厨川白村の「英詩選釈

 厨川白村という名前に、私は18歳からこの方、なぜか惹かれてきた。

 厨川白村、本名は辰夫、明治13年に京都に生まれた。東大英文科卒業後は京都大学で教授として英文学を講ずると共に、欧米文学の知識をもとに近代思潮を背景にした文芸評論・文明批評に活躍した。大正12年9月1日、関東に出張中に関東大震災に遭遇し、不幸にも鎌倉で横死したと記録にある。

 私が彼の名前にずっと惹かれて来た所以のものは二つある。

 その一つは、白村が大正9年に「象牙の塔を出て」という本を出版し、英文学者である彼が大学という「象牙の塔」の枠から出て、第1次世界大戦後の日本の社会変動に際して、文芸批評から広く社会評論にまで踏み出したことである。これ以来、「象牙の塔」という言葉が日本に定着した。
 また大正11年には「大阪朝日新聞」の連載記事として「近代の恋愛観」を発表した。彼は主としてロバート・ブラウニングの詩に見られる恋愛の純真な感情表現により、それまでの恋愛を肉欲視する道義家の説に対して近代的人間観に立つ恋愛を主張した。

 私が旧制高等学校に入学したのは昭和22年、戦時体制から開放され思想的に自由を謳歌しだした社会的風潮と自分の思春期が重なり合って、厨川白村の「恋愛至上主義」という言葉を学校の先輩から口伝えに聞き覚えはしたものの、その著書を目にする機会には全く恵まれなかった。是非その所論の詳細をつまびらかにしたいと思っていたが、その思いは叶えられることなくとうとう今日にまで至ってしまった。

 その二つは、厨川白村の京都大学における講義内容を何とか知りたいと思っていたことである。彼の所論は自らの英詩・英文学の研究を通じて、欧米の文芸思潮を体系的に展開したのであるから、せめて彼の英詩の研究内容、あるいは講義内容だけでも何とか知りたいという願望は、私が大学を卒業した後も、常に心の奥底に沈潜していた。
 
 その後色々調べているうちに、厨川白村の没後である昭和代4年に、改造社から「厨川白村全集全6巻」が発行されているのを知った。古書店の在庫を調べると、かなり高価で販売されていることも知った。しかし、それだけの対価を払ってまで白村全集を購入することに躊躇していたところ、私の定期訪問先である天牛堺書店の店頭に、なんと厨川白村全集第6巻「英詩選釈」が、全く無傷で並べられているではないか。価格は450円。50数年来の待望の書籍を、450円支払って自らの所有としたときは、まさに天にも昇る心地であった。

 帰宅後さっそくその書籍を開き、目次に目を通した。案に違わず、最初に取り上げられている詩はブラウニングの「 Love Poems 」である。次にイェーツの「 Lyrics 」、キーツの「 Two Odes ]が取り上げられ、まさに垂涎の内容である。その他10人を超える詩人の英詩が取り上げられているが、なぜかシェリーの詩が見あたらない。ご存命であれば、シェリーが白村先生の選に漏れた理由を直接にお聞きしたいところだ。

 厨川白村全集の他の5巻もほしいところだが、私は75歳に近く、今更、恋愛至上主義を唱える年齢でもないので、それは諦めることにする。手に入ったとしても、それを読み切る自信も余り無いのが実情だ。

 最後に、古書店めぐりをしていて、つくづく感ずることがある。昔の人はよく勉強し、実に各種の全集を発行し、それを購入していたものだ。そうして保管されていた貴重な書籍が、段々古書市場に流れてきている。
 私にとってそれは有り難いことであるのだが、親の蔵書を処分するという、若い世代の活字離れがどんどん進 んでいる一面を見せられて悲しくもある。
                                           [ 2004.8記 ]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。