我 が 影
 ---  田 山 花 袋




                    ま ご こ ろ

                   路にて君にあふときは
                   天津ひかげを見るごとく
                   たうとき人にあふごとく
                   あふぎ見るべき心地せず


                   ひとりつくづくをる時は
                   やさしき君が手をとりて
                   うれしき君とあひ抱き
                   共にかたらんとねがふなり


                   いづれがおのがまごころぞ
                   いずれが恋のまごころぞ
                   語らでこの世すぐべきか
                   語りてともに泣くべきか


         路上で佳人に会ったときはその人の顔も見られないのに、自分一人
         の時にはかの君の手を取り、抱き合って話をしたいと願う。自分のま
         ごころは、果たしてどちらなのだろう。このまま語り合うこともなく過
         ぎ去ってよいのか、それとも語り合って共に涙すべきなのか。
                                      (翻案:Tad)



 明治30年、宮崎湖處子は国木田独歩ら6人と共同で「抒情詩」という詩集を発行した。この6人の一人が田山花袋であり、この共同発行詩集に花袋が「我が影」という題で序と40編の抒情詩を載せていることを知って、私は大いに驚いた。

 この「我が影」に載せられた詩は、田山花袋が23〜4歳の頃に書かれたものであろう。いずれも文語体で、多くの詩が七五調であるが、次の例に見るように、八・六調の詩も作っている。
 花袋は「我が影」の序文の中で、「諸子は美しき日本の天然の中に住む多幸の詩人なり。我が国の女性とは、いかに激しき血と、いかに優美なる趣とを備えているか。・・・・諸子狂へよ、迷へよ、悶えよ、泣けよ、燃ゆるがごとき恋をなせよ。かくて諸子の詩は成らん、かくては清新なる明治の詩は成らむ。」と、新体詩に大いなる希望と夢を抱いていたのである。

 花袋は当時の新体詩人に対し、詩作に当たっては「古来の和歌・俳句、ことに和歌の真趣を出来得る限り研究し、正しき我が国の言語をもって、わが心中に鬱勃したる詩想を歌へ」と、声高に訴えており、自身、日本近代抒情詩の成立に足跡を残した。





                     林 の 奥


                  君とかつてあゆめる林を
                  我はただ一人さまよひ行く
                  月もまつ風も波の音も
                  ひとつとしてむかしにかはらず
                  ただ変われるは君のなきのみ
                  恋しき君のあらぬことのみ
                  されどわが影を君とおもへば
                  われは更にさびしくもあらず
                  君のことのみおもひて居れば
                  一人もひとりの心地はせじ
                  月よ松風よなみのおとよ
                  我をただ一人と思ふな
                  あはれなる若者とおもふな
                  おのが傍にはとこしへに
                  やさしき君ともなへるものを



 田山花袋、本名「録彌」は明治4年群馬県館林町に生まれた。後、尾崎紅葉の弟子となり、美文調の小説を発表したが、明治40年に現実のあるがままの姿を感情を交えず描いた私小説「布団」を発表して、自然主義作家としての地位を確立した。昭和5年没。
                                     [2004年5月2日記]


                     

                    想い出の詞藻 に戻る。
                    プロローグ   に移る。
                    トップページ に戻る。