春の歌 --- Robert Browning




               HOME THOUGHTS, FROM ABROAD

           Oh, to be England,
             Now that April's there,
           And whoever wakes in England
           Sees, some morning, unaware,
           That the lowest boughs and the brushwood sheaf
           Round the elm-tree bole are in tiny leaf,
           While the chaffinch sings on the orchard bough
           In England --- now !
                              [ Robert Browning ]



               国を離れて故郷を思う

           ああ、イギリスにいれば、
           いま4月、
           このころイギリスで朝目覚めると、ふと、
           楡(にれ)の幹の周りの大枝にも下枝にも
           小さな若葉が一斉に芽吹ているのが見られる。
           そしてまた、果樹園の木々の枝にはヒワが来て鳴いている。
           いま、イギリスにいれば----!
                               [ Tad 訳 ]



 この詩は英国の初春を、妻と共にイタリーで住んでいたロバート・ブラウニングが、故郷への懐かしさも込めて歌った、日本人にも共感できる良い詩である。

 今日では、朝目覚めて萌えるばかりの若葉の緑に春の訪れを知り、小鳥のさえずりに春の深まりを感ずることが少なくなった。だからこそブラウニングのこの詩は、春になると必ず一度は眼を通したくなる、私の愛唱詩の一つなのである。


 ロバート・ブラウニングは、1846年にすでに詩人として高名であったエリザベス・バレットと秘密裏に結婚し、その病弱な妻のためにイタリアのフィレンツェに居を構えたとのこと。この詩は、そのころに作られたものである。



 余談であるが、薄田泣菫の「ああ大和にしあらましかば」の詩のスタイルは、この詩に酷似している。興味のある向きは、私の「想い出の詞藻」で泣菫の詩を紹介しているので、ご覧頂きたい。


           四月が去り五月となれば、
           ウグイスが巣を作る、そして燕もみな。
           生け垣の洋梨の木は、花びらの雨をふらす、
           野原のクロ-バーに、垂れた小枝の蕾に、葉先の朝露に。
           鳴き声が聞こえる、
           あれはかしこいツグミ、同じ調べを二度歌う。
           始めの美しい調べを繰り返せないと思われるのがいやなのか。
           朝まだき、野原は露で白々と見えるが、
           真昼時には喜びに満ちあふれる。
           子供達への贈りもののキンポウゲは、
           けばけばしいメロンの花よりも何と美しいことか。
                     [Robert Browning :Tad 訳 ]
                                   [ 1998年5月記 ]


                   

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。