星落秋風五丈原---土井晩翠

             

                 嗚呼(ああ)南陽の旧草廬(そうろ)
                 二〇余年のいにしへの
                 夢はたいかに安かりし
                   光を包み香をかくし
                 隴畝(ろうほ)に民と交われば
                  王佐の才に富める身も
                  ただ一曲の梁歩吟(りょうほぎん)。

                閑雲野鶴空闊(ひろ)く
                風に嘯(うそぶ)く身はひとり
                月を湖上に砕きては
                ゆくへ波間の舟一葉(ひとは)
                ゆうべ暮鐘(ぼしょう)に誘はれて
                訪ふは山寺の松の風。



 昭和20年6月、中学生3年生であった我々は学徒動員され、陸軍航空廠の疎開工場で航空機 エンジンの分解・組立作業を行っていた。1ヶ月に1週間だけ、学校へ出席して勉強した。印刷された教科書はもはや入手できず、黒板に先生が書いた教材をノートに書き写して勉強した。国語の時間、「お化け」と言うあだ名の先生(申し訳ありません。先生の名前は忘れました)が黒板に書いたのが、この土井晩翠の詩「星落秋風五丈原」であった。

 この詩は、三国誌で有名な諸葛孔明が野に下って雌伏していたときに、劉備から「三顧の礼」をもって軍師にに迎えられ、漢室の再興を計り、後、丞相(総理大臣)の地位についたが、任半ばで病没するまでの孔明の生涯を詠み上げた、日本の詩壇では類を見ない壮大な歴史叙事詩の一部である。


 土井晩翠は明治4年に仙台で生まれた。第二高等学校を経て東京大学で英文学を専攻し、明治30年に卒業した。明治32年には彼の詩壇における地位を決定づけた詩集「天地有情」が上梓され、島崎藤村や国木田独歩とともに日本近代詩の創設者となったのである。
 しかし、「晩翠調」とも言うべき彼の詩の特徴をなす題材、語彙、声調は、その後日本詩壇を襲った欧米詩の流れに後れをとり、彼の名声はたちまち衰え、彼の詩の影響は僅かに旧制高等学校の寮歌に残るのみとなったのである。彼の詩集は、今日書店の店頭はおろか、地方図書館でも入手・閲覧が困難である。


                高眠遂に永からず
                信義四海に溢れたる
                君が三たびの音づれを
                背きはてめや知己の恩
                羽扇綸錦風軽き
                姿は替えで立ちいづる
                草廬あしたのぬしやたれ。

                古琴の友よさらばいざ、
                暁さむる西窓の
                残月の影よさらばいざ、
                白鶴帰れ嶺の松
                蒼猿眠れ谷の橋
                岡も替えよや臥龍の名、
                草廬あしたはぬしもなし。


 晩翠は、昭和に入ってから相次いで子女を失い、妻女に先立たれ、しかも空襲の戦火で3万冊を超える蔵書を焼失するなどの不幸な晩年を送り、昭和27年、孤独の中に82才で没した。


 この詩を読み返すとき、油にまみれて疎開工場でエンジンを組み立てていた、惨めな中3の頃の日々を想い出す。空襲で岐阜市の中心部は焼失・破壊し、廃墟の中に呆然と立ちつくしている人、ひと、人。それは虚脱と絶望そのものであった。我が家も灰燼に帰した。

 だが、昭和20年7月の夏の暑いむなしい想い出も、今では記憶から薄れてしまった。


 なお、この「星落秋風五丈原」をまとめるに当たり、大阪球場古書店街の望月書店で新潮社日本近代詩人全集の「土井晩翠」編を入手することが出来た。ここに店主に厚く謝意を表する。
                                     [1998年6月記 ]



                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に戻る。