象徴派詩人--西條八十

           

                 下りて来い、下りて来い、
                 昨日も今日も
                 木犀の林の中に
                 吊るさがっている
                 黄金(きん)の梯子
                 瑪瑙(めのう)の梯子。

                 下りて来い、待っているのに---
                 嘴(くちばし)の紅く爛れたことりよ
                 疫(え)病んだ鸚哥(いんこ)よ
                 老いた眼(まみ)の白孔雀よ。

                 月は埋(うづ)み
                 青空は凍てついている、
                 木犀の黄ろい花が朽ちて
                 瑪瑙の段に縋るときも。
                            西條八十---[梯子] より 


  昭和10年代に幼稚園、小学校及び中学校時代を送ったわれわれ世代にとって、当時の西條八十は童謡作家であり歌謡曲作家であった。彼が作詩した「唄を忘れたカナリヤ」や「予科練の歌」を知らない人はいなかったが、多くの人は作詞者が八十とは知らず、これらの歌を歌ったにちがいない。

  昭和22年に高等学校に入学し、彼の詩集「砂金」を開いてこの詩を初めて見たとき、私はこの詩が「若鷲の歌(予科練の歌)」を書いた詩人によって作られたものとはなかなか理解できなかった。

  西條八十。明治25年に東京牛込に生まれた。生家は石鹸製造業を営み、業容隆盛であったが、後に没落した。八十は早稲田中学校卒業後、同大学英文科を主席で卒業した。26歳の頃鈴木三重吉の主唱する童謡運動に参加し、「唄を忘れたカナリヤ」を発表して一躍有名になった。27歳で最初の詩集「砂金」を発表して、たちまち象徴派詩人としての名声を高めた。

  多くの人々が、彼の詩の特質は「繊細優美な象徴的手法」にあると指摘している。 この「梯子」について、ある人は「様々な幻影のたゆたう彼方に、過去の彼女を偲ぶ青年の寂しさをうたった完璧な象徴詩である」と述べているが、同感である。


               下りて来い、倚(よ)っているのに---
               色
               光
               遠い響きを残して
               幻の獣どもは、何処へ行くぞ。

               待たるるは
               月にそむきて
               木犀の花びら幽(かす)か
               埋もれし女(ひと)の跫音。

               午(ひる)は寂し
               昨日も今日も
               幻の獣はども
               きらびやかに
               黄金の梯子を下りつ上りつ。
                            西條八十---[梯子] より


 後年、八十は「私は詩人たらんとして定型詩の構成や文語の彫琢に努力専念した。ところが学校を出てみると、詩壇では自由詩運動で定型詩は亡び、文語の彫琢も不必要という悲運に遭遇した。苦心した武器を持て余した私は、それを童謡の中で駆使した」と述べている。

 さらに八十はこの武器を、定型詩を必要とする歌謡曲や民謡の分野にまで活用したのであろう。八十が作曲した歌謡曲は、東京行進曲、東京音頭、蘇州夜曲、旅の夜風、芸者ワルツ、青い山脈、誰か故郷を想わざる、王将など、戦前戦後の大ヒット曲に名を連ねている。だが、私にとって西條八十はあくまでも象徴派の大詩人であった。

 昭和43年、西條八十は東京で没する。享年76歳であった。
                                 [1998年4月記]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。