小学国語読本 巻二 「山ノ上」

●はじめに

 私は昭和12年に、中国青島で青島第2小学校に入学した。当時青島には約2万人の日本人が居留しており、青島近郊には日本人小学校が3校、中学校が1校、高等女学校が1校、商業学校が1校あった。

 昭和12年7月には北京郊外で日本軍と中国軍の戦闘が発生し、いわゆる日中事変が勃発した年であった。私が1年生の最初の夏休み中にこの事変が発生したのだが、多分その事変発生の日の夜、中国人が家の前を大勢で声高に叫びながら通り過ぎていったことをかすかに覚えている。

 結局それから10日も経たない間に、青島居留の日本人は青島から引き上げることになり、私たち家族はまず大連へ、そして戦争が収まる気配もないところから岐阜市の祖父母宅へと引き揚げていった。私の小学校1年生の2学期は、このような理由から岐阜市加納第一小学校で迎えることになった。


●小学国語読本 巻二

 加納第一小学校へ編入になった私は、多分、そこで新しい教科書を一式頂いたのだろうと思う。当時、小学校の教科書は国定教科書であったから、内地でも外地でも同じ教科書を使っていた。国語の教科書は「小学国語教科書 巻二」をもらったと思うのだが、実はこの頃の小学校での授業のの想い出は全くない。ところが、次の掲げる国語教科書巻二の冒頭の詩だけは、全文ではないのだが覚えていたのだ。

               

               

 最近、私の畏友K君から、昭和初期に使われた教科書の原本を頂いた。その教科書の第1ページ目からこの詩が印刷されている。詩の各連ごとに1ページが与えられ、それぞれのページに挿絵が入っている。ここでは3ページ目の挿絵だけをスキャナーで取り込んで掲載することとした。

 何しろ今を去る60年前に使われていた教科書であるから、紙は黄ばみインクも色落ちしているので、白い雲も青い海も変色している。だがこの教科書を60年ぶりに手にして、なぜ私が一部にもせよこの詩を覚えていたのか、改めて考えさせられた。

 ●この詩をめぐる思い

 この詩を初めて読んだとき、我が家の裏に山がもしあったら、自分も登って山の向こうに何があるのか、見たいなと考えたことをかすかに覚えている。この詩には、少年に夢を与え、何か広々とした望みを感じさせる大らかな雰囲気が感じられる。

 K君は、「投稿による総合文芸誌 あとらす」の編集人である。その最新号で、K君は我らのの共通の友人であったS君の死を悼んで、概要次のような追悼文を掲載している。


   過日亡くなった、私の旧制高等学校からの友人であるS君は、この「山の上」から強い刺激を受け、
  「向こうの山に登ってみたい、山の上を眺めてみたい」との希求が一生を通じて変わらぬものとなり、
   旧制京都大学で地質学を学び、卒業後は通産省地質調査所に永く勤務、その後名古屋大学、四日市
   大学で教鞭を執り、常に地球のどこかをを歩き回って、少年時代からの夢であった地学・地質学の
   研究を続けたのであった。


 多くの幼い子供に夢を与えたであろうこの詩の作者は、今となっては全く判らないと思う。私が密かに想像するところ、この作者は大正デモクラシー時代の童謡文学に影響を受けた、当時新進気鋭の若い文学者または教育者であったのではないだろうか。

 それというのも、この教科書の初版は昭和8年であること、この詩には軍国主義・国粋主義の片鱗もなく、むしろ子供達の闊達な夢をかき立てるロマンがあることから、まだ自由に物を考えられた世代の人の作品と窺われるからである。

 小学国語読本巻二では19題目の教材を学ぶのだが、その中の7題目が詩である。それらの詩は、それぞれに子供の心を捕まえてしまう、すばらしい作品である。これらの詩を教材として選んだ当時の担当文部官僚はなかなかの文学好きであったのに違いないと、これも又私の邪推である。
 あえて特記するが、この19題目には軍国主義や国粋主義に関わりのある表題・内容は1題もなかった。


 英国の詩人  John Keats  は詩を次のように定義している。


  Poetry should strike the reader as a wording of his own highest thoughts, and appear almost
  remembrance.

  詩とは読者に、それが自分自身の最高な考えを表現した言葉である、とその詩を読んだときに悟らせ、
  しかも忘れていたその言葉をいま想い出した、と感じさせるものでなければならない。


 この「山の上」は、キーツが定義した詩に何となく当てはまるような気がしてならない。
                                         [ 2004.12月記 ]

                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。