小  川

宮 崎 湖 處 子


  
               長くもあらぬ秋の日は、
                さすらふ程に暮にけり。
                かがやきたりし夕やけの、
                空も漸くかすむなり。
                稲を刈りける賤の男(しずのお)や、
                束(たば)を結ひぬる少女子(おとめご)が、
                にぎはいたりし田も圃(はた)も、
                夕になれば人もなく、
                のこる烟をふすまにて、
                   野路の小川の水ばかり、
                   もの云いつつも流れゆく。

                知らぬ旅路にゆきくれて、
                宿りかるべく思へども、
                野中の里のほど遠み、
                しばし立ち寄る家もなし。
                鳥は林にかへれども、
                我を塒(ねぐら)にともなはず。
                鐘は間ぢかにひびけども、
                見ゆる限りは寺もなし。
                影さへそはぬ烏羽玉の、
                闇夜にひとり迷ひつつ、
                   野路の小川の水ばかり、
                   たゆたひもせず流れゆく。  (後段 続く)

 短い秋の夕べ、暮れゆく夕焼けの中を、私はさすらって旅をした。昼間にぎやかに稲刈りや結束をしていた男女も家に帰り今は人影もなく、稲がらを焼く烟があたりを漂い、野路を流れる小川のせせらぎが聞こえるばかり。
 知らない土地柄であるから、どこかで宿を借りるにも立ち寄る家が近くにはない。鳥は林に帰るが、鳥は私を塒に連れて行ってはくれない。晩鐘の響きが聞こえるが、近くに寺も見あたらない。私は暗闇の中を一人さまよっているのだが、野路の小川の水はは止まることなく流れている。


 
 明治維新の後西欧文明にふれた日本人は、日本に新しい文化を築き上げようと一心不乱に欧米の新知識の吸収につとめた。それまでの日本における詩歌は和歌・俳諧および漢詩であったが、これに飽き足らない明治の先人たちは、主として英詩をこぞってひもどき、その形式と詩心を日本語で表現しようと努力を重ねてきた。

 その第一歩が、明治15年に東京大学の3人の学者によって発表された「新体詩抄」である。しかし、この詩集に掲載された詩は、強いて詩歌的形式を守ろうとして七五調ににこだわったため、内容的に稚拙で手法も粗雑・散漫であるとの批判を免れなかったが、それにもかかわらずこの新体詩は当時の文学青年の間に広く受け入れられた。

 日本における抒情詩は島崎藤村によって完成されたのだが、その以前に抒情詩の基調を作ったのは宮崎湖處子であるといわれている。湖處子は日本近代詩黎明期の抒情詩人と呼ばれるべきであろう。

 「文庫派」の詩人「河井酔茗」はその著書「新体詩概説」の中で、宮崎湖處子について次のように述べている。

       湖處子の詩は単純であり、典麗であり、温和であった。而して彼は日本
       の国語をよく詩に生かした。日本近代の国語というものは、詩歌の上に
       おいて殊に無気力となり、香気が希薄になりつつあったのだが、湖處子
       はその衰えかけた国語に新しい呼吸を与えたのである。

 湖處子はイギリスの詩、殊にウォーズウォースの感化や陶淵明の影響があると云われるが、いかにもそうであった。而して彼はその研究の程度がどのくらいであったか知らないが、とにかく西洋詩の味わいを消化していた。



                 あはれ小川よ汝のほかに、
                 道のしるべもいまはなし。
                 命の水を汝が胸に、
                 くまぬ人とてあらざれば、
                 あはれ汝がゆく方にこそ、
                 家も里をもあるべけれ。
                 夜は闇(くら)けれど汝が声を、
                 しるべにしてぞたどらまし。
                    小川の水はさやさやと
                    さそふが如く流れゆく。  
                           「湖處子詩集より」


 この暗闇の中では、小川以外には道しるべとてない。水は人の命であるから、それを汲まない人はなく、小川に沿って歩けば人里や家にも出会うだろう。小川のせせらぎは、私を誘うかのように流れてゆく。                                           [ 翻案:Tad ]



 この詩は単なる情景や花鳥風月の描写ではない。「我」という言葉は一度しか現れないが、この詩は暗闇の中を歩む自分の不安な気持ちと、その不安な自分を導いてくれる何者かへの感情が表現されている抒情詩である。河井酔茗の「湖處子」評はまことに適切である。
 湖處子は詩集を2冊発行している。第1冊は明治26年に発行された「湖處子詩集」で、第2冊は明治30年に発行された、手の上に乗るほどの袖珍版とも云うべき「抒情詩」で、国木田独歩、松岡国男、田山花袋、太田玉茖、嵯峨の山人、宮崎湖處子の詩を編集したものである。これは日本においてその書名に「抒情」の名を冠した最初の詩集であろう。

 私は湖處子の詩集を5年にわたって探し続けた。昨年、インターネット上の「近代書誌データベース」に「湖處子詩集」が公表されていることを知り、ここに引用させていただいた。あつくお礼申し上げる。

 今年4月、近くの天牛堺書店という古書店を物色していたら、昭和43年に復刻出版された「抒情詩」を見つけた。書価は僅か400円。この袖珍版の復刻書を手にしたとき、うれしさと書価の安さに思わず手がふるえた。この書店からは、日本近代詩、日本文学史に関する貴重な文献を数多く格安に入手している。  感謝。多謝。

 宮崎湖處子は本名八百吉、元治元年(1864年)に福岡県で生まれた。早稲田大学卒業後牧師となった。「抒情詩」に掲載されている彼の詩に宗教詩的なものがあるのも、その経歴から見てうなずける。

 湖處子は大正11年(1922年)東京で没した。享年57歳。
                                    [2004年5月2日記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に移る。