The Quiet Life

静かな生活

Alexander Pope
アレクサンダー・ポープ



              Happy the man, whose wish and care
              A few paternal acres bound;
               Content to breathe his native air,
                   In his own ground.


             Whose herds with milk, whose fields with bread,
             Whose flock supply him with attire,
             Whose trees in summer yield him shade,
                   In winter fire.


             Blest ! who can unconcern'dly find
             Hours, days, and years slide swift away,
             In health of body, peace of mind,
                   Quiet by day,


             Sound sleep by night; study and ease
             Together mix'd; sweet reaction,
             And innocense, which most does please,
                  With medeitation.


             Thus let me live, unheard, unknown;
             Thus unlamented let me dye;
             Steal from the world, and not a stone
                  Tell where I lie.






             幸せなるかなその人、願いは父親より譲られた
             僅かばかりの畑に限られる、
             自然のままなる空気を吸うこと、
                  自らの敷地の中で。
        

             その家畜からは牛乳を、その畠からはパンを、
             その羊からは服を得る。
             その樹木は夏には蔭となり
                 冬には焔となる。
 

             祝福あれ、煩いなく時が、日が、年が
             過ぎ去り行く人に!
             その身には健康が、心には平和が、
                 日中は事もなく、


            夜は健やかな眠り、学びと安らぎとが
            交じり合う。最も喜ばしいことは
            楽しい憩いと清浄な暮らし、
                 黙想もまた。


            斯く私は生きたい、誰にも聞かれず知られず。
            嘆かれずに死にたいものだ、
            世間からひそかに消えて、横たわる場所を語る
                 墓石もないままに。
                                  [Tad:翻訳]





 一般的に言うと、英詩はくどくどと理屈っぽく、長く、時にはきらびやか過ぎて、和歌・俳句のような淡彩的描写に慣れた、あるいは漢詩のような墨絵風の表現に慣れた日本人にとって、なかなか取り 付きにくい。
 しかし、アレクサンダー・ポープのこの詩は、どこか宮沢賢治風の、あるいは漢詩風の趣が感じられる。晴耕雨読、枯淡の生活とでも言おうか。もし私に漢籍の素養があれば、七言絶句風に翻案したいところである。

 この詩はポープが12歳の時の作品で、17〜8世紀頃に流行した田園詩風の習作であるといわれている。ポープは親から受け継いだくる病と宗教上の理由によって正規の学校教育を受けていなかったが、独学でラテン語やギリシャ語に親しみ、高度な古典的な教養を身につけたという。
 若くして詩才は現れ、16歳の時に書いた詩集 ”Pastral” が出版されたことで、詩人的地位を確立した。その後 ”An Essay on Criticism" や詩集 ”Mesiah” を発表して、彼の地位は不動のものになった。存命中は第一流の詩人としてもてはやされたポープだが、没後は様々な評価を受け、今日でも評価が定まらないという。

 だが、この「静かな生活」の1篇の詩は、私の心に安らぎを与えてくれる。ポープは私にとって忘れることの出来ない詩人の一人である。
                                     [ 2005.9.30記 ]


                   

                  想い出の詩  に移る。
                  想い出の詞藻 に移る。
                  トップページ に戻る。