 46ページ

 本書はイギリス文学史を分かりやすく、しかもある程度詳細に紹介しているので、初心者はにはまことに読みやすく分かりやすくまとめられている。ところが、紹介されている文献について日本語の記述はあるが原文の引用はほとんどない。語弊を覚悟で申し上げれば、本書は「イギリス文学物語」である。
 この本だけで講義が進められると、内容が手際よくまとめられているだけに、学生は取り上げられている各著作品の原文に余り触れることなく、英文学史の履修が終わってしまうことになるかもしれない。
 イギリス文学史としてはよい本で読者には大変親切に出来ている。一読して文意はすぐ理解できる。だが、大学英文学部の英文学史教科書としてこれでよいかとなると、私は首をひねりたくなる。


2.畠中康男・小宮山博共著 「イギリスの文学 概説と演習」  (初版1993年) 
         1998年再版第3刷  英宝社発行 本文 235ページ  年表・索引 16ページ

 本書は、英文学史の読み物としてよりも「概説・演習の教材」として編集されたもので、各時代の特色と代表作家の紹介に加えて、主要作品がそれぞれ約1ページほど原文で紹介されている。
 全体によくまとめられており、引用された主要著作の原文に触れることで、確かに英語で英文学史を学んだといえるが、本書も率直に言って「イギリス文学物語」の域を大きく超えているとは言えないように思う。
 引用されている主要著作の原文の分量ががあまりにも少ない。


 以上の2冊は明らかに大学でのイギリス文学史用に編纂された本で、イギリス文学の歴史研究だけに限るならば大変よくまとまった本だと思う。
 ただあえて言わせていただけば、「おんぶにだっこ」的で非常に親切、生徒に苦労をさせない配慮に富んだ本であるために、生徒はこの本を読み、受験勉強と同じスタイルでテキストの内容を覚えるだけで英文学史の履修をおえ、大学を卒業してしまうのではないかと懸念する。


3.斉藤 勇著 「イギリス文学史」 (初版1927年) 1959年第4増補版第3刷  研究社発行
                 本文 583ページ   年表・参考書誌・索引 266ページ

 本書は、著者が東大文学部英文科で1年間に講義した内容を骨子とし、それに書き加えたものであると初版の序に記載されている。著者の主眼とするところは、Beowulf から The Dynasts に至るまで、英文学がいかなる主潮を取って流れて来たかを明らかにすることであるとも、第1版の序に記載されている。
 第4増補版の序において、著者は初版来既に32年、中途で2度の改訂新版を発行したが、イギリス文学の長足の進歩を見るにつけ、拙著「英文学史」弱点や不完全な箇所が目につき、老躯にむち打ってこの第4増補版を世に送る。この出版が拙著「イギリス文学史」 の Final Edition になるだろうと述べている。
 著者は、この序において、文学研究の第一義は明快に作品の意義を解し、十分にこれを鑑賞し、正確に批判することであると述べる。そして著作家の生涯、その時代、その国民性などを検討することがその第二義であると付け加える。

 本書はまさに著者の意図通りに書かれている。各年紀ごとにその紀の文学的特長を記述し、膨大な作品の紹介がある。原文の引用も少なくないが、その引用文の日本語訳はほとんど記述されていない。紹介作品について著者の解釈・鑑賞および批評が記載されているが、本文が引用されていない作品についての著者の見解を理解するには、学生は自ら作品原文をひもどいて読み、翻訳しなければならない。読者が原文や参考書類を検索するための資料・索引が266ページと膨大な量である。

 東大英文学科の「イギリス文学史」の講義がこの著書を中心に1年で行われるとしたら、学生は大変な勉強をしない限りとても講義に追いつき理解することは出来ないだろう。これは恐るべき「イギリス文学史」である。


4.吉田三雄著 「英米文学史概要」 (初版1965年)  1976年第3版  成美堂発行
                     本文 181ページ    年表・索引 100ページ

 著者は前書きにおいて、斉藤勇博士の「イギリス文学史」ほか先輩学者の立派な著書が多くある中で本書を編んだのは、自分の独自の文学史観を打ち出し業績を問うのではなく、英米文学の流れを概観し、講義の材料を提供して、学生が卒業論文という専門分野を決めるのに必要な素材を多く提供することにあると述べている。ここに提供されるのは「文学」の心でなく、英米文学の骨片だけであるという。

 各年紀の冒頭に、「時代背景」「文学事情」そして詩・散文・劇などの「各論」が僅か2−10ページで紹介される。後のページは用語解説と、「時代背景」等に記述されている項目に関しての膨大な脚注・資料である。
 この本を読むだけでは、著者も記しているように、「文学の心」に触れた英文学史は全く把握できない。私は、本書を基にして吉田教授がどのように「英米文学史」の講義を進められたか、もし許されるのであれば1時間でもよいから聴講したかった。これらの「英米文学の骨片」をまとめて、血が通い筋肉隆々とした「英米文学史」を講義して行くには、教える側としてもひとかたならぬ準備と覚悟が必要であったろう。教えられる学生も大変であったろう。何しろ、本書には骨片しかない。著作の内容をくみ取るべき筋肉も血液も本書には提供されていない。彼らは必死になって講義のノートを取り、作品原文を自ら探し求めて読み、参考文献にも目を通さねばならない。
 本書もまた、恐るべき「英米文学史」である。





 大学は初心者に授業を行うところではない。

 大学は最高の学府であり、基礎的な学力と資質を備えた学生に対して、教授は自分の研究成果を1年間を通じて体系的に学生に講義し、学生はその講義を理解するべく必死に勉強し、卒業するまでに自分の勉強成果を総括して論文として発表することを求められる。
 教授は授業を通じて学生に挑戦課題を常に与える。学生は与えられた挑戦課題に自らの力で立ち向かい、その過程を通じて創造的な学問の進め方を学び、学問の本質に触れることが出来るのだ。大学とは、学生に一般教養を提供し、卒業すれば忘れ去られる授業を行う場所であってはならないはずだ。科学・技術を教えるのではない文化系統の学部において、この点の留意が特に肝要であろう。
 だが、最近出版された「イギリス文学史」を読むと、自発的な勉学を学生に迫る内容をもって編纂されているとはとうてい思われない。
 願わくば、授業の現場において教授が学問の真の意義を説き、学生に勉強を迫るようお願いする。
 あるいはこの願望は、旧世代の学生経験者が過去を讃美して述べる繰り言であるにとどまるのか。
                                           [ 2004.10記 ]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。