青春の追憶---島崎藤村
               


            朝はふたたびここにあり
            朝はわれらと共にあり
            埋もれよ眠り行けよ夢
            隠れよさらば小夜嵐

                   諸羽(もろは)うちふる鶏(くだかけ)は
                   咽喉(のんど)の笛を吹き鳴らし
                    けふの命の戦闘(たたかい)の
                   よそほひせよと叫ぶかな

            野に出でよ野に出でよ
            稲の穂は黄に稔りたり
            草鞋(わらじ)とく結え鎌も執れ
            風に嘶(いなな)く馬もやれ
                          (労働雑詠ー朝)より

 昭和16年頃、ラジオからこの歌がよく聞かれた。誰の作詞とも分からぬまま、私はこの曲が好きで愛唱したが、後にこれが島崎藤村の詩であることを知った。小学5年生の頃であった。

 島崎藤村。小説家としての彼の作品は今日でも愛読されるが、その彼が我が国の近代叙情詩の創始者であることを知る人は、今では少なくなってしまった。

 第二次大戦が終了した昭和20年の10月30日、岩波書店は戦後初めての岩波文庫を何種類か発行したが、その中に「藤村詩抄」が2万部含まれていた。さぞ、多くの人がこの詩抄を競って求めたことであろう。新しい文化に飢えた時代であった。
 私が購った「藤村詩抄」は、今では表紙もなく頁もすっかり黄ばんでしまったが、廃墟の中で初めて手にした戦後印刷文化の記録として、これからも私の座右を離れることはない。

                小諸なる古城のほとり
                雲白く遊子(ゆうし)悲しむ
                緑なすはこべは萌えず
                若草もしくによしなし
                しろがねの衾(ふすま)の岡辺
                日に溶けて淡雪流る

                暮れ行けば浅間も見えず
                歌哀し佐久の草笛
                千曲川いざよふ波の
                岸近き宿にのぼりつ
                濁り酒濁れる飲みて
                草枕しばし慰む 
                     (千曲川旅情の歌)より  

 旧制富山高校の寮の近くに神通川が流れていた。放課後、よくこの堤防に腰を下ろして本を読んだものだが、藤村の「千曲川旅情の歌」はなぜかその時の記憶に重なりあう。
 ひもじく、貧しい学生生活であった。雪の日には、素足の下駄履きで登校した事もあった。だが当時の高校生には、未来に託する夢があった。「小諸」とか「千曲川」という文字を目にするとき、あの多感なりし青春時代を、今でも身震いする思いで想い出す。

               時は暮れゆく春よりぞ
               また短きはなかるらむ
               恨みはともの別れより
               さらに長きはなかるらむ
                     (晩春の別離)より 

 高校生活はわずか3年で終わった。我々は最後の旧制高校の卒業生で、後輩はいない。半世紀を経た今、校門で別れを告げた仲間が、相つどって往事を語る。

               ああいつかまた相逢うて
               もとの契りをあたためむ
               梅も桜も散りはてて
               すでに柳はふかみどり
               人はあかねど行く春を
               いつまでここにとどむべき
               われに惜しむな家づとの
               一枝の筆の花の色香を
                       (晩春の別離)より
                                [1997年9月記]

                  

                 想い出の詩 に移る。
                 想い出の詞藻 に戻る。
                 トップページ に戻る。