歎 (なげき)

藤 森 秀 夫



                 雪を畳んだ嶮しい山が
                 何時も前に聳えてゐる
                 その高い峰を、何うして越えよう?
                 峰の彼方に、美しい谷や
                 どんな幸福があるかもしれない
                 私がかうして、丘の上に立つと!
                 入日が丁度、最後の光を
                 私の生まれた家と谷間に掛けててゐる
                 私の前には
                 祖先から伝わった鯉池と、
                 葡萄棚とがある、蔵もある
                 作男が土手で、馬に草を呉れてゐる
                 何と平和な景色であらう!
                 併し私の思いは丁度あの烏のやうだ!
                 河原に裾を浸している大きな森の上を
                 今一羽の烏が低く渡ってゐる
                 私はそれを何処までも
                 眺める事が出来る
                 私は憧憬に胸を焦がしながら
                 何うして低く飛ばねばならないのか?
                             [ 詩集−こけもも ]



 藤森秀夫。詩人として彼の名前を聞くことは今日では全くないが、童謡「めえめえ子山羊」の作詞者として広く知られている。しかし私にとって、いや旧制富山高等学校の卒業生にとって、藤森秀夫はドイツ語の教官として懐かしい方なのである。

 秀夫は明治27年に長野県で生を享けた。東大独逸文学科卒業後しばらく慶応大学講師を務めたが、大正15年に請われて旧制富山高等学校ドイツ語教官として赴任され、その後昭和22年7月まで在職されたので、富山高等学校卒業生の殆ど全員が先生の名前を存じ上げている。

 秀夫は詩人として「詩話会」に属し、大正8年に「こけもも」を出版して以来「フリージヤ」「若き日影」「紫水晶」「稲」の4詩集を発表している。ドイツ文学者としてはシュトルム、ハイネ、ゲーテの詩集を9冊発行している。「三つの鍵」という短編集も発行している。

 また童謡詩作家としては「童謡詩人会」の所属し、彼の童謡は山田耕筰、本居長世、古賀政男、藤井清水らの作曲によって19曲あることが、日本音楽著作権協会に記録されている。
 上に掲げた詩は、明治40年以後の自然主義に影響された口語自由詩の特長をよく表している。ただ、率直なところ詩的情感の面から見て、特に優れた詩であるとは必ずしも言いがたい。  彼の詩集「こけもも」が発表された大正8年には堀口大学の「月光とピエロ」、矢野峰人の「黙祷」、室生犀星の「第二愛の詩集」、西条八十の「砂金」、北原白秋の「白秋小唄集」などが発表されており、当時は日本近代詩の歴史において、象徴詩から口語自由詩への移行期にあった。
 その様な状況の中で、秀夫の詩人としての真価は、むしろ童謡の分野にあったのではないだろうか。当時の高名な作曲者が彼の童謡詩に数多く作曲していることからもそのことが裏付けられよう。

 昭和8年、ドイツ語及び独逸文学の研究のため、秀夫は富山高等学校からドイツに9ヶ月間留学した。帰国後彼は学校教育に専念したと思われ、彼の詩人としての活動は昭和9年以降殆ど停止している。

 昭和5年、秀夫は富山高等学校山岳部のために「山岳部部歌」を作詞した。この詩に音楽家である藤井清水氏が作曲した。有り難いことである。この部歌は、今でも全国高等学校卒業生の登山愛好家の間で歌われている隠れた名曲である。

 その山岳部部歌を下記に掲げ、昭和38年に他界された藤森秀夫先生に、追悼と敬愛の念を深く捧げる。


                 旧制富山高等学校「山岳部」部歌

                上れ雪渓      ピッケルかけて
                春は雷鳥の     羽そめた
                熊も出ておーじゃ  夜明けの谷に
                樺の若葉が     薄化粧

                咲けよ駒草      劔の尾根に
                ロッククライミング   伊達じゃない
                夜はキャムプの   火を取りかこみ
                手柄話の       山男

                ひびけ稱名      くぐれよ黒部
                いつか紅葉に     雪が降る
                お湯は鐘釣      天然風呂に
                娑婆のあくたを    流させる

                辷れ弥陀ヶ原     シュプールつけて
                 冬はスキーヤーの  度胸の好さ
                粉雪けたてりゃ    五色のけむり
                ままよ材木坂     一またぎ

                                  [2004年2月10日記]

                    

                   想い出の詩  に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。