わが故郷

青島(2)


  現在、天主教堂と呼ばれている建物は、以前は      
 カトリック教会と呼ばれ、1934年にドイツ人神父に
 よって建立された。当初は100メートルの尖塔を計
 画していたらしいが、資金難のため現在の高さ
 になったという。

  文化大革命の時期を含め、第二次世界大戦後、
 長らくこの教会は閉鎖されていたが1982年に開放
 され、その時には復活祭が催されたとか。

 
 汽船に乗って日本から青島市街に近づくと、まず最
 初に見える建物がこの教会だったそうだ。この教会
 は青島に在住した多くの日本人にとって、郷愁をそ
 そるモニュメントなのだ。
  だが今では、多くの高層建築の中に埋もれてし    
 まっている。

 私はこの教会が併設していた幼稚園に、2年間通園していた。この教会と、この教会の周囲にある石畳の道路が、幼稚園から小学校にかけての通学路として、私の忘れられない想い出の場所なのである。

 以前幼稚園であった建物は、今は海洋局の事務所になっており、中に入れなかった。残念なことには、旅行当時、この教会の裏通りは鮮魚の自由市場となっており、冷蔵庫のない炎天のせいで強烈な魚の悪臭に付近一帯が覆われていた。

 教会自体は一般の有料立ち入りが認められ観光スポットになっているのであるから、現在は、鮮魚自由市場はすでに他の場所に移っていることを期待している。
                                         [1999.9.25]


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    青島物語 に移る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。