中学生時代に読んだ漢詩三題




                 少年易老学難成        少年老い易く学成り難し
                 一寸光陰不可軽        一寸の光陰軽るんずべからず
                 未覚池塘春草夢        未だ覚めず池塘春草の夢
                 階前梧葉己秋声        階前の梧葉すでに秋声
                                          [偶成---朱熹]

 この漢詩は現在の古文教科書にも出ているはずであるから、訳する必要もないであろう。多分、私が最初に暗記した漢詩の一つで、これを読んで発奮したと記憶する。




                盛年不重来          盛年 重ねて来たらず
                一日難再晨          一日 再び晨(あした)なりがたし
                及時当勉励          時に及んでまさに勉励すべし
                歳月不待人          歳月 人を待たず
                                         [雑詩十二首より---陶潜]

 この漢詩も、前記の漢詩とほぼ同じ時期に覚えたと思う。「意気盛んな時代は二度と来ない。一日の間に朝は二度とない。だから、機会のある間に勉強しなさい。歳月は人を待ってくれないよ。」と解釈するものだと思っていた。
 処が、この漢詩を確認するためにある解説書を調べたところ、「勉励」とは勉強でなく「充実した生活を送ること」なのだそうだ。この漢詩は、青年に青春を謳歌すべしと説いているのである。勉強だけが人生ではない とでも言いたいのか。




                 男児立志出郷関        男児 志を立て郷関を出ず
                 学若無成不復還        学 もし成るなくんば復(また)還らず
                 埋骨何期墳墓地        骨を埋づむる何ぞ期せん 墳墓の地
                 人間到処有青山        人間(じんかん)到るところ青山あり
                                            [釈 月性]

 この漢詩は真宗の僧、「釈 月性」の作と伝えられている。「男児が志をたてて郷里を出たからには、学問を成就しない限り郷里には帰らないつもり。私の骨を埋めるのは、郷里の墓とは限らない。人の世にはどこへ行っても骨を埋める墓所が有るではないか。」と男子の本懐を歌い上げた力強い詩である。 月性は幕末の詩僧で、広く名士と交遊し、尊皇・海防を論じたとのこと。なお、この漢詩の作者は村松文三で、月性が酔余、文三の詩を壁に記したのを、誤って月性作と伝えられたとの説もある。



 私たちの同年者や先輩達の時代には、上級学校に行ける人たちは数少なかった。それだけに、進学する若者達はある種の意気込みを抱いて大学や専門学校の門を叩いたものである。
 今これらの漢詩を見るとき、50数年前の覇気に満ちた中学生時代を想い出す。
                                                    [1998年2月記]


                          

                         想い出の詩 に移る。
                         想い出の詞藻 に戻る。
                         トップページ に戻る。