Death be not proud

死よ、驕るなかれ

John Donne
--- ジョン・ダン



          Death be not proud, though some have called thee
              Mighty and dradfull, for thou art not soe,
                            For, those whom thou think'st thou dost overthrow,
                       Die not, poor death, nor yet thou canst thou kill mee.

                       From rest and sleepe, which but thy pictures bee,
                       Much pleasure, then from thee, much more must flow,
                             And soonest our best men with thee doe goe,
                      Rest of their bones, and soules deliverie.

                     Thou art slave to Fate, Chance, kings, and desperate men,
                     And dost with poyson, warre, and sichnesse dwell,
                          And poppie, or charmes can make us sleepe as well,
                         And better than thy stroake; why swell'st thou then?

                         One short sleepe past, wee wake eternally,
                         And death shall be no more; death, thou shalt die.

                                   From  ”Holy Sonnets"


       死よ驕るなかれ、お前は強く恐ろしいと
       誰かが言ったかもしれないが、お前はそうではないのだから、
       お前が打ち負かしたと思っている人は
       死んだのではないのだから、可哀想にお前は私を殺すことはできないのだから。

       休息や眠りは、お前の姿に似ているに過ぎないが、それらから
       多くの楽しみが流れ出る、だからお前からはより多くの楽しみが流れ出るだろう。
       程もなく私達の賢人がお前と共にこの世を去るだろう、
       それは彼らの骨にとって休みとなり、彼らの魂にとって解放となるのだ。

       お前は運命や災難、王や乱暴者たちの奴隷であり、
       毒薬や戦争、病気と共に住んでいるのだ。
       罌粟(けし)やまじないでさえ、お前の一打より
       私達をよりよく眠らせてくれるのに、お前はなぜ威張るのか。

        一眠りが終われば、私達は永久に目覚める、
        死はもういなくなる、そして死よ、今度はお前が死ぬのだ。
                                    「Tad 翻訳 ]



 「死よ 驕るなかれ」とはある本の表題で古くから知っていたが、どこかの詩にこの言葉があるに違いないと、長らく探していた。最近になりこの言葉が17世紀の英国の詩人・宗教家であるジョン・ダンのソネットにあることを知り、かつその詩を読んでいろいろと驚かされている。

 「死」とは人間にとって避けることの出来ない不条理である。身内のものの死は、耐え難くも悲しい苦痛であり、口惜しくもある。だから「死」には誰も触れたくない。
 所がダンのこの詩はまず出だしから「死よ 驕るなかれ」と死に挑戦し、死は人を殺せないと死を侮蔑し、睡眠は人に多くの楽しみをもたらすのだから死からは更に多くの楽しみが得られるであろうと死をからかい、死による一眠りが済めば人は永遠の目覚めを得てもはや死ぬことはなく、本当に死ぬのは死そのものだと言うのである。

 ダンは一体どんなつもりでこの詩を書いたのだろうか。若い時代に放埒な生活を送り、後にイギリス国教のためにつくして聖職者となり、名説教集を残した彼が、戯れにあるいは真剣に「死よ驕るなかれ」と書いたとは思われない。おそらく、死に対する自分の困惑した感情を、奇抜な着想、機知に富んだ修辞、明快な表現で表したのであろう。「感情」を「奇想」で表した詩人と言うことで彼は後世「形而上詩人」と呼ばれたそうだ。

 19世紀の桂冠詩人「アルフレッド・テニスン」は、友人「アーサー・ハラム」の死を深く悼んで、ハラムの没後16年目になって約2900行の挽歌を「追憶の詩」として出版し、多くのイギリス人に感銘を与えた。

 「追憶の詩」の中で、テニスンは友の死の悲哀を訴え、生の意義を問い、亡き友人の霊魂との交霊を望み、やがて激しい悲哀と絶望が徐々にあきらめに変わり、最後には亡き友人の魂との不断の結合を信じて希望に転じ、ついに生きている永遠の意志への祈りの中に、神と霊の合一を願うに到るのである。

         死に挑戦するのか。死を諦めるのか。
         無神論か。宗教にすがるのか。

 これら2編の詩はその取り上げ方は異なるものの、「死」を正面から取り上げた詩であり、いろいろと深く考えさせられた。
                                        [2005.7記]


                  

                 想い出の詞藻 に移る。
                 想い出の詩 に移る。
                 トップページ に戻る。