邪宗門秘曲---北原白秋
                



        われは思ふ、末世の邪宗、切支丹でうすの魔法、
        黒船の加比丹(かぴたん)を、紅毛の不可思議国を、
        色赤きびいどろを、匂い鋭(と)きあんじゃべいいる、
        南蛮の桟留縞(さんとめじま)を、はた、阿刺吉(あらき)、珍陀(ちんだ)の酒を。
        目見(まみ)青きドミニカ人は陀羅尼(だらに)誦(づ)し夢にも語る、
        禁制の宗門神を、あるはまた、血に染む聖磔 (くるす)、
        芥子粒を林檎のごとく見すという欺罔(けれん)の器(うつは)、
        波羅葦僧(はらいそ)の空をも覗(のぞ)く伸び縮む奇なる眼鏡を。
                            [北原白秋---邪宗門秘曲]より


 昭和22-23年、私が初めてこの詩を読んだときの印象は未だに忘れられない。

 日射しの強い、暑い夏のことであった。寮の一室でこの詩を初めて読んだとき、その意味はさっぱり判らないのに、まるで天然色映画を見たように眼前に色が散りばみ、音ならぬ音を 聞いたような幻想にとりつかれたことを、想い出す。戦後の荒廃の中で我々がアメリカ文化を、GIとJAZZと映画を通じて受け入れたときの心情は、我らの先祖が、安土・桃山時代に南欧の文化と情景を、不安と憧憬ををもって迎え入れた時の心情に、似ていたのであろうか。 
 夏の強烈な日射しは、今も、白秋の「邪宗門」を初めて読んだときの想い出に繋がる。

 北原白秋。日本が生んだ近・現代における最高の詩人の一人である。彼は明治43年にその処女詩集[邪宗門」を発表した。この詩集は、欧州印象派絵画の持つきらびやかな色彩感覚を、韻律に富んだ修辞に託して、官能的・耽美的な神秘の世界として展開している。白秋は、詩、短歌、童謡、民謡その他、詩歌の広い領域にその活動範囲を広げ、そのあらゆる分野で第一人者の評価を受けた。常に新境地を求めて、豊饒で美しい韻律と修辞をもって活躍し、同世代や後世代の文人に多大な影響を及ぼし続けた。

 昭和17年、白秋は第2次世界大戦の激化する中、58歳でその生涯を閉じた。


         いざさらばわれらに賜へ、幻惑の伴天連(ばてれん)尊者、
         百年(ももとせ)を刹那に縮め、血の磔(はりき)背にし死すとも
         惜しからじ、願ふは極秘、かの奇しき紅(くれない)の夢、
         善主麿(ぜんすまろ)、今日を祈りに身も霊(たま)も薫りこがるる。
                       [北原白秋---邪宗門秘曲]より
                                     [1998年1月記]


                    

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に戻る。
                    トップページ に戻る。