Wandrers Nachtlied

( さすらい人の夜の歌)

ヨハン・ウォルフガング・ゲーテ
Johann Wolfgang Goethe
                 

     Wandrers Nachtlied             Ein Gleiches

      Der du von dem Himmel bist,            Über alles gipfeln
      Alles Leid und Schmerzaen stillest,         Ist Ruh,
      Den der doppelt elend ist,              In allen Wipheln
      Doppelt mit Erquickung füllest,           Spürst du
      Ach!ich bin des Triebens müde!          Kaum einen Hauch;
      Was soll all der Schmerz und Lust?          Die Vögelein schwaigen in Walde.
      Süßer Friede,                   Warte nur, balde
       Komm, ach komm in meine Brust!          Ruhest du auch.

               
        さすらい人の夜の歌              同じく

       天上に まします あなたは、           山々の  頂きに
       全ての 悲しみと苦しみを 静める。        静けさが  ある
       二倍の 悲しみを 持つ者に、           木々の  梢には
       二倍の 励ましをもって 満たす。         僅かな  そよ風すら
       ああ私は 欲情に 疲れている!          お前は  感じない;
       この 苦痛と歓楽は 何だろうか!         鳥たちは  森の中で 静まりかえる
       穏やかな平和よ、                 待てしばし  程なく
       どうか 私の胸の中に 来て欲しい!        お前も  安らぎに入るから。
                       (Tad 翻訳)


 ゲーテは心身の休養のために、しばしばある山小屋を訪れた。そしてその山小屋の壁に、左側の詩を書き付けたという。ゲーテが30歳の頃の話である。この頃、ゲーテはワーイマール公国の宰相として、政務多忙であった。
 ゲーテのこの詩は、仕事に、はたまた恋に悩む壮年期の男性の心情を、僅か8行でよく表している。記録によればこの頃、ゲーテはワイマール公国の主馬頭の妻であるシャルロッテ・フォン・シュタイン夫人と恋仲に陥り、その関係は10年も続いたとのこと。

 晩年、ゲーテは又この山小屋を訪れ、壁に書かれた自分の詩を見て、さらに右側の詩を詠んだという。
 右側の詩の最後の2行について、「お前も」という言葉を「われも」と置き換えれば、80歳を過ぎたゲーテが自分の死を迎える気持ちを表したのではなかろうかと推量される。少なくとも、私にはそう思えるのだが。



 この詩を初めて目にしたのは今から70年前、私が旧制富山高等学校のドイツ語授業で、余川先生から教材として頂いた教科書であった。教室で問題になったのはこの詩の評釈ではなく、左側の詩に使われている代名詞「du」と2個の関係代名詞「der、den」の解釈であったように思う。読み直してみて、今更ながらにドイツ語は難しいと思う。

 これら二編の詩を最近になって読むようになったきっかけは、我らの碩学の友であった関西大学社会学教授K君が「レクラム版ゲーテ詩50編」をドイツ土産として買ってきてくれた事による。彼は、我々が毎月開いていた昼食会で、常に最近の社会学の研究成果を聞かせてくれたものだった。彼は学会での発表をドイツ語で行い、質疑応答も堂々とドイツ語で渡り合ったとか。そのK君が亡くなってからもう4年が過ぎようとしている。寂しい。

                                         [2014.7月 記]



    ( 真実は偉大だ --- C.パトモア  は 「想い出の詞藻」 に移動しました。)


   

   想い出の詞藻 に移る。
  私の音楽ノート に移る。
  想い出の音楽 に移る。
  青島物語-続編 に移る。
  プロローグ に移る。
  トップページ に戻る。