日本近代詩史の研究書

古書店礼賛(2)

 先日、日課となっている近くの古書店のぞきに出かけた。
 その日は1冊3500円の古書がずらりと並んでいる。そのあまりの高さに顔をしかめつつ本のタイトルを見て いると、「明治大正詩選・詩話会編」という本が見つかった。この本は大正12年に新潮社から定価2円80銭で発行されたもの。当時としてはかなり高価な本であったろう。

 その目次を見て、私の手は震えた。何と、中西梅花、松岡国男、田山花袋、宮崎湖処子、太田玉茗、大町桂月、塩井雨江、武島羽衣など、名前だけしか聞いたことのない日本近代詩黎明期の詩人の詩が、本人の経歴などとともに紹介されているではないか。これらの詩は、私の一生の間に読むことはないだろうと思っていたものばかりである。

 さらに本の内容をよく見ると、明治2年から大正8年までの日本詩壇の動向、及び同期間における詩関連の単行本、雑誌並びに評論集が発表年月順に詳細に網羅されている。日本近代詩の研究資料として、原本にあたる事を除けば、もはやこれに勝る資料はないだろう。

 これだけの本が大正12年によくも編集されたものであり、装丁に多少の傷みはあるものの平成16年まで無事に残っていてくれたと、何のためらいもなくその本を購った。
 この本を編集した詩話会のメンバー「白鳥省吾、川路柳紅、福田正夫」の労苦にただただ感謝である。

 ところがそれから旬日を経ずして再びその古書店を訪れると、書棚に「現代詩の研究」という古書が別枠で並んでいる。値段は6500円である。私は再び顔をしかめた。あまりにも高い。

 買う意志もなく本の目次を見て驚いた。

          河井酔茗           新体詩概説
          日夏耿之介         日本象徴詩の研究 
          福士幸次郎         自由詩の発達とその研究
          散文詩の展開          春山行夫
          日本詩の通って来た道     三木露風

 このいずれも、それぞれの時代に活躍した詩人が自らの歩んだ道を回顧して表した論文ばかりである。特に河井酔茗の「新体詩概説」は、日本近代詩の黎明期を余すことなく論述した、貴重な論文である。さらにこの本では、島崎藤村、蒲原有明、横瀬夜雨、川路柳紅、加藤介春、萩原朔太郎、白鳥省吾らが明治大正詩壇についての想い出を述べている。

 ああいい本だという気持ちと、高い本だという気持ちがしば心中で争ったが、財布に金があったのが運の尽きで、とうとう買ってしまった。この本は昭和10年に河野成光館から初版が発行され、定価は1円50銭。日焼けと手あかで多少の汚れはあるが、カバー付きの本である。

 家へ帰って早速読みふけったが、河井酔茗の論文は期待に違わず、日本近代詩黎明期を詳細に論述しており、ここ数年間私が抱き続けてきた疑問に真正面から答えるものであった。欣喜雀躍。

 この2冊の古書に、結局、私は万金を投じたことになる。何の悔いもない。どこかで飲む酒を減らせばよい。
 天牛堺書店。有り難う。
                                     [2003.2.10]


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。