掲載したい大正・昭和初期の名詩・名曲

 北原白秋、三木露風、西條八十などの詩人、中山晋平、山田耕筰の各氏は、日本における大正中期以降昭和時代の音楽文化に大いに貢献した。多くの歌が一般の人々によって、また音楽家によって歌われた。それらの歌の一部は音楽教科書に掲載され、学校で歌われていた。

 また多くの先人のご努力により日本には唱歌・童謡という音楽分野が切り開かれ、幼稚園で、学校で歌われてきた。明治・大正・昭和の各時代に幼少期を過ごした世代にとって、これらの旋律を聞くたびに懐かしい、美しい自然の情景が脳裏に想い出される。

 しかし、これらの作品が文部省の方針によって教科書に取り上げられなくなってから、若い人には全く知られなくなっている。
 わたしはそうした名詩・名曲を自分のホームページで取り上げ、一人でも多くの人に聴いて頂きたいと念じて、一時山田耕筰の作品を取り上げたが、ある人から著作権法違反だと指摘を受け、そうした曲を私のホームページから取り下げた。

 今の若い人で、「からたちの花」を知っている人がどれだけいるであろうか。「背くらべ」を歌える若い人は何人いるであろうか。
 このような忘れられつつある名曲や童謡を、少しでも若い人に聴いてほしいと思っても、その気持ちは法律によって封じられている。

 今年に入り、北原白秋、中山晋平の作品の著作権が消滅した。これからこの両氏の作品を次第に取り上げることとするが、著名人の死後を指折り数えて待たなければならないとは、悲しく残念なことである。

 ちなみに、著作権の消滅は作者の死後50年となっているが、もともと日本では25年であった。それをアメリカの圧力で50年まで延長さされたのである。アメリカ・ポップスの著作権保護のために、素晴らしくも懐かしい日本歌曲・童謡の普及が阻害され、命を縮められつつあるといってもよいのではないか。
                                           [2003.11.20]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。