民衆派詩人

白鳥省吾



                     黒 い 風

                 −− その夜の人々に −−


                春ながら黒いさむい夜風のなかに
                古い暗黒色のゴシックの会堂が
                重々しくその扉を閉ぢて居る、
                桎梏を嵌められたように
                永遠の唖のように寂しく・・・・。

                ああその内にこそ明るい灯がともり
                千余の聴衆と温かく
                吾等の新しい時代の結合を語るべく
                豊かな言葉が花さくべきである。

                しかも吾等と共に貧しく不幸なる
                『安寧秩序を保つための労働者』は
                その扉の前に両手をひろげ
                あらゆる威嚇の暴言を吐き
                サーベルを鳴らし鋼鉄をつけた靴の裏で
                吾等の頬を蹴ろうとして居る。
                         (後段に続く。)


 白鳥省吾は明治23年、宮城県に生まれた。省吾は早大英文科在学中、口語自由詩の流れの中で自然主義文学論に影響され、第一次世界大戦後のデモクラシーと結びついた民衆詩集を発表した。

 省吾は民衆詩の最も熱心な鼓吹者であったといわれ、民衆詩の特色として次の3項目を掲げている。
   @現代に対する情熱を持ち、同時に未来に飛躍する肯定的精神。
   A着実なる現実味、ひいてはそれまでの詩人が気づかなかった
    あらゆる人間、あらゆる事実に詩を見いだす広範な取材。
   B言葉の自由で平明であること。

 ここに掲げた詩は、省吾の詩集「若き郷愁」に発表されたものだが、上記の3項目を念頭に置いてこの詩を読んでみる。
 まず前段であるが、「重々しく扉を閉じている暗黒色の会堂の中で、望むらくは明るく灯をともし千余人の聴衆が自分たちの新時代を語るべきであるのに警官がその扉の前に両手を広げ、入ろうとする者を暴力で遮ろうとしている」と述べる。まさに生々しく現実の政治的現象を取り上げている。

              アナクロニズムの手先に操られる彼らを
              憤るには余りに哀れに
              笑ふには余りに痛ましい。
              正しき真理のために戦ふ
              おお東方の若き選手は
              彼らを尻目にかけ
              鷲のごとく更に更に果敢である。

              花のような若い女性も
              手に余る「飛び行く種子」の
              宣伝ビラを持って大道に微笑みながら
              往き来る人にそれを手渡している。

              吾等は其処に時代を見る
              吾等の生活の永遠を感ずる。

              春ながら黒い寒い夜空は
              私の帽子をも外套をも心身の健康をも
              一切の所有をも奪おうとするように吹く、
              しかも見よ、空いっぱいを飾る星
              いつもより沢山のかがやく星
              おお私はそれらと固く地上の楽園を約束する。
                             −− 「若き郷愁」 −−

 「懐古主義に操られる警官を怒ることは余りに哀れで、痛ましい。若者達は果敢に微笑みを持って行動している。これが時代の流れだ。周囲は寒い夜風のように我々の所有物を奪おうとするが、空に輝く沢山の星に、私は地上の楽園を約束する」と述べている。未来に飛躍する肯定的精神が表明されている。言葉も平明である。

 上記3点に照らすとき、省吾のこの詩はまさにその基準に合致している。しかしこの詩は、読む人にどのような感慨を与えるのだろうか。

 日夏耿之助の民衆詩派の詩に対する批判は実に鋭い。
         天才とは神と人との間の溝渠に横たわる桟橋であり、民主主義は
         この桟橋に火を放たんとするものである。
         心性鈍く才能乏しい、いわゆる民衆派詩人の冒涜的行為に対して、
         我はあくまでも芸術の神壇を守ろうとするものである。

 北原白秋は民衆派の詩人福田正夫等と論争して、民衆派の詩は悪散文の行を切っただけのいわゆる行切り散文で、本当の詩ではないとまで言い切っている。民衆派詩人は詩に対する正しい尊敬と理解を持たず、ただ破壊のための破壊を当然の如く行い、詩人としての心性のデリカシイを侮蔑する年少庸劣の徒であるとまで、その著書「明治大正詩史概観」に述べている。

 これらの論争のいずれに与するか、それは個人の主義・見解による。一方には民衆派の詩が民主主義や人道主義の思想を文学に結び付けただけでも有意義な存在であったとの評価もある。
 ただ、民衆詩の熱心な鼓吹者であった白鳥省吾の詩は、今日、どの日本近代詩全集を見てもほとんど取り上げられていないことを、私個人としては指摘しておきたい。それが省吾の詩に対する歴史の評価なのであろうか。

 白鳥省吾は昭和48年に没した。享年84才であった。
                                  [2004年11月記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に戻る。
                   トップページ に移る。