こころの詩人

八木重吉


                         おおぞらのこころ


                
 わたしよ   わたしよ
                 白鳥となり
                 らんらんと  透きとおって
                 おおぞらを  かけり
                 おおぞらの うるわしい こころにながれよう


                    うつくしいもの

           
      わたしみずからの なかでもいい
                 わたしの外の  世界でもいい
                 どこにか「ほんとうに美しいもの」は ないのか
                 それが  敵であっても  かまわない
                 及びがたくても  よい
                 ただ 在るということが  分かりさえすれば
                 ああ  ひさしくも  これを追うに  つかれたこころ


                      こ こ ろ

      
           こころよ 
                 では  いっておいで

                 しかし
                 また  もどっておいでね

                 やっぱり
                 ここがいいのだに

                 こころよ
                 では 行っておいで
                           「詩集:秋の瞳」



 漢字・漢語の殆どないこの三題の詩には、何の説明も必要ないであろう。自らを自然の中に投げ出し、美を求め、真を追い、やがては神にすがって善をたずねる詩を書いた八木重吉。
 八木重吉は明治31年、東京に生まれた。大正6年に東京高等師範学校入学し、英文科を専攻のかたわら聖書を耽読し、敬虔なキリスト教信者となった。
 大正10年に同校卒業後、兵庫県御影師範学校で英語の教諭となり、この時期に詩作に励み、詩と信仰合一の生活を送ったという。

 大正14年に千葉県葛飾中学英語教諭に転任、この年、第一詩集「秋の瞳」を出版した。
 大正15年肺結核を発病し療養生活に入るも、翌昭和2年に亡くなった。享年僅か29歳であった。

 重吉の詩は素朴で分かりやすい。その多くは短詩で、日常折に触れての題材が多く、背景に重吉の宗教的感情が見られる。特に最晩年の詩にはキリストを歌った詩もあり、彼が「祈りの詩人」といわれる所以であろう。

 私は、重吉の詩作活動期における日本詩壇の動向に着目したい。

 明治末期から大正初期にかけて、日本詩壇では川路柳虹・相馬行風等により口語自由詩が台頭した。特に川路柳虹・白鳥省吾・福田正夫等による詩話会は、詩における形式的束縛を一切排し人間のあらゆる行動、社会現象を詩の題材として取り上げることを主張して、積極的な民衆詩派活動を開始した。

 これに対して、反民衆派詩人ともいうべき北原白秋・萩原朔太郎・日夏耿之助、西条八十、佐藤春夫らはそれぞれの個性的な詩風を保持した。
 後に詩話会は、その基礎とした民主主義が階級対立的な社会主義の出現によりその存在を揺るがされ、大正15年に解散してしまった。かくして日本の詩壇はまさに混乱期に突入してしまう。そして、一般の詩愛好者の受容限度を超えて、多くの詩人は意味の分からない詩を書き出した。

 そのような混乱した詩壇の中、八木重吉は誰に従うでもなく、自らの分かりやすい言葉で、純粋な抒情詩を作った。その短かかった生涯のために、彼の詩は大正詩壇のごく一隅を飾るに過ぎなかったが、彼の詩は今でも童心のような純粋さと美しさをもって読む人の心に滲み入るのだ。
                                     [2005年3月記 ]



                  素朴な琴

                この明るさのなかへ
                一つの素朴な琴をおけば
                秋の美しさに耐えかね
                琴はしずかに鳴りいだすだろう
                            「詩集:貧しき信徒」
                                          
                    

                    想い出の詩 に移る。
                    想い出の詞藻 に移る。
                    トップページ に戻る。