詩とは何か(3)

相馬御風 


                   痩 犬 (やせいぬ)


          焼けつくように日が照る
         黄色い埃が立って空気が咽(む)せるように乾いて居る
         むきみ屋の前に毛の抜けた痩犬が居る
         赤い舌をペロペロ出して何か頻(しき)りと甜(な)めずって居る
         ああ厭(いや)だ

         ジロリと俺の顔を見た
         ヤ! 歩き出した
         ヤ! 蹤(つ)いて来る、蹤いて来る。

         右へ曲がると右へ
         左へ折れると左へ
         急げば急ぎやがる
         ああ厭な奴だ 気味の悪い奴だ。

         一体どこまでついて来るんだ
         何を目的について来るんだ
         畜生、行け、行かぬか
         俺は何も持って居ない
         行け、行かぬか。シッ!

         や!又俺の顔を見てやがる
         おい、何がそんなに欲しいのだ
         行け、行かないか
         まさか家まで蹤いて来るのぢやなかろうな
         ああ厭だ
                        [ 早稲田文学]明治41年5月号]



 これは詩なのだろうか。醜悪な題材を全くの口語体で綴られたこの文章は、本当に詩と呼べるのであろうか。

 この詩の作者である相馬御風(本名昌治)は明治16年新潟県糸魚川に生まれ、同39年に早稲田大学英文科を卒業した。はじめは雑誌「文庫」の投稿者であり、又「明星」にも属しており、明治41年に発行された「御風詩集」には五七調で文語体の詩も掲載されていた。
 しかし御風は定律文語体の詩に飽きたらず、大学卒業と共に自然主義文学への旗色を鮮明にし、明治41年発行の「早稲田文学」において「詩界の根本革新」と題した評論を発表し、次の通りに自由口語詩による自然主義文学の口火を切ったのである。

   ・雅語を廃しあくまでも口語を用いること。
   ・従来の音数律に制せられた詩調を絶対に破壊すること。 
   ・用語・詩調の自由のほか、行や連の数も絶対に自由にすること。

 この原則の下に、御風が明治41年5月、「早稲田文学」誌上で試作発表したのが、上記の「痩犬」である。
 この御風の詩は、川路柳虹が先に発表した口語自由詩(「詩とは何か--1」参照)と共に、時代を拓く新詩風として詩壇を刺激した。

 しかし、私が冒頭に記したように、このような醜悪な題材を、蕪雑な用語で書き連ねた分かち書き文が真に詩に値するのだろうか。この御風の試みは、その論点の当否ははともかく詩としては粗雑さを免れないと、その当時においても批判が少なくなかった。

 御風は早稲田大学で教壇に立つと共に、自然主義文学に関し多くの評論を発表したのであるが、やがて自分の文芸的態度について深い疑惑を抱くに至った。早稲田大学講師として5年間在職の後、御風はその職を辞して郷里の糸魚川に戻り、以後死没までの35年間、その地に留まった。

 御風が故郷に戻った理由は色々考えられるとのことだが、結局のところ、凡化した一個の人間として宗教的自修の生活に入ったのだろうと言われている。以後良寛の研究に打ち込み、多くの良寛関係の論文や随筆を発行している。

 相馬御風は昭和25年5月に糸魚川で没した。享年66才であった。



 私の母校である旧制富山高等学校は、大正12年に7年制の高等学校として設立された。現富山市蓮町に学校校舎が新築落成されるのを機にして、昭和2年に校歌を制定する事となり、その作詞を当時糸魚川に在住していた相馬御風氏に委嘱したのである。同年7月御風によって校歌が作詞され当時学習院に在職しておられた小松耕輔氏によって校歌が作曲された。

 詩も曲も、理想に燃え青春の覇気に満ちた18才の学生の士気を奮い起こすに足る、格調の高い歌であり、今なお、我々が同窓会を開催するときにはこの校歌を斉唱して、往時の青春の気概を奮い興している。

         富山高等学校第一校歌  作詞:相馬御風  作曲:小松耕輔


                1.嗚呼玲瓏の天高く
                  白雪銀と輝ける
                  太刀の高嶺(たかね)を仰ぎつつ
                  露さわやけき野を歩む
                  若き学徒の胸に湧く
                  清き想ひを誰か知る

                2.砂塵を吹き捲きて
                  怒濤天地を揺するとき
                  有磯(ありそ)の海の岸に立ち
                  凝視の姿凛乎たる
                  若き学徒の身に宿る
                  強き力を誰か知る

                3.越の国原(くにはら)雪深く
                  地に人迹の絶ゆるとき
                  くろずむ空に燦として
                  不壊の真理(まこと)の威を示す
                  北斗の星ぞわが光
                  ああそが下にわれ等あり

                4.神江(じんこう)の水洋々と
                  流れて止まぬ世の進み
                  若きわれ等が担ふなる
                  使命は重しいざともに
                  反省・進取・協調の
                  旗標の下に手を取らん


 この校歌を高唱するごとに、我等旧制富山高校生は胸に血の沸き立つ思いがする。詩とはまさにかくあるべきであろう。

 嘗ては詩から雅語を廃し、音数律を破壊せよと主張した御風が、感ずるところあってその主張を改め、自ら隠遁的な生活の中にあって、我々学生にその使命を説く校歌を作詞されたことに深く感謝する。 
 「痩犬」の作者が、このすばらしい漢語混じりの文語体校歌を作詞されたことを変節というか、あるいは又あるべき姿に回帰したというか、人によって受け取り方は様々であろう。

 世界的に詩が廃れつつある現在、この二つの詩に触れるごとに、改めて「詩とは何か」を考えさせられる。
                                      [2004年11月記]

                   

                  想い出の詩 に移る。
                  想い出の詞藻 に戻る。
                  トップページ に戻る。