地を掘る人たちに

民衆派詩人 -2

百 田 宗 治




           地を掘る君等
           重い大きい鶴嘴(つるはし)を土の中に打ち込む君等
           おお汗する君等
           満身の力を一本の鶴嘴に込めてそれで生命の糧を得る君等
           鶴嘴一本で愛する妻子を養ってゆく君等
           おお君等の足の下に何と土地が掘り下げられてゆくよ
           そこには既に大いなる洞窟がある、君達の鶴嘴の先に眠りを
               さまされてゆく埋もれたる沈黙がある、怖るべき未発見が
               切り展(ひら)かるるべき未来

           君の一枚の襯子(シャツ)は汗にしんでいる
           君の頭髪はべったりと額にたれ下がっている
           君の双腕(もろうで)には血に満ちた力瘤(ちからこぶ)の隆起がある
           君の二本の足はしっかりと地上に下ろされている
           君の目は鋭く、そして不断に無限の愛に燃えている−−−まことに
               君等ほどに友情に生きるものは無い
               君等ほどに愛に飢え、愛に充たされているものは無い

           君の指は太く、掌はひろい、君はあらゆるものに力限りの握手を
               求めることが出来る
           あらゆるものが君の掌の中に真実の感動と歓喜を経験する
           君の胸ははばひろい、君の胸は熱した血と豊かな逞(たくま)しい
               骨肉とで豊穣な土地の如くにふくれている
           君の胸はあらゆるものに開かれている、君の胸はあらゆる健全な
               女性のものを受けることが出来る
           君の力は何者をも貫き通す、何者にも打ち勝つ
           何者をも恐れない

                 −−−中略−−−

           地を掘れ君達!
           地を掘れ君達!
           土地は君達の前に宏大である
           君達の下に無限である
           君達の鶴嘴が君達を光の方に導くだろう
           未来の国の方へ導くだろう
           愉快なる「実現(リアリザッシオン)の方に導くだろう
           地を掘れ君達
           やがて掘りゆく土地の底から君達の太陽を見出すだろう
           真実の光は君達を待っている
           君達の鶴嘴がその暗黒の扉を打毀(うちこわ)しに来る時を待っている
           彼は君達の足音を聴いている
           君達の鶴嘴の響きを聴いている
           君達のシンセリティに満ちた心臓の鼓動を聴いている
           光は君達を待っている
          光は君達を思慕している
                      「詩集:一人と全体」より



 この詩の解説は全く不要である。日常生活を平明な言葉で取り上げ、すべての詩的形式を排しつつ、未来に希望を見出すという、典型的な民衆派の詩である。この詩の作者百田宗治の、労働者に対するヒューマニズム、そして労働者の未来への期待を感じさせる作品である。

 しかし、これは詩であろうか。饒舌と叫声と抽象的観念の羅列は、はたして詩であるのか。詩が言葉の芸術の一つであるとすれば、この作品に芸術性を感じ取ることができるか。この詩に言葉の美しさはあるのか。

 百田宗治は明治26年大阪市に生まれた。小学校を修了後、フランス語の個人教育を受けた以外にはこれという学歴はないとのことである。大正4年に最初の詩集「最初の一人」を発行した後、「詩話会」に属し、詩集「一人と全体」など多くの詩集を発行した。

 後年、百田宗治は民衆詩のスタイルから離れ、昭和2年に発行された詩集「何もない庭」以降では、静寂な俳句的世界を詠うようになった。また昭和7年には児童作文の指導誌「工程」に拠って、波多野完治、滑川道夫らとともに全国の小学校教師と連携して綴方運動を始めた。

 だが、なぜ、宗治は民衆詩風を捨てたのだろうか。
 昭和25年、百田宗治は61歳で没した。
                                     [2005.8記]




           日がかげれば
           何もない庭はさびしい
           日さへ照っていれば
           万朶(ばんだ)の花の咲きにほふ心地がする
                        「何もない庭 : 詩集−何も無い庭」


                    

                   想い出の詩 に移る。
                   想い出の詞藻 に移る。
                   トップページ に戻る。