田舎の夕暮れ

自然詩人


尾崎喜八



            水際に生い茂った赤楊(はんのき)には
            野葡萄の青い蔓や葉がからみ、
            どくだみの白い花と
            露草の浅黄の花の咲いた草むらの裾を濡らして、
            小川がけふも鳴っている、
            ゆるやかな、底ぢからのあるヴィオロンセロの音で。
            田舎の夏の夕方の
            美しい空、美しい雲ですね。


            村の質朴な学校は
            もうとっくに授業が終わって、
            青葉に包まれた運動場には
            小さな木馬が隅の方でおとなしく、
            三本の背の高いポプラが無数の葉をそよがせている。
            その涼しい校庭で、宿直の先生が
            年寄りの小使さんと何か話をして笑ってゐる。
            もうぢき暑中休暇の来る楽しい七月の、
            美しい空、美しい雲ですね。


            麦打ちが済んだあとの、
            金いろの麦の穂が散らばってゐる
            農家の踏みかためられた仕事場で、
            若い百姓の女達が筵をかたづけたり、
            からだをはたいたりしてゐる。
            健康な生き生きした目、太い腕。
            黒くすすけた母屋(おもや)の台所から
            竈(かまど)の煙が紫に立ち上る。
            暑い一日の熱心な労働がねぎらはれる時の、
            美しい空、美しい雲ですね。


            この田舎にひろがってゐる
            神聖な平和をたたへませう。
            万物が、今更に神の栄光を感じてゐるやうな、
            この粛然たる、しかも伸び伸びした
            静けさと安けさとに浸かりませう。
            まるであのベートーフェンの
            パストラール  シンフォニーのアダジオのやうに、
            二人の静かな心にふさはしい時ですね。
            そして、考えて見れば
            私達の七月がまた来たのですね、
            かずかずの思い出に満ちた七月が。

            お互いに精励して、正しいりっぱな者になりませう。
            ごらんなさい、頭の上を、あの高いところを。
            私達の魂の欲しいとあこがれてゐるものを
            残らず与えてくれるやうな七月の夕暮れの
            美しい空、美しい雲ですね。
                         [ 詩集:空と樹木より ]




        青い野葡萄がからむはんのきが茂り、白いドクダミの花や浅黄の露草
        の花が咲く草むらを、小川が低い音で力強く流れている。田舎の夕方
        の、美しい空、美しい雲。

        授業の終わった学校、運動場の隅にひっそりと置かれた木馬、風にそ
        よぐ三本のポプラ。宿直の先生と年老いた小使さんの語らい。夏休み
        が間近な七月の、美しい空、美しい雲。

        麦打ちが済んだあとの農家の仕事場。筵を敷きからだをはたく、健康的
        な若い百姓の女達。母屋のかまどから立ちのぼる紫色の煙。一日の労働
        がねぎらわれる時の、美しい空、美しい雲。
        この田舎に広がる神聖な平和を、そして粛然とした静けさと安らぎを讃
        えよう。

        七月は、ベートーベン「田園交響曲」の第2楽章のように、二人の静か
        な心にふさわしい時。数々の思い出に満ちた私達の七月がまた来た。

        二人はお互いに精励してりっぱな者になろう。
        頭上のあの高みには、私達が憧れる全てのものを与えてくれるような、七月
        の夕暮れ。その夕暮れの、美しい空、美しい雲。
                                      [Tad翻案]




    何と美しい七月の夕暮れの、美しい空、美しい雲の情景であろうか。ここには日本の詩としては数少ない自然への賛歌と牧歌がある。そして控えめな二人の愛の歌がある。何よりも、自然への畏れとその自然に誓う二人のまじめな姿が、七月の空と雲のように美しい。

 この詩の作者である尾崎喜八は明治25年に東京で生まれた。明治42年に京華商業を卒業。その後、武者小路実篤、千家元麿、高村光太郎など白樺同人の影響を受けて詩作に入り、その出発の当初から人道主義詩人の立場を鮮明にしていた。

 喜八が詩作をはじめた大正期は、自然主義口語詩の風潮が詩壇を覆っていた。人生は美しいものばかりではないと、これらの詩人たちは猥雑な主題を稚拙な表現で口語自由詩として発表していた。彼らの理論はともかく、その醜悪な詩は読む人の目を覆わしめ、今日、それらの詩人は日本近代詩史にかろうじて名を残しているが、その作品は歴史の篩いに選別されてか、ほとんど目にすることができない。

 このような時流・風潮の中で、尾崎喜八の目は絶えず自然に向けられ、そこにのみ詩の領域を探そうとしていたと言われる。時として彼の詩は、自然への愛、人類への愛に生きる願望の言葉が奔流のようにあふれ、独りよがりや誇張を感じさせるときもある。説教調に流れるときもある。
 しかしこの「田舎の夕暮れ」では、喜八は穏やかな文体で七月の情景を描き、素朴にして平和な自然を讃え、しかも慈愛に満ちた自然に対する畏敬の念を表している。まさに自然賛歌である。喜八の詩が、戦後、多くの「近代詩評釈・鑑賞」書に取りあげられたのも、その作品の美しさ・純粋さに鑑みるとき、当然といえよう。

 尾崎喜八は昭和49年に鎌倉でなくなる。享年82歳であった。
                                     [2005.6.記]


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。