旧制富山高等学校

わが母校はいま

 ●富山高等学校の閉校

 我が母校である旧制官立富山高等学校は、昭和25年3月、最後の卒業生を送り出して、創立後26年でその門を閉じた。学校創立以来、この門から巣立った青年は約 2,700人であった。

 富山高等学校の最後の1年は、新制富山大学教養学部と同居して運営された。学校の門表に掲示されている学校名は、
    「富山大学教養学部、富山高等学校」 
と書かれている。高等学校生は怒った。「我々が卒業するまで、この学校のあるじは富山高校生である」と。そして、門表を取り外して捨てたのである。この騒ぎは数度繰り返された。

 当時の富山高等学校生は、富山大学生を憎んでこの挙に出たわけではなかった。それどころか、寮では両者が仲よく共同生活を営んでいたのである。
 我々の怒りは、当時の米国占領軍の指示に従って、明治初期から続いてきた日本の高等学校制度を破壊した文部省への、あるいは日本政府の弱腰政策に対するささやかな抵抗であったのだ。

 富山高等学校校舎は、その後富山大学文理学部として使用されてきたが、昭和37年に同大学が富山市五福に全ての学部を集結することとなり、全校舎を売却閉鎖することなった。
 富山高等学校同窓会は、同年8月、懐かしい母校に集い、旧校舎に別れを告げて幾星霜の労をねぎらったのであるが、一つの窓、一つの扉にも過ぎ去った高校生活が想い出され、出席者は万感胸に迫る思いであった。

 ●富山高等学校の跡地のいま。

 富山大学理学部が富山市五福に移動した後、この跡地の処理について種々議論があったようだが、富山県、富山市のご理解と、何よりも富山県の教育界に多大な功績を残した馬場はる子氏の功績を顕彰することとして、旧制富山高等学校の跡地全ては「馬場記念公園」として保存されることとなった。
  
 多くの植樹が行われた。馬場はる子氏の胸像、旧制富山高等学校の初代校長南日校長の胸像、その他富山高等学校を記念する多くの記念碑が木立の間に立てられている。

 公園設立後約40年を過ぎたいま、植樹された木々は空高く伸び、敷き詰められた芝は行き届いた手入れによって緑の絨毯となり、旧制富山高等学校で学び育った青年の大志を示すかの如く、富山高等学校の跡地は生まれ変わっている。

 学校の閉校後、我々はこの地で全国同窓会を7回開催した。集うたびに、同窓生は年を加え出席者は減少してきた。平成12年10月、最後の富山高等学校全国同窓会がこの地で開催された。もはや相まみえることもないであろう学友に別れを告げる人々の群れが、校舎の、あるいは寮の跡をたどり、昔日の想い出を偲んだ。

             ああよしさらば 友びとよ    
                また かの丘に集いして
             情けの美酒(うまき)  酌み交わし
                歌いあかさん  春の夜を

             ---- 富山高等学校寮歌 丘の団欒(まどい)より ----

 旧制富山高等学校生徒がこの地を訪れることは年々少なくなるだろう。

     だが、我々が仰ぎ見て通学した立山連峰は厳然としてこの地にいつまでも屹立する。
      立山連峰の雪解け水を集めて流れる神通川は滔々として富山湾にそそぎ続ける。
         馬場記念公園の木々は回り来る春とともにその緑をいや濃く繁らす。

     われらが旧制富山高等学校への憶いよ、われらを育てた天地自然とともに永遠であれ。

       馬場記念公園

             馬場記念公園  ----  旧制富山高等学校跡地
                                          (2004年3月記)

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。