追憶の詩---Alfred Tennyson


      I hold it true, whate'er befall;       何が起ころうとこれは真実だ; 
      I feel it when I sorrow most;        悲しみの極みの中でも同じ思いだ; 
      'Tis better to have loved and lost     愛してその愛した人を失うことは 
      Than never to have loved at all.      全く愛さなかったよりもよいことだと。
            
                      [Alfred Tennyson]   [Tad 訳]


 19世紀の英国詩人、Alfred Tennyson が、ある人の死に捧げた "In Memoriam"(追憶の詩)という長編詩の一節から。

 昭和26年のある夜、ラジオの放送劇で引用されたこの詩に強く打たれて、早速岩波文庫の翻訳版からこの節を探し当てた。500節、200ページを超える長編詩の中から、わずか4行のこの節を探し出すことは大変であった。私はさらに原詩を求めたが、当時の日本では、どうしても探し出せなかった。

 昭和50年代、私はオーストラリアの現地法人で仕事をしていた。詩の好きな現地人のスタッフから、幸いにも "In Memoriam" を借りることができやっと原詩のこの部分を探し当てた。最初にこの詩をラジオで聴いてから、実に四半世紀後のめぐりあいであった。

 だが今となれば、私は娘の死を悼むために、この詩を探したことになってしまった。

 昨年7月、娘は38歳の若さでこの世を去った。それ以来、私の心は安まったことがない。この詩を読んでも、悲しみが薄まることはない。
 かすかに微笑むようにして、花に埋もれて別れていった娘の面差しは、片時も私の心から消えることはない。
                                   [1997年7月記] 

                   

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ  に戻る。