旧制富山高等学校

わが母校

  我が母校である旧制官立富山高等学校の同窓会が2000年11月6日に開催された記念祭で解散された。これまでは次回に開催される記念祭で又会えると思っていた先輩や同輩に、これから再会できる機会は殆どなくなる。寂寞感は甚だしい。
  
 今では旧制高等学校が存在していたことを知る人が少ない時代になってしまったが、旧制高校生がどのような教育を受け、どのように生活していたかを伝えるホームページを作りたいと考えている。 関心のある方々のご協力をお願いしたい。
                                            


 ●富山高等学校の生い立ち

 旧制富山高等学校は、昭和天皇ご結婚の記念行事として、富山県で古くから回船業を経営していた馬場家の親権者馬場はる子氏が、7年制高等学校設立を目的として、大正12年に富山県へ100万円の寄付を申し出られたことに始まった。
 この申し出を受けたとき、富山県当局は馬場はる子氏の申し出のあまりの壮大さに唖然としたと伝えられている。馬場氏は学校運営資金としてさらに34万円を追加寄付された。

 かくして富山県は急遽大正12年、文部省に対し公立7年制高等学校設立の申請を行った。この年9月1日、東京に関東大震災が発生し、文部省も地震の被害を受け建物は火災被害を被ったが、文部省担当官滑川浅次郎氏は燃えさかる火中に飛び込んで富山高等学校の設立申請書類一式を運び出したのだ。
 滑川氏の決死的行為により焼失を免れた申請書類を中心に、文部省での審査は順調に進められ、大正12年10月、公立富山高等学校の設立が正式に認可された。

 翌大正13年に、尋常科第1回生徒80名が入学した。この生徒達はいわば中学生である。小学校教室2室を間借しての開校となったが、教職員・生徒ともに建学の意気高く熱心に勉学したと伝えられている。
 大正14年、第1回の高等科生徒80名が入学した。先に入学した尋常科生徒達とともに、彼らは足場のまだ残る新築校舎で授業を受けることとなったが、

 「新しい木の香り、生々しいペンキの匂い、長い廊下、新しい窓、庭からふり仰ぐ劔山の勇姿、すべてが清新の気に満ちている新校舎に立って、誰の胸にも新しい学風を建設する喜びが自ずから湧いてくるのであった。」と、富山高校10年史は当時の模様を記録している。

 富山高等学校の敷地は富山県上新川郡大広田村蓮町(現富山市蓮町)に決定された。この場所は富山市の北方約4km、富山市から東岩瀬に通ずる岩瀬街道に沿い、都塵を離れた小高い土地で、その総面積は57,700平方メートルであった。
 東には立山連峰がその偉容を示し、西には神通川が洋々と音もなく海に注ぐ。眼を北に転ずれば有磯海(富山湾)は広々と波頭を閃かせ、晴れた日には遙か彼方に能登半島の姿を望むことができるが、厳冬となれば朔風がシベリヤから襲いかかる。
 この地は、自然の厳しさと美しさとを多感な生徒達に体感させ、厳しさに耐える不屈の精神と美しさを愛でる抒情の心情を、身をもって学びとらせるのにまさに最適の地であった。

 富山高校初代校長は南日恒太郎先生であった。先生は北陸の地に優秀な教授を招き、学問水準を高めるために色々腐心されたが、その方策として、各学科毎に研究室を作ること、教授陣を海外に留学研修させることを定めた。
 またラフカディオ・ハーン氏のご遺族が同氏の蔵書文庫をどこかに寄付したいとの意向のあることを知り、南日先生は万策を尽くしてこの蔵書を富山高等学校として購入したのだ。その購入資金1万5千円を、またまた馬場はる子氏の全額寄付に仰いだのであった。

 南日先生は、昭和3年7月20日、岩瀬浜で生徒達と遊泳中に心臓麻痺で急死された。先生の急死を聞いて、生徒達は暗然として涙をのみ、天の無情を恨んだという。

 南日先生は常日頃、次の言葉を生徒達に述べられた。

            Genius is the transcendent capacity of taking trouble first of all.
           天才とは何よりもまず労をいとわぬ超凡的能力を言う。

          Learning, like the lunar beam, afford light, not heat.
           学問は猶月影のごとし、光を供すれども、熱を供せず。

              「人間の最も貴き作品は自己なり。」

 生徒達は在学の3年間、常にこの訓しの何たるかを考え、意欲を旺盛にし、自己を形成し、勉学に励んだのである。

                 反省、進取、協調。 

           これらが富山高等学校の掲げる旗標であった。
                                            [2000.1.1]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。