日本近代詩の形成と讃美歌

 ●前書き

 私の母は西暦1900年、明治33年に岐阜県武儀郡関町(現関市)で生まれた。当時のこととであるから女学校へ進学したわけでもなく、小学校高等科を卒業しただけである。その母が子守歌がわりに次の英語の讃美歌をよく歌って聴かせてくれたものである。(念のため書き添えると、母は英語が全くわからなかった。)
  
           Jesus loves me! This I know,
           For the Bible tells me so;
           Little ones to him belong;
           They are weak, but He is strong.
           Yes, Jesus loves me, Yes, Jesus loves me..
           Yes, Jesus loves me; The Bible tells me so.

 私の母は、岐阜県の田舎町にあったキリスト教会の日曜学校で、この讃美歌を習い覚えたらしい。この他にもかなりの数の日本語の讃美歌を、私は子守歌がわりに歌う母からの聞き覚えで、今でも歌うことが出来る。
 明治34年といえば、その3年ほど前に島崎藤村が日本近代詩の開幕を飾ったと言われる最初の詩集「若菜集」を上梓した頃である。母が讃美歌を日曜学校で歌い覚えたのはその10年ほど後の明治40年か45年ごろであろう。上級学校教育を全く受けることのなかった母にとって、和歌・俳諧以外の詩歌や海外の文物に接する機会は、おそらく教会の日曜学校以外にはなかった。

 私の母と同時代の詩人・文学者は讃美歌を歌い、その影響を受けることはなかったのであろうか。最近になり、日本近代詩の形成に讃美歌は関わったのかどうかをを知りたくなって、図書館や古書店を尋ねたが、その経緯を説明する書籍を見つけることはなかなか出来なかった。
 しかしつい先日、私の定期訪問先である天牛堺書店でとうとう念願が叶い、「斉藤勇著:讃美歌研究(昭和37年研究社刊)を400円で手に入れることが出来た。


 ●新体詩興る

 河井酔茗は、昭和10年3月に発行された「現代詩の研究」(河野成光館刊行)の中で「新体詩概説」と題して、自分が少年時に見聞し体験した現在の詩の発生の経緯を「新体詩興る」として概要次のように紹介している。



 現代の詩は明治文化の発祥と共に興ったものである。新しい詩歌を興せの声は当時の西欧文学に触れた外山正一、井上巽軒、矢田部良吉等の少壮学者の間から明治15年に「新体詩抄」として第一声が挙げられた。一方においては小学校では唱歌教育が唱えられ、軍隊においては軍歌を要望した。
 学者の「新体詩」への動きは説として方向に誤りはなかったのだが、手法がいかにも粗雑、散漫、稚気を免れなかった。そうした矛盾と不備の新体詩ではあったが、明治20年代にその新体詩歌が世に歓迎された所以は、時代全体がその方向にあったからだ。私自身の記憶をたどっても、

  一里半なり一里半、並びて進む一里半、死地に乗り入る六百騎・・・(テニソン氏軽騎兵隊の歌:外山
          正一訳)
   ああ正成よ正成よ、公の逝去の此のかたは・・・(小楠公をを詠ずるの詩)

 だのを歌うのは愉快だった。軍歌のようなものは兵士が歌って通るので自然にその曲を覚えたようだし、楠公のようなものは先生が教えてくれた。

 国木田独歩はその詩集「抒情詩」の冒頭に、「この覚束ない新体詩抄は草間をくぐりて流るる水の如く、いつの間にか山村の校舎にまで普及せり」と書いている。
 江見水蔭も想い出の記の中で、「そのころ学生の中で外山正一先生の「新体詩抄」という袖珍本読まぬ者は殆どないと言ってもよかった。」と書いている。
 これで見ると、新体詩の行われたのは田舎ばかりでなく、都会の読書青年の間にも行き渡っていたようである。



 河井酔茗は、明治初期、新体詩の興る有様を自らの体験としてのべ、併せて唱歌・軍歌の影響にも触れているのだが、讃美歌との関わりについては全く触れていない。


 ●日本で、讃美歌は何時ごろ生まれたのか。

 東大元名誉教授斉藤勇氏は戦前より讃美歌について文学的な研究をされていた。氏は讃美歌に関わる文献を自ら渉猟・所蔵され、その研究成果を著書「讃美歌研究」の中で発表されている。 
 それによると,1859年に日本にプロテスタント教が伝来した後、1874年(明治7年)にはすでに数種の讃美歌集が出版されていたとのことである。その当時讃美歌集を出版するに当たっての難題が二つあったとのことだ。

 その一つは、当時はまだ耶蘇教禁止・嫌悪の時代であって、キリスト教関係の書類の上梓はまだ一種の犯罪行為とみなされ木版彫刻者の協力を得ることが至難であった。幸いに版木が出来ても、出版者氏名も、はなはだしい場合は書名・題名すらないものがあるといった有様であった。
 他の一つは、キリスト教に接した当時の識者は、讃美歌合唱を歌舞音曲と見なし、はしたないすさびと見なして、自ら筆をとって讃美歌を訳し、作詞し、歌うことを嫌ったことである。

 忍耐強い米英宣教師たちは、滞在すること10数年にして讃美歌集を発行する運びとなったのだが、日本語への翻訳には、来日した宣教師が日本語を習い覚えた後、自ら翻訳した讃美歌の歌詞が数多く見られた。それらの讃美歌は、文学的にはもちろんのこと、日本語としても拙い訳の讃美歌が見られた。斉藤氏によれば、米英宣教師の訳による讃美歌は笑止千万であるが、その失敗は訳語の貧弱愚劣が何よりも大きな原因であるとのことだ。

 その一例として、冒頭に掲載した英語賛美歌は日本語讃美歌集の第461番(主われを愛す)であるが、明治5年に初めて日本語に翻訳された当時の歌詞は次の通りであった。

          エスわれを愛す、   左様聖書申す
          愛すれば子たち、   弱いも強い
             はい、エス愛す、   はい、エス愛す
             はい、エス愛す、   左様聖書申す。

 この讃美歌はこの後数回の改訂の後、明治36年(1903年)に次のように改訂出版され、この訳が現在までに引き継がれ、歌われている。

          主われを愛す     主は強ければ
          われ弱くとも      恐れはあらじ
             わが主エス      わが主エス
             わが主エス      われを愛す

 我が国における讃美歌の発祥から現行「讃美歌」の出版に至るまで、すなわち明治7年から昭和29年までの80年間の間に、日本語讃美歌は驚くべき進歩を遂げた。その成長ぶりは小学生が中年の紳士になったどころではないと、斉藤氏は感嘆しておられる。


 ●讃美歌は日本近代詩の形成に関わっていたか?

 明治の始まりと共に、多くの学者、文筆家がキリスト教に帰依し、またはその影響を蒙って来た。しかし、私の狭い見聞の範囲では、精神的にはともかくも、日本近代詩の形成と讃美歌との直接の関わりを示すような文献を見つけることは出来なかった。

 ところで斉藤氏は、讃美歌と日本文学の関わりについてその著書の中で、次のように述べている。

    我が国の母語を持って歌われた讃美歌が文学としていかなる発達を見、いかなる影響を与えて
    きたかを知ることは、決していたずらに先人の遺産を数えるだけで、将来の進歩を計らないと
    のそしりを招くことにはなるまい。
    かような検討を加えた論文などは、つとにあるべくして、まだない。少なくとも筆者は本書の
    初版1940年までに、寡聞にしてその存在を知らなかった。それであるから、おこがましく
    とも、門外漢ながらいささか愚見を述べてみる次第である。


 斉藤氏の所論によると、島崎藤村はその著書「桜の実の熟する頃」の中に新撰讃美歌第4歌(現讃美歌第319番:但し該当節は改訂されている)の一節を引用掲載しているのみならず、これに酷似している自作を「若菜集」の中に収めているとのことだ。

    「明治21年新撰讃美歌より」    ゆうぐれしづかに     いのりせんとて
                         よのわづらひより     しばしのがる

    「若菜集:ゆうぐれしづかに」    ゆうぐれしづかに     ゆめみむとて
                         よのわづらひより     しばしのがる


  斉藤氏は、讃美歌の新体詩形成への影響について更に次のようにも述べている。


    明治20年代の青年詩人、すなわち、明治詩壇の主潮を作った人々に対して、作詩の刺激を
    与えたのは、明治15年の「新体詩抄」ではなく、「新撰讃美歌」とその前年から出はじめ
    た3冊の「小学唱歌集」並びに森鴎外など新声社同人の詩を集めた「於母影」であろう。
    ・・・・・
    「新撰讃美歌」は文学上の影響に於いて「於母影」程ではなかったかもしれないが、とにか
    く明治詩史上大いに注目すべき詩集である。少なくとも蕪雑な「新体詩抄」に比べれば、は
    るかにまさる。


 ●おわりに

 私個人、キリスト教の日曜学校や賛美歌には忘れられない想い出が数多くある。日本敗戦の直後、米軍の従軍牧師らから心温まる物的・精神的な支援を受けた。彼らから英語も学んだ。英語でしか歌えない賛美歌もいくつか覚えている。その時に歌い覚えた賛美歌の合唱の美しさが忘れられず、その後、賛美歌集を通じて見よう見まねで和声学を勉強したこともあった。

 このような感傷的な思いから、日本近代詩と賛美歌との関わりを追い求めたのだが、斉藤勇氏の「讃美歌研究」は、私の渇きともいうべき願望を楽しく満たしてくれた。感謝。
                                           [2004.8.1]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。