病 の 窓

                      正 岡 子 規


 
正岡子規、本名常規は慶応3年(1867)に愛媛県松山で生まれた。少年時代に政治家を志望して上京、第一高等中学校時代に俳句を学んだ。東大を中退後日本新聞社に入社し、同紙上で俳句革新を主張して「明確で絵画的な印象を効果的に与えられるか否か」すなわち「写生」が俳句の評価基準であると訴えた。この主張は多大の反響を呼び、以後子規は俳句革新の決定的勢力となった。
 子規は明治27年に日清戦争の従軍記者として戦場に赴いた。その帰任後、脊髄カリエスを病み、この後、終生殆ど病床にあったという。

 子規は俳句以外に和歌及び「新体の詩」を作っている。この詩は子規が従軍記者として帰任後、終生の病いとなった脊髄カリエスをわずらった直後に作られたものと思われ、病状に悩む彼の心理が描かれている。

 この「病の窓」は長編詩なので、抜粋して紹介する。



                 心地例ならず打ち臥して
                       はや二十日にもなりにけり。
                 ややおこたりし昨日今日、
                      書繙(ひもと)きて見んとすれど
                 読むにものうし筆とりて
                      物書かんとすれど力なし。
                 枕に倚(よ)りてうつらうつら
                      南の窓を見てあれば、
                 嵐まじりにしぐれたる
                      ゆうべの雨の音絶えて、
                 障子まばゆく照りわたす
                      小春の日ざし暖かし。

         体調が悪くなり、床に伏せてから、もう20日が過ぎた。ここ数日、
         本を読もうとしても物を書こうとしても気力が湧かない。
         枕にもたれて南の窓を見ると、嵐まじりに降った昨夜の雨も止んで
         冬の小春日和の日射しが障子を暖かく照らしている。
                    
                 庭に立てたる物干の
                      竪(たて)なる影と、其(その)またに
                  かけ渡したる竹竿の
                      横なる影と打ち違ひ
                 半ばを写す、其はしに
                      小さく黒く見えたるは
                 干したる足袋の影ならん。
                      兎角(とかく)する程にすいすいと
                 蜻蛉(とんぼ)一つ飛び出でぬ。
                      左にかけり右に行き
                 終(つい)に戻りて竹竿の
                      上に止まりて、こくこくと
                 首を動かす影しるし。
                      ふと飛び上がり消え失せて
                 足袋のほとりに現れつ、
                      再びとまる竿の上に
                 落ち着きかねて、又しばし
                      あちらこちらとかけ廻り
                 障子の外に去りにけり。


                 待てど来たらず。さては彼
                      独り遊びの淋しさに
                 昨日の友を尋ねつつ
                      いづち行きけん、やがて又
                 帰り来べしと待つ程に
                      あらぬ物こそ写りたれ。
                      

         障子には窓の外の物干竿の影が写っている。端の方に小さく黒く足袋
         の影が写っているが、いつとなく蜻蛉の影も見えてきた。右左に飛び
         回り、あるいは竿の上に止まっていたが、やがてその影は障子の外に
         消えた。
         蜻蛉の影が戻るのを待っていると、予想しない影が写ってきた。

                   ---途中、原文省略---


         写った影は疲れ果てた蝶々。蝶々に話しかけた。
         「炎天の夏や秋の嵐の中を、どのように生き長らえたのか。どんなに
         生き延びてもおまえはこの冬には死ぬであろうに、春の夢を見るとは
         あわれだ。明日になれば楽しい日が来ると今日を生きているのだろう
         が、明日のない明日が来るのだぞ。哀れだな。」

         蝶々は答えた。
         「人間界ほど、苦しみが多く楽しみの少ない処はない。我々が受ける
         楽しみは今の今だけだ。思い出す昨日も、推し測る明日もないのだ。
         執着心の多い人間は哀れだな。」
         そう言って蝶々の影は窓をはなれた。


                  --- 以下原文 ---


                 塒(ねぐら)求むる夕暮れの
                      鳥かしましく啼きたてて、
                 外面を通るわらんべの
                      友に別るる声聞こゆ。
                 いつの間となく物干しは
                      左の方に消え行きぬ。
                 芒(すすき)の影もなくなりぬ。
                      見れば右手の下つ方に、
                 もやもやとして樫の木の
                      薄き影こそ写りけれ。

                 次第次第に其影は
                      変化の如き形をなし。
                 左の上にひろがりつ、
                      一間半の窓総て
                 只薄暗くなりにけり。

                 天に懸けたる日の玉の
                      光を借りて、美の神が
                 わがつれづれを慰めし
                      天然界の幻灯は
                 終わりとなりぬ。眼を塞ぎ
                      我を休めて、知らず知らず
                 眠らぬ夢に耽り居れば、
                      眼ふたを透しひとみ迄
                 物ぞ来たりし。徐ろに
                      小窓を見れば、薄青き
                 月の光は一面に
                      鬼火の如く照れせども、
                 木の葉も落ちず、塵程の
                      物だに飛ばず、ごうごうと
                 影なき風の音はげし。

                   ---雑誌「日本人」明治27年---



           夕暮れとなり巣に戻る鳥の鳴き声や、別れを告げる子供の声が
           聞こえる。障子に写っていた物干しの影も消えススキの影もなく
           なった。下の方に樫の木の影が薄く写っているだけだ。
           その影も次第に形を変え、やがて窓全体がただ薄暗くなった。

           これは太陽の光を借りて、美の神が私のつれづれを慰めてくれた
           幻灯か。その幻灯も終わり、目を閉じてうとうとしていると、眼ぶた
           を透して月の光が障子越しに青白く照る。
           風の音は激しく聞こえるが、もはや木の葉の影も塵の影も障子に
           写ってはいない。
                                     [ Tad翻案 ]





 俳句の世界で「写生」を強く叫ぶ子規が、自分が病床ににふせる心情を幻想的に長々と述べる(全行数:162行)この詩をどのように評価したらよいのか。意見は様々であろう。
 私自身は、この詩が島崎藤村による「若菜集」の発刊以前に作られた詩であること、および抒情詩としての要件である思想・感情を直接的に表明した、何かしら詩的感動を与える作品として評価している。ただ、名詩とは言い難いだろう。

 正岡子規の俳句革新論は、この詩を発表して以降、より一層活発となったが、子規はこの後殆ど病床を離れることなく、明治35年(1902)9月、36才でこの世を去った。

       糸瓜(へちま)咲て痰のつまりし仏かな  子規
                                    [2004年1月10日記]

                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。