翻訳詩人--上田 敏

          

       時は春、                The year's at the spring,
        日は朝(あした)、            And day's at the morn;
        朝(あした)は七時、          Morning's at seven;
         片岡に露みちて、            The hill-sides's dew-pearled;
      揚雲雀(あげひばり)なのりいで、    The lark's on the wing;
       蝸牛(かたつむり)枝に這ひ、        The snail's on the thorn;
       神、そらに知ろしめす。         God's in his heaven---
        すべて世は事もなし。          All's right with the world!
                       [Pipa's Song : Robert Browning---上田敏翻訳]


 日本近代詩の発展段階で、多くの詩人が海外の詩から様々な影響を受けた。それは、土井晩翠、夏目漱石、蒲原有明、森鴎外、永井荷風、西條八十、日夏耿之助などの多くの詩人がそれぞれに翻訳詩を発表していることを見ても明らかである。

 その中でも上田敏は、天才的な語学力と鑑賞力を駆使して英・独・仏・伊の詩を翻訳して明治の詩壇に大きな影響を与えた。その著書「海潮音」は明治38年に発行され、29人の詩人の57編の詩を翻訳して紹介している。つい最近、この初版本の完全復刻版を図書館で閲覧する機会があり大変感激した。

 彼の翻訳詩の大部分は、今日では紹介されることもないが、我々が学生時代に口ずさんだ彼の翻訳詩を、続けて引用することとする。


               山のあなたの空遠く
               幸(さいはい)住むと人のいふ。
               ああ、われひとと尋(と)めゆきて、
               涙さしぐみかへりきぬ。
               山のあなたになほ遠く
               幸住むと人のいふ。
                      [山のあなた---カール・ブッセ]
 

 上の詩は、我々世代の女学生に愛唱された。我々高校生ははドイツ語の原文を暗記して、高吟したものである。この詩の内容の甘美さには、今となれば、照れくさい思いである。


                 秋の日の
                ヴィオロンの
                ためいきの
                身にしみて
                ひたぶるに
                うら悲し。

                    鐘の音に
                    胸ふたぎ
                    色かへて
                    涙ぐむ
                    過ぎし日の
                    おもひでや。

                         げにわれは
                         うらぶれて
                         ここかしこ
                         さだめなく
                         とび散らふ
                         落ち葉かな。

                    [落葉(らくえふ)---ポール・ベルレーヌ]


 上田敏の功績の一つに、ベルレーヌを始めとするフランス象徴詩を日本に紹介したことが上げられる。明治期の日本の象徴派詩人は、この「海潮音」によって新しい時代の波に目を向けたのであろう。「落葉」は私の愛唱する詩の一つであった。
                               [1998年3月記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。