わが故郷

青島 (1)

 1999年7月中旬に、私は生まれ故郷「中国青島市」へ戦後四度目の里帰りをした。最初に帰った平成5年の状況に比べて、青島は大きく変わりつつある。私が生まれた家は今も残っているが、陋屋と化した。ドイツ統治時代の古い建物は一部を除いて荒廃しているか、すでに立て替えられている。
 存続している古い建物の内、小学生だった我々がよく遊びに行った時計台(基督教福音堂)の線画を紹介する。

              

 この福音堂は最近補修され、毎週日曜日には礼拝が開かれているとのこと。ここで中国語の賛美歌集を購入したが、なんと楽譜は数字譜であった。日本で歌われている賛美歌とは異なる曲が多くあった。
 時計台の名の由来する、屋根に設置された時計は、正確に時を刻んでいた。
                                         [1999.8.25

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    青島物語 に移る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。