人を恋ふる歌

與謝野鐵幹
(明治30年8月京城に於いて作る)


          
                 妻をめとらば才たけて
                  顔(みめ)うるはしくなさけある
                  友をえらばば書を読んで
                 六分の侠気四分の熱

                 恋のいのちをたづぬれば
                 名を惜しむかなおとこゆえ
                 友のなさけをたずぬれば
                 義のあるところ熱も踏む

                 くめやうま酒うたひめに
                 をとめの知らぬ意気地あり
                 簿記の筆とるわかものに
                 まことのをのこ君を見る

                 あゝわれコレッジの奇才なく
                 バイロン、ハイネの熱なきも
                 石をいだきて野にうたふ
                 芭蕉のさびをよろこばず

                      ---以下省略---


 旧制高等学校の生徒であれば、酒席でこの歌を放吟した人が多いと思う。私もその例に漏れず、先輩が歌うのを聞いてこの歌を覚えた。ただこの詩の作者が與謝野鐵幹であることは、記憶の片隅にかすかにあっただけで、鐵幹の詩と明確に知ったのは最近のことだ。
 4番の「コレッジ」とは英国詩人「コールリッジ」のことであろうが、私の学生時代にはこの部分を「ダンテ」と誤って歌っていた。

 この歌は女性を恋する歌ではない。この歌の後段に次の節がある。

                 わが歌ごゑの高ければ
                 酒に狂ふと人は云へ
                 われに過ぎたる希望(のぞみ)をば
                 君ならでかは誰か知る

 これから見るとこの歌は、自分の心情・侠気を知る友に捧げる歌であることが知れる。

 與謝野鐵幹は明治6年京都に生まれた。明治25年、19歳の時に上京し、和歌を落合直文に師事して学んだ。明治28,29年には韓国に渡って政治運動に加わったこともあるという。鐵幹の詩は韓国に渡った頃から自由奔放で情熱的な個性を見せ始めたと言われ、上記した「人恋うる歌」には、日清・日露戦争の中間期にあったの日本の世情を示した壮士的・英雄主義的な調子が感じられる。
 そのことが旧高等学校生徒の気概に通じて、この歌が長く彼らの間で歌い継がれた理由でもあったのだろう。

 鐵幹は明治32年に落合門下を離れて新詩社を設立し、翌年に「明星」を発行した。明治34年に鳳(ほう)晶子と結婚した。その後ともに詩作の創作に励み、短歌を新しい定型抒情詩として展開し、浪漫主義的な色彩を加た作品を数多く「明星」で発表した。

 私は永らく、與謝野鐵幹を與謝野晶子の夫としてのみ認識していた。しかし、彼は島崎藤村や土井晩翠とほぼ同時期に新体の詩を創作していたこと、さらに「明星」上で海外の詩を中心とした新文学の紹介に努め、日本浪漫主義文学の母体の役割を果たしたことを知って、彼の功績を今更ながらに見直している。

 鉄幹は後に慶応大学、文化学院などで教授となり、学究的な生活を送ったが、昭和10年3月、東京で没した。享年62才であった。
                                      [2004年1月1日記]

                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。