山林に自由存す---国木田独歩



                山林に自由存す
                われ此の句を吟じて血のわくを覚ゆ
                嗚呼山林に自由存す
                いかなればわれ山林をみすてし
                あくがれて虚栄の途にのぼりしより
                十年の月日塵のうちに過ぎぬ
                 ふりさけ見れば自由の風は
                すでに雲山千里の外にある心地す
                眦(まなじり)を決して天外を望めば
                をちかたの高峯の雪の朝日影
                嗚呼山林に自由存す
                われ此の句を吟じて血のわくを覚ゆ



  国木田独歩の文章に私が初めて接したのは、中学2年生の国語教科書に紹介されていた彼の作品「武蔵野」の一節であった。

  九月七日---昨日も今日も南風強く吹き雲を送りつ雲を払いつ、雨降りみ降らずみ、日光雲間
  をもるるとき林影一時に煌(きら)めく。

  この「降りみ降らずみ」という語句がなぜか記憶に残り、独歩は何時までも私の脳裏から 消えなかった。彼の小説は、学生時代、私の愛読書の一つであった。しかし、独歩が島崎藤村や土井晩翠らと共に、日本近代詩の創始者の一人であることを、私は最近まで知らなかった。

  国木田独歩は明治4年に千葉県で生まれ、山口で育った。中学二年で中退の後上京し、東京専門学校(現早大)で英語を学ぶ。早くから英語詩に興味を抱き、特に Wordsworth の詩集を愛読した。 このころ独歩は、「新日本の建立さるるに当たりて全く欠乏せるは詩歌なりとす。」と 嘆いている。彼によると、自由が日本に輸入されて憲法・議会が設立されたが、詩人の熱血である「自由」を詠出すべき詩歌の形式が日本にはないと嘆いたのである。
  しかし独歩は、当時英文学者である井上・外山博士らの主唱した「新体詩」に希望を寄せ、自らもこの新体詩によって詩作した。独歩は、「漢詩の直訳的な朗吟、七五・五七の流麗な調の外、自分自身の調」で作詩した。ここで取り上げた「山林に自由存す」は自分自身の調で作詩したものであり、藤村らが専ら七五調で作詩したのに比して、まさに自由であった。

  彼の詩作数は80を超えるが、今日それらを詠むとき、一二の作品を除いて内容的に稚さを感ずるといわざるを得ない。それにも拘わらず、独歩らの努力がなければ、日本近代詩の黄金期は違った形を取ったかもしれない。 独歩は、  
 「嗚呼、詩歌なき国民は必ず窒塞す。その血は腐りその涙は濁らん。歌えよ、吾が国民。
 新体詩は汝のものとなれり。今や余は必ずしも欧詩を羨まず。」
と述べた。

  自由を求め、自然を愛し武蔵野を愛した彼は、明治40年に僅か37才でこの世を去った。

              なつかしきわが故郷は何処ぞや
              彼処(かしこ)にわれは山林の児なりき
              顧みれば千里江山
              自由の郷は雲底に没せんとす
                     [山林に自由存す]より
                                 [1997年12月記]


                   

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。