わが音源

Roland と YAMAHA

 
 まずメロディ入力用の音源であるが、1998年に Roland のSC-88VL を購入した。その2年後に、  Roland の宣伝に惹かれて SC-88ST Pro を購入した。だがクラシックしか入力しない私にとっては、前のモデルの方が音色的に好感が持てるので、未だに SC-88VL の音色マップを主に使用している。

 その後、高等学校時代の校歌・寮歌を約34曲編曲し、そのCDを作るために1999年にCD-Rを購入した。比較的早くCD-Rを購入したので、その後この機器の技術の発展と価格の低下には、全く頭に来るような思いに打ちのめされた。現在は、他に2台ものCD-R/Wを持っている。

 最近になってヤマハの音色が聞きたくなり、ソフマップへ行ったところ MU2000 の新古品(中古品にあらず)がメーカー保証付きで安く売られていたので、思い切って購入した。現在、音色の特長を色々調べているが、これも基本的にはポピュラー系の音色であるようだ。ただしピアノの音色は Roland より優れているように思うので、今後ベートーベンのピアノ曲を MU2000 で入力したいと考えている。

 70才を超えてから、誰にも教わらずにシーケンサーやら音源やらの操作方法を独習することは大変である。恐らくシーケンサーも音源も、その性能の10%程度しか利用できていないのではないか。さりとて、今更誰かに習うのも何となく口惜しいので、もっと独習を続けるつもりだ。
                                           [2002.4.10]


 「三つ子の魂百までも」とはよく言ったものだ。私はよい音色を求めてその後、Roland社の SD90 を購入した。正直の話、SD90 の音色の特徴がまだよく分からない。だが、音楽をMP3でアップロードするようになると音源の音色がそのままインターネット上で評価される。ということで、今、各音源の特徴を再度評価しているところだ。SC-88VL の音色はクラシック曲向きだという私の5年前の評価は、今も変わりがない。

 いい歳をしていつまでこんなことをするのかと思うこともあるのだが、当分やめられそうにもない。
                                            [2008.4.3]


                    
 
                    プロローグ に戻る。
                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の音楽 に移る。
                    トップページ に移る。