黒 衣 聖 母

日 夏 耿 之 助


          

           真理は黯然(くら)し焉
          ひかりは白熱(びゃくねつ)して
          昏黯(くら)き万象(もの)より細々とたち騰(のぼ)る
          ひかりは
          それゆえに  恒に聡叡(さと)し

          わが胸の深淵(ふかみ)に
          黒衣聖母のあり
          心して赴(ゆ)け  道ゆく旅人(ひと)よ

          風ある日
          渚をゆけば
            顔しかめる水面(みなも)にも
          爾(きみ)が小胸(おむね)の秘奥(おくが)なる
          かの黒衣(こくえ)の善き母を視(み)む

          もし 照る日のもとをあゆみなば
          湿気ある処女林の扉邇(ぢか)く
          一位(いちい)の木の繁みぶかくに
          爾(きみ)が輝ける御母(おんはは)を
          垣間(かいま)みることもあるべし
          頭(かしら)をあげよ嬢子公子(わかきものたち)
          己(おの)が心の繁みぶかくに
          崇美(けだか)き黒衣聖母の御像(みかたち)をば
          夙(と)く 和南(おろが)み 跪(ひざま)づけ

          真理は恒に 黯黒(かぐろ)し 常住不断(いつまでも)
                             [ 詩集:黒衣聖母より]



          真理とは玄妙なる哲理である
          暗い冷たい万象も熱すればやがて白熱し
          ひかりが軽やかに立ち上る
          ひかりは真理
          それゆえにひかりは 恒にすぐれて聡い

          誰の胸の奥底にも
          悲愁に満ちた聖母(黒衣聖母)がおわす
          人生の旅人よ このことを胸に刻め

          風の強い日 渚を歩けば
          波しぶきに顔をしかめるような水面にも
          君の胸におわす黒衣聖母を見ることがあるかもしれない

          日射しの照る日
          湿気の多い原生林の入り口近い
          一位の木の繁みの奥深くに
          君の胸におわす善い黒衣聖母が輝いて
          垣間見えるかもしれない

          頭を上げよ 青年男女
          自分の胸の奥深くにおわす
          崇高にして美しい黒衣聖母のお姿を
          急いで 拝み ひざまづけ

          真理とは恒に 玄妙な哲理 どこでも いつまでも
                                     [Tad:翻案]


 日夏耿之助(こうのすけ)。本名は樋口国登(くにと)。明治23年に長野県飯田町(現飯田市)に生まれた。幼少の頃より読書にふけり、雑誌に投書したという。大正3年に早稲田大学英文科を卒業したが、病を得て5年間床に伏した後、大正8年、母校早稲田大学に英文学者として職を奉じた。 
 彼の詩は漢和辞典をそばに置かないと読むことすらできない、難解な詩である。次に言葉がわかっても、意味が難解である。ここに取り上げた詩の主題は「真理」と「黒衣聖母」であるが、それらの関係はどうなっているのか。

 一見するところ、玄妙な真理と、美しく崇(けだか)い黒衣聖母は、共にいつでもどこにでも存在すると謳っているように見える。耿之助はここに汎神論的な思想を述べているのか。あるいは更に一歩進めて、「善・美」の体現者である「黒衣聖母」と「真理」が、それぞれに暗きものあるいは繁みから光を発して現れる様から、「真理」と「黒衣聖母」が「真・善・美」の三位一体として合一したものであると説き、青年男女に「黒衣聖母」に跪拝せよと訴えるのか。

 耿之助の詩は「感じさせる」のではなく「考えさせる」詩であり、彼が「思想詩人」と呼ばれた所以もここにあるのであろう。



 日夏耿之助は最初の詩集「転身の頌」を大正6年、第2詩集「黒衣聖母」を大正10年に発表した。その詩風は自ら「ゴシック・ロマン詩体」と呼んだように、荘重にして典雅、その語彙は古典的、いささか奇異でかつ神秘的である。その詩風と内容の故に、耿之助は一般にはなじみが薄いが、近代における最も高踏的な詩人の一人であることはまず間違いないであろう。

 耿之助の詩は、上田敏、蒲原有明、北原白秋、三木露風などの日本象徴詩の線上にある新象徴詩であるが、彼が詩作をはじめた当時の詩壇は、川路柳紅に始まる自由口語詩の流れを汲む「民衆詩派」の最盛期であった。

 耿之助はこの民衆詩派の詩風を嫌い、その第1詩集「転身の頌」の序に次の通り記している。

     天才とは神と人との間の溝渠に横たわる桟橋であり、民主主義は
     この桟橋に火を放たんとするものである。
     心性鈍く才能乏しい、いわゆる民衆詩派人の冒涜的行為に対して、
     我はあくまでも芸術の神壇を守ろうとするものである。

 耿之助のこの詩風に対して、民衆詩派詩人はもちろん、口語自由詩の系列を踏む詩人は一斉に反発し、詩壇における論調はにぎわいを極めた。しかし耿之助は臆することなく、一貫してその詩風を守り、昭和2年に第3詩集「黄眠帖」、昭和8年に第4詩集「呪文」を発表した。
 耿之助は学者としても数々の著作を発表しているが、なかでも昭和4年に出版された「明治大正詩史」は、豊富な資料と明晰な批評眼に裏打ちされた名著としての誉れが高かったと言われる。 (私はこの著書を探しているが、未だに目にすることができていない。)

 日夏耿之助は、昭和46年、出生の地長野県飯田市で永眠した。享年81才であった。
                                      [2004年10月記]


                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。