廃墟の恋

Robert Browning
ロバート・ブラウニング


               夏草の毛氈の、 今は唯昔しのぶのみなる
               都城の跡を、……

               ああ胸よ、ああ凍る血よ、燃える血よ、
               幾百年の
               痴愚、騒擾と罪悪が浮き世より得し
               報酬(むくい)何ものぞ
               すべてを葬れ、光栄も勝利もそのほかの総てを葬り去れ
               恋こそは無上なれ。
                                     [ 厨川白村訳 ]


 昭和10年ごろから昭和20年に日本が太平洋戦争で敗れるまで、日本の思想・文学・芸術はまさに軍国主義によって閉塞され、自由に発言する機会を全く封じられていた。加えて太平洋戦争が始まった昭和16年以降は図書の出版が困難となった。この期間は、日本の思想・文芸史上、暗黒の時期であったといえよう。

 私が旧制高等学校に入学したのはこの暗黒期の直後、敗戦後2年目の昭和22年であった。物資は乏しく思想的にも飢餓の時期であった。新しい自由な知識を求めて我々は、古書店に並ぶ明治・大正・昭和初期の本を購ってむさぼり呼んだ。そうした本の中の一つに、元京大文学部教授厨川白村氏が大正年代に発行した「近代の恋愛観」があり、その中にブラウニングの「廃墟の恋」が紹介されていたのだ。

 上に掲げた白村の訳詞は僅かに8行。原詩は必ずやもっと長いものと思い、長年にわたって探し求めていたところ、最近になってインターネットで検索してようやく原詩に巡り会えた。50年を超える探索の後の出会いであっただけに、原詩を入手したときはまさに感激であった。

 原詩は全文で84行。白村の訳詞はその一部の抄訳であった。
 以下にブラウニングの原詩の最初と中ほど、及び最終を掲かげ、拙訳を付して紹介する。





                 Love among the Ruins


            Where the quiet coloured evening smiles,
               Miles and miles 
            On the solitary pastures where our sheep
               Half asleep
            Twinkle homeward thro' the twilight, stray or stop
               As they crop・・・
            Was the site once of a city great and gay 
              (So they say)
            Of our country's capital, its prince
               Ages since
            Held his court in, gathered concils, wielding far
               Peace or war.


             夕闇が広々と静かに暮れゆく 人里離れた牧草地
             羊が黄昏の中に  草を食み 
             まどろみつつ鐘を鳴らして  のどかに家路を帰る
             この地はかつて この国の都が榮えた跡
             遠い昔王は 平和に戦争に権威を揮い
             謁見を行い 会議を開いた。


            And such plenty and perfection, see, of grass
               Never was
            Such carpet as, this summer-time, o'er-spreads
               And embeds
            Every vestige of the city, guessed alone,
               Stock or stone ・・・
            Where a multitude of men breathed joy and woe
               Long ago;
            Lust of glory pricked their hearts up, dread of shame
               Struck them tame;
            And that glory and that shame alike, the gold
               Bought and sold.


            この広々とした素晴らしい牧草地は その昔にはなかった
            いまこの夏草の絨毯は  はてしなく広がり  
            古えの都の跡を  木々や石まで埋め尽くしている
            その昔多くの人々は  この地で喜びと悲しみに息づいた
            栄光への欲望に心はうずき  恥辱への不安に卑屈となった
            その栄光も恥辱もともに  黄金で売られ買われた


            And I know, while thus the quiet-coloured eve
               Smiles to leave
            To their folding, all our many tinkling fleece
               In such peace,
            And the slopes and rills in undistinguished grey
               Meld away
            That a girl with eager eyes and yellow hair
               Waits me there
            In the turret whence the charioteers caught soul
               For the goal
            When the king looked, where she looks now, breathless dumb
               Till I come.


             いま宵闇が  静かに暮れゆく中  
             羊の群れは安らかに 鐘をならして囲いに帰る
             やがて谷も小川も  暮色の中にとけ込んでゆく
             そこには私を待つ  輝くまなざしと黄色の髪の乙女
             ゴール目がけて  夢中に駈ける馬車戦士を
             王が眺めたその城郭の櫓の跡に  乙女は言葉もなく私を待つ


            But he looked upon the city, every side,
               Far and wide,
            All the mountains topped with temples, all the glades'
               Colonnades,
            All the causeys, bridges, aquducts,--and then
               All the men!
            When I do come, she will speak not,she will stand
               Either hand
            On my shoulder, give her eyes the first enbrace
               On my face,
            Ere we rush, ere we extinguish sight and speech
               each on each.


             王は  遙か四方に広がる都を見渡した
             山々の頂の寺院  丘に立ち並ぶ柱列
             街道、橋、導水橋  そして臣下を!
             私が来ると  乙女は言葉なくそこに立ち
             両の手を私の肩に掛け  私を見つめる
             急いで柱の陰に隠れ  言葉を交わす前に


            In one year they sent a million fighters forth
               South and North
            And they built their gods a brazen pillar high
               As the sky
            Yet reserved a thousand chariots in full force ・・・
               Gold、of course.
            O heart, oh blood that freezes, blood that burns!
               Earth's returns
            For whole centuries of folly, noise and sin!
               Shut them in,
            With their triumphs and their glories and the rest!
               Love is best.


            ある年には何万の戦士が  北へ南へ送り出された
            そして空高く聳える青銅の記念塔を  神に捧げた
            しかも何千もの騎馬戦士を国内に抱えた  黄金もまた
            ああ胸よ、ああ凍る血よ、燃ゆる血よ
            何世紀にも及ぶ愚行、騒擾と罪悪への  大地の酬い
            全てを埋めよ  凱歌と栄光 その他すべてとともに
            愛こそが至上だ
                                     [ 翻訳:Tad ]


 この”Love is Best” から「恋愛至上主義」という言葉が生まれたのだが、この詩は果たして愛の賛歌なのか、あるいは何世紀にわたって繰り返されてきた人間の「愚行、騒擾、罪悪」に対する挽歌なのだろうか。

 半世紀前に厨川白村の訳詞に心を打たれ、ようやく探し求めたブラウニングの原詩を、今は青年時代とは別の感慨をもって読んでいる。
                                    [2004年3月10日記]



                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に移る。
                  トップページ に戻る。