Dover Beach
ドーバー海岸

Mathew Arnold
  マシュー・アーノルド 



            The sea is calm tonight.
            The tide is full, the moon lies fair
                            Upon the straits;---on the French coast the light
                            Gleams and is gone, the cliffs of England stand,
                            Glimmering and vast, out in the tranquil bay.
                              Come to the window, sweet is the night air!
                            Only, from the long line of spray
                            Where the sea meets the moon-blanch'd land,
                            Listen! you hear the grating roar
                           Of pebbles which the waves draw back, and fling,
                           At their return up the high strand,
                           Begin, and cease, and then again begin,
                           With tremulous cadence slow, and bring
                           The eternal note of sadness in.


            今宵の海は穏やかだ
            潮は満ち、月はドーバー海峡に
            美しくかかっている; フランス海岸の灯火のまたたきは
            何時しか消えた、イギリスの断崖は静かな湾内で
            広びろとかすかに見えている。
            窓辺に出ると、夜風が爽やかだ。
            海と月光に輝く陸地が接する
            長い波打ち際から
            波が打ち寄せ打ち返し飛沫を立てるたびに
            小石のこすれあう音が聞こえる。
            打ち寄せる波が沖の大波に戻るたびに
            その音は、ゆっくと震える律動で
            聞こえ,とまり、また聞こえる。
            だがその波音は、永遠の悲しみの調べを
            響かせるのか。


  
 この詩を初めて読んだのは私が旧制富山高等学校の3年生の秋であったから、もう55年以上も前のこととなる。この詩は月光に輝くドーバー海峡の夜景の描写だと思いながら読み進む内に、14行目に至ってはたと場面が転換したことに驚かされ、そこから色々な思いが湧いてきたことを想い出す。
 この波音は、やがて自分がこの世を去り、人類が滅亡しても、何事もなかったかのようにその律動を繰り返すのか。人生とはそれほど悲観的なものなのか。底知れぬ空虚なのか。
 その後の数日悲愁の思いにうちひしがれた、20歳の自分の青春の一齣を、今にしてなおかすかに記憶している。



                              Sophocles long ago
             Heard it on the Eagean, and it brought
             Into his mind the turbid ebb and flow
             Of human misery; we
             Find also in the sound a thought,
             Hearing it by this distant northern sea.


             遙かな昔ソフォクレスは
             エーゲ海でこの波音を聞き、
             人生は悲しみという潮の干満だと
             感じた;われわれも
             遠く隔たった北海のほとりで
             その波音を聞いてある思いを感ずる。


              The Sea of Faith
              Was once, too, at the full, and round earth's shore
            Lay like the folds of a bright girdle furl'd.
            But now I only hear
            Its melancholy, long, withdrawing roar,
            Retreating, to the breath
            Of the night-wind, down the vast edges drear
            And naked shingles of the world.


            かつては信仰の海にも
            潮が満ちており、地球をめぐる海岸に沿って
            たたまれた帯のように輝いて横たわっていた。
            しかし今聞こえる波音は
            憂いに満ちた、長い、ひき波の唸り。
            その波音は夜風の音へ、この世界に広がる
            荒れ果てた崖や裸の岩へと戻って行くのだ。





 この詩の作者である「マシュー・アーノルド」は、19世紀における科学の進歩、進化論、功利主義思想の拡がりに伴って、それまでの道徳的・宗教的思想への懐疑が深まり、神秘や超自然が否定されることに、精神的な葛藤と苦悩を強く感じていたとのことだ。この詩からは、アーノルドのそうした苦悩を感じ取ることができる。
 しかし、半世紀前に私がこの詩から感じたことは、そのような宗教的な苦悩ではなく、人生の有限性に対する絶望的な不安であった。




           Ah, love, let us be true
           To one another! for the world, which seems
           To lie before us like a land of dreams,
           So various, so beautiful, so new,
           Hath really neither joy, nor love, nor light,
           Nor certitude, nor peace, nor help for pain;
           And we are here as on a darkling plain
           Swept with confused alarms of struggle and flight,
           Where ignorant armies clash by night.


          愛する人よ、お互いに
          忠実でいよう;この世は
          多様で、美しく、鮮やかな夢の国に思われるが、
          実のところ、喜びもなく、愛もなく、光もない。
          確かさも、平和も、苦しみに対する救いもないのだ。
          我々の今いる場所は、錯綜する闘争と逃亡の
          警報に追い回され、夜間には無知な軍隊が衝突する
          暗黒の大地なのだ。
                                  [翻訳:Tad]





 年齢が75歳に近く、8年前に娘を失った私にとって、死生観は50年前と異なってきている。その私が今この詩を読むとき、青春時代に感じたとは別の感慨を抱く。
 アーノルドはこの詩の最後の節で、今の世は思想的・宗教的に不安定であるから、愛する人がお互いに信じ合って生きていこうと述べている。

 だが21世紀の今の世界も、アーノルドが述べているように「喜びも、愛も平和もなく、確かさも、平和も、苦しみに対する救いもない」のだ。

 金融資本主義による拝金思想や投機的動機によって、正常な市民生活や生産活動は不安に陥し入れられれている。石油価格の高騰や日本放送の買収騒動はその卑近な一例だ。
 宗教の対立はテロリズムとなって、底なしの泥沼に沈みつつある。民主主義の名の下に、宗教的正義の旗の下に、殺戮が繰り返されている。

 日中関係、日韓関係は、日本側の意図とは無関係に、ますます歴史への「恨み」の気持ちの増幅で悪化の一路をたどっている。日本はこれらの国々から儒教思想を学び、それを道徳規範としてきたのだが、師である国々で、儒教は死んだのか。60年前の歴史に「宥し」は与えられないのか。

  この詩を久し振りに読んで、21世紀の将来に対し、いささか暗澹たる感慨を覚えた。
                               [2005.5.1記]


                    

                   想い出の詩  に移る。
                    想い出の詞藻 に移る
                    トップページ に戻る。