砂州を越えて---辞世の詩
Crossing the Bar

Alfred Tennyson
アルフレッド・テニスン



             Sunset and evening star,
                And one clear call for me !
             And may there be no moaning of the bar,
                 When I put out to sea,

             But such a tide as moving seems to asleep,
                Too full for sound and foam,
             When that which drew from out the boundless deep
                Turns again home.

             Twilight and evening bell,
                And after that the dark !
             And may there be no sadness of farewell
                When I embark;

             For though from out our bourne of Time and Place,
                The flood may bear me far,
             I hope to see my Pilot face to face
                When I have crossed the bar.




                 陽は沈み夜空には星
                    澄んだ声がわたしを呼ぶ!
                 わたしが海へ踏み出すとき
                    砂州に呻きのないことを。

                 果てのない深みより寄せ来る波が
                    再び元へ戻るとき、
                 潮は満ちて音も泡もなく
                    眠るような動きであってほしい。

                 黄昏と晩鐘の響き
                    その後は暗い闇 !
                 わたしが船出するとき
                    別れの悲しみのないように。

                 時と処の境を超えて
                    流れがわたしを彼方へ運ぼうとも
                 わたしが砂州を越えるとき
                    案内人に顔を合わせたい。
                                     [翻訳:Tad]



 テニスンは81歳の時この詩を作り、これを「白鳥の歌」として自分の詩集の最後に載せてほしいと語ったという。「白鳥の歌」とは辞世の歌のことである。

 砂州とは河口または湾の入り口にある砂や岩石できた小さな堤で、これより内側にはあまり高い波は来ない。と同時に、この砂州は生命の分岐点を象徴している。これより先は死の世界である。 案内人とは神のことであろう。自分が死ぬときは、神の導きによって迷いなくこの世を船出したいとテニスンは願っているのであろう。

 死を取り上げた詩は必ずしも少なくない。以前は今ほど医学が進んでいなかったから、誰しもが死を意識し、死に直面したのであろうか。
 現代は医学が進歩したせいか、死を語るより医を語る人が増えた。長寿時代を迎えた。

 願わくば健康に生き、安らかにこの世を去りたいものだ。
                                   [2003年11月20日記]


                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。