さんまの歌---佐藤春夫


          

               あはれ
               秋風よ
               情(こころ)あらば伝えてよ
               ----男ありて
               今日の夕餉(ゆうげ)に ひとり
               さんまを食らいて
               思いにふける と。

 昭和26年頃、秋刀魚(さんま)はまだご馳走だった。当時大学の寮にいた私は、ラジオでこの詩を聞いて、独り身の男が、秋刀魚を焼く煙に目をしばたかせながら、淋しく食卓に向かっている情景を想像した。
 これぞ独身男性の詩であると考えた私は、早速本屋へ行き、佐藤春夫の「さんまの歌」の全文を求めたのであった。

              さんま、さんま
              そが上に青き蜜柑の酸(す)をしたたらせて
              さんまを食うはその男がふる里のならひなり。
              そのならひをあやしみなつかしみて女は
              いくたびか青き蜜柑をもぎて夕餉にむかいけむ。
              あはれ、人に捨てられんとする人妻と
              妻に背かれたる男と食卓にむかへば、
              愛うすき父を持ちし女の児は
              小さき箸をあやつりなやみつつ
              父ならぬ男にさんまの腸(はらわた)をくれむと言ふにあらずや。
           
 佐藤春夫。明治25年に和歌山県新宮に生まれた。少年時代より文学者たらんことを望み、中学卒業後直ちに上京した。間もなく慶應義塾に入学したが、その傍ら堀口大学と交遊を深め、与謝野鉄幹・晶子夫妻の下に出入りし、その他多くの同時代の文人との交わりを広げたという。5年後、春夫は慶応義塾を中退した。

 大正8年に、春夫は谷崎潤一郎と出会う。春夫は潤一郎から文学的に大きな刺激を受け、兄弟同様の交際を続けた。このころ、夫潤一郎に疎まれていたその妻千代に同情していた春夫の気持ちがいつしか愛情に変わり、やがて千代をめぐって春夫と潤一郎の間に確執が生じ、遂に両者は絶交してしまった。

 7年後、両者は和解し、潤一郎の了解を得て、春夫は潤一郎の妻千代と結婚することになる。「さんまの歌」は、この絶交期間中に、自身が妻に逃げられた春夫の、千代に向けた思慕の歌であったのだ。それは背徳的な愛の歌であるのだが、黒煙を立てて焼けるサンマの向こうに春夫の自嘲的な姿が浮かび、ついほろりとして彼を同情する気持ちに誘われてしまうではないか。


 10月になると、くすんだ大学の寮で食べた秋刀魚と「さんまの歌」が想い出される。

 寮の窓から見た10月の生駒連山は、夕日に赤く照り映えていた。

             さんま、さんま
             さんま苦いか塩っぱいか。
             そが上に熱き涙をしたたらせて
             さんまを食うはいずこの里のならひぞや。
             あはれ
             げにそは問はまほしくをかし。
                               [1997年10月記]

                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。